旅がしたい人生だったinドイツ

サッカー・ブンデスリーガの観戦方法やドイツ中心のおすすめヨーロッパ旅行の紹介ブログほか!

クリスマスに欠かせないドイツの伝統菓子「シュトレン」のカロリーが凄い件

f:id:DE39:20161222215144j:image

 

Hallo!寒いのは嫌いだけど、クリスマスマーケットは大好きなAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

ドイツでクリスマスシーズンに食べる伝統菓子「シュトレン(Stollen)」をスーパーで買ってみたので食べてみました。

スーパーでは9月中旬ぐらいから出回っています。

 

美味しい…けど、カロリーの高さに驚いたお話です( ゚Д゚)

 

 

■初掲載日:2016-12-22 ■更新日:2017-09-16

 

 

クリスマスシーズンに食べる伝統菓子シュトレ(Stollen)

シュトレンとは?

クリスマスシーズンになるとクリスマスマーケットやパン屋などどこでも必ず売っている定番のお菓子「シュトレン」。

 

粉砂糖にコーティングされているため見た目は白いパウンドケーキみたいな感じです。シュトレンには「坑道」という意味があり、坑道に似ているからこの名前が付いたとも言われています。

 

 

ドレスデンのシュトレン祭り

ドイツでもっとも有名なシュトレンはドレスデンのもの。

 

シュトレン発祥の地とも言われていますし人気が高いです。

12月には巨大シュトレンが登場するシュトレン祭りが行われるのですが、これが本当に巨大で一度見に行ってみたい(笑)

 

2017年Stollenfest(ドレスデンのシュトレン祭り)の開催日

日程:12月9日(土)

公式サイト:http://www.dresdnerstollenfest.de/en/

 

 

 

Stollenの読み方:シュトレン

日本ではシュトーレンと呼ぶのが一般的みたいですが、ドイツ語読みだと「シュトレン」と読みますのでシュトーレンと伸ばすのは本当は間違いなんだそうです。

でもなんか伸ばしたくなりますよねw

 

シュトレンについて詳しくはこちらをどうぞ↓↓

ドイツ大使館 ドイツ総領事館 - クリスマス・スイーツ

 

 

シュトレンはスーパーにも売っている

https://www.instagram.com/p/BOUVX0PDPly/

 

クリスマスマーケットとかで売っているシュトレンって結構高いんです。

 

手間も材料費もかかるお菓子だから当たり前だとは思いますが、初めて食べるにはちょっと手が出しづらくて、買ったことなかったんですよね。

だって結構良い値段で美味しくなかったらショック!割とサイズが大きいものが多いし(;'∀')

 

 

しかし、先日スーパーで売っているのを見つけて買ってみることにしてみました。200gで2ユーロしなかったと思います。安すぎてびっくりしたけどね!

 

 

実際に食べてみた感想

f:id:DE39:20161222215100j:image

 

めっちゃ失礼な感想なのですが、個人的にレープクーヘンとかアーヘン(ドイツの世界遺産のある街)のプリンテンとか、香辛料が入っているドイツのお菓子はあまり好きじゃないんですよね…汗。

だから、シュトレンも美味しくなかったらどうしようと思ってました。

 

しかし普通に美味しかった!!

 

こんどはクリスマスマーケットでも買ってみようと思います~。

 

 

ちなみにレープクーヘンもアーヘンのプリンテンもめっちゃ有名なお菓子です。

以前お土産で日本に買って帰りましたが家族にも不評でほとんど自分で食べた覚えがあります。あっ個人的にですから、百聞は一見に如かず。まだの方はぜひ食べてみてくださ~い。

レープクーヘンもスーパーで売っていますね。

 

 

重量

 

ミニサイズなのに持つとかなりずっしりして重いです。それもそのはず、材料には砂糖やバターやドライフルーツ、マジパンなどがたくさん入っていますから。

 

