旅がしたい人生だったinドイツ

サッカー・ブンデスリーガの観戦方法やドイツ中心のおすすめヨーロッパ旅行の紹介ブログほか!

湖に浮かぶ『モーリッツブルク城』は美しい【ドレスデン近郊観光②】

f:id:DE39:20170830181035j:plain

 

Hallo!Ann(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

前回の【ドレスデン近郊】森の中を通るSL列車(レースニッツグルント鉄道)に乗って、モーリッツブルク城へ!の続きで、今回は湖に浮かぶ『モーリッツブルク城』について。(呼称は池なんだけどね。)

 

SL列車以外にもドレスデンからバスで行くこともできます。

 

モーリッツブルク駅からモーリッツブルク城への行き方

モーリッツブルク駅からはお城まで徒歩約20分

f:id:DE39:20170826201932j:plain

 

さて前回の続きから。

SLに乗ってラーデボイル・オスト駅からモーリッツブルク駅へ。

www.tabigashitaijinsei.com

 

 

ここからは徒歩でお城まで向かいます。

モーリッツブルク駅からお城までは徒歩で約20分。約1.4キロメートルの道のりです。

 

 

 【モーリッツブルク駅からモーリッツブルク城への地図 】

 

お城までまっすぐ一本道のシュロスアレー(Schloßallee)に出てしまえば到着までまっすぐなので簡単です♪

 

 

 

お昼がまだならレストラン『Zum Dreispitz』はいかが?

f:id:DE39:20170830180947j:plain

 

モーリッツブルク城へ向かうシュロスアレー(Schloßallee)にはいくつかカフェやレストラン、ケバブのインビスがあります。

 

この旅行は両親と行ったのですが、父が必ずレストランで食事を取りたいタイプの人なので(お金かかるー!)、ちょっと遅めの食事を『Zum Dreispitz』でランチの食事をとることにしました。

 

 

 

f:id:DE39:20170830180916j:plain

 

大変有名な観光名所でないと英語メニューはないことが多いので、ドイツで魚が食べたい人はLachsという文字をメニューで探そう!

 

Lachs=鮭は一番ポピュラーな魚料理のひとつだと思います。

 

 

 

f:id:DE39:20170830180929j:plain

 

一品一品の量が多いので女性陣はパスタは分け合いました(;'∀')

 

基本ドイツの方はシェアすることはないので、お店の方に言わないとお皿をくれないこともあります。(くれる人もいるけど)。

でもそれが普通なので「気がきかないな~。」なんて思わず、お皿下さいとお願いしてくださいまし☺

 

 

 

f:id:DE39:20170830180842j:plain

 

でも人数分頼まないと悪いから、かぼちゃのスープを頼む私(笑)。

しかしこれ美味しかったよー!上に乗っているのは無糖の生クリームです♡うまうま。

 

 

 

f:id:DE39:20170830180900j:plain

 

店内の様子。

落ち着いた雰囲気でgoodでした。

 

あと店員のオジサマがとってもフレンドリー!とっても好印象です(*´з`)

 

 

 

f:id:DE39:20170830181007j:plain

 

テラス席でお茶やビールを飲んでいる人も。

 

適当にここでいいや!と入ったお店ですが、お値段もお手頃価格でサービスも良かったので、モーリッツブルクでお腹が空いた際は『Zum Dreispitz』はおすすめですよ~( ̄▽ ̄)回しものではありませんw

 

『Zum Dreispitz』

営業時間:月曜日~日曜日11:00~24:00

住所:Schloßallee 5, 01468 Moritzburg

電話番号:035 207-822 00

公式ホームページ:http://www.zumdreispitz.de/index.html

 

 

 

 

なんとも優雅なモーリッツブルク城

モーリッツブルク城の歴史

f:id:DE39:20170830181122j:plain

 

お腹がいっぱいになったあとはモーリッツブルク城へ。

レストランからは5分ほどなので楽勝です✌

 

 

 

 

f:id:DE39:20170830180600j:plain

 

モーリッツブルク城の歴史は1542年にザクセン公モーリッツが狩猟用のお城として建てたのが始まり。そのときはまだルネッサンス様式だったそうです。

 

 

 

f:id:DE39:20170830181140j:plain

 