普通は薄切りにしてクリスマスまで少しづつ食べるようですが、これは本日我が家の朝ごはんで消えました(笑)


少しづつ食べる理由のひとつに、日が過ぎるにつれて熟成もされるので味が変わるのを楽しむ、ということもあるそうです。

大きいサイズを買えば少しずつ食べて味が変わるのを楽しめるかな~・

 

 

食感・味

 

切ったら生地がボロボロとしてしまったのですが、食べたらしっとりしてました。

ドライフルーツやマジパンも美味しく、そこまで甘すぎるとは思わなかったです('ω')

 

 

腹持ち

 

私は2切れ食べたら意外とお腹がいっぱいに。

そして朝食で食べたのに、昼を過ぎてもお腹があまり空きません。腹持ち良いぞ!(そりゃ薄切りにして少しづつ食べるものだもんね。)

 

 

保存がきく

 

シュトレンは保存期間が長いことが有名なお菓子ですので、観光で来てお土産に持ち帰ることができます。

専門店では缶とかに入ってきちんと包装されているのもありますよー。


ちなみに私の買ったシュトレンの期限は2月下旬まで大丈夫でした。

 

 

カロリー

 

やっと本題(笑)

 

シュトレンを食べてから、何となく袋の裏を見てみると驚くべき数字がそこにありました|д゚)。。。

 

シュトレンはカロリーが高いので(材料みればそりゃそうだ)、沢山食べたら本気でやばい!というのは知っていましたが、本当にカロリーが高くて驚きました(笑)

 

 

f:id:DE39:20161222215125j:image

 

袋の裏を見ると、402キロカロリーという文字を発見。

 

 

「ま、まぁメロンパン1個と同じぐらい。高いけどこんなもんじゃん。」と思っていましたが、これは100gあたり。

 

このシュトレン、ミニサイズなのになんと200gあるんですよ。

 

???

 

ま、まさか!?

そう、そのまさか。

 

 

つまりこの1袋で800キロカロリー超すっていう!!

 

うわー恐怖過ぎるー!!!

 

これで800キロカロリー強ですよ皆さん!!直径15cmぐらいなのに!!!

 

 

終わりに

 

ドイツのクリスマス限定お菓子シュトレン。美味しいですが、食べ過ぎには本気で気をつけてください。

カロリーが激高いです。

 

そして大きいサイズに抵抗がある方は、スーパーでミニサイズで安いのが売っているので、そこから手を出してみたらいかがでしょう。

 

クリスマスシーズンのドイツ土産にも良いと思いますよ🎄

 

 

そしてクリスマスが過ぎたら、スーパーには売れ残ったシュトレンが並んでいる予感がするので、見つけたらぜひぜひ買ってみてください(笑)

 

 

日本でも買えるみたいですよ♪

 

 

 

 

▼関連記事

 

● 【ベスト20】ヨーロッパのクリスマスマーケット人気ランキング2017|旅行者からの投票で選ばれた1位はどの都市!? 

 

● 【シュツットガルト近郊】エスリンゲンのクリスマスマーケット|中世風も楽しめて、個人的に超おすすめ! 

 

● デュッセルドルフのクリスマスマーケットに行って来ました! 

 

  

 

<PR>

【ルックJTB】ドイツ3大クリスマスマーケットとメルヘンの地を訪ねる7日間

ドイツ3大クリスマスマーケットであるドレスデン・ニュルンベルク・シュツットガルトと、中世の雰囲気をたっぷり感じられるローテンブルクのクリスマスマーケットを堪能。

ノイシュバンシュタイン城観光や、ミュンヘンのクリスマスマーケットも見られる盛りだくさんコース。

 

 

なるべく間違いのない情報提供を心がけておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
そのため当サイトの情報が起因する一切の損害について責任を負えませんので予めご了承ください。
当サイト全ての無断利用および転載を禁止します。
Reproduction Without Permission Forbidden .Thank you.