今のバロック様式になったのは1723年から始まったアウグスト強王の命による増改築によるもの。

 

 

 

f:id:DE39:20170830181055j:plain

 

お城の周りに池を造り、お部屋は200以上、豪華なインテリアと大変見事なものに。しかし、池っているレベルじゃないよね~(;'∀')

 

 

 

何より美しいのは湖上に浮かぶそのさま

f:id:DE39:20170830180631j:plain

 

もー何枚撮影したんだろ…と思うぐらい、たくさん写真を撮りましたw

 

 

 

 

f:id:DE39:20170830180720j:plain

 

逆さ富士ならぬ『逆さ城』。

 

はぁーため息が出るような優雅さですね。

周りも静かでずっと眺めていられます。 

 

 

 

 

 

f:id:DE39:20170830180741j:plain

 

たくさん写真を撮って堪能した私ですが、このあと悲劇は起こる。

 

 

モーリッツブルク城は現在博物館になっているのですが、お母さまが『お城の中は興味がないし疲れたから帰りたい』とのこと。

 

 

まさかのー!!!

確かにこの日は朝早くから移動をしていて、お疲れ気味だったため観光はここで終了。

 

優雅なお城の風景を目に焼き付けて、バスでドレスデンに帰るのでした( ;∀;)

 

 

自分のいつもの旅行のペースと、親を連れての旅行のペースを一緒にしてはいけない。反省。(でも多分興味がないっていうのが一番大きいと思うw私と正反対の母。)

 

 

 

あっあと、冬季は常設展示(羽の部屋含む)は見られず冬用の展覧会の開催になるようです。ご注意を~。

 

 

 

モーリッツブルク城の基本情報

営業日・時間・定休日

常設展示

●日程:2017年3月18日~11月5日まで

●営業時間:10:00~18:00(3月は~17:00)※最終入場は1時間前

●定休日:3月のみ月曜日

 

冬季展示

●日程:2017年11月18日~2018年2月25日

●営業時間:10:00~17:00※最終入場は1時間前

●定休日:月曜日(12月25日、1月1日のぞく)、12月24日、31日

 

料金

常設展示

8€

※当日誕生日の人は無料で入場できるみたいです。尋ねてみてはいかがでしょう♪

※冬季用展示の入場料は記載がなく分かりませんでした💦

 

コンボチケット(常設展示+キジ城Fasanenschlösschen)

11€

※キジ城はモーリッツブルク城の東側に30分くらい歩くとあります 

 

 

注意

常設展示は撮影不可。冬季展示はOKのようです。

 

 

 

お城の公式ホームページ:https://www.schloss-moritzburg.de/de/startseite/

 

 

 

ドレスデン中央駅からモーリッツブルク城への行き方

①SL列車(レースニッツグルント鉄道)で行く

www.tabigashitaijinsei.com

 

ドレスデン中央駅→ドイツ鉄道(Sバーン)でラーデボイル・オスト駅(4.1€)→SLでモーリッツブルク駅(7€)→徒歩でモーリッツブルク城へ

 

普通に切符を購入した場合、片道合計:11.1€

最短の所有時間:約1時間15分

 

 

②バスで行く

ドレスデン中央駅→ドイツ鉄道(RE)でドレスデン・ノイシュタット駅(Dresden-Neustadt)へ→バス326でモーリッツブルク城へ

 

普通に切符を購入した場合、片道合計:4.1€

最短の所有時間:約35分 ※帰りはもうちょいかかります。

 

 

SLには利用できませんが、鉄道やバスなら今回の移動範囲は2Tarifzonenなので一日券(Tageskarte)8,50€を買っても良いかもしれませんね。ドレスデン市内でも使えるし。

 

 

終わりに

f:id:DE39:20170830204005j:plain

撮った写真でベストなやつ

 

残念ながらお城の中には入れませんでしたが、SLに乗って湖上に浮かぶ優雅なお城を見られただけで、満足な一日でした☺

 

美味しいお昼ごはんも食べられたしね!

 

ドレスデンを訪れたのならぜひ行ってみてください~。

それでは(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

<PR>

海外パケット定額
>>>1日300円から

 

 

 

なるべく間違いのない情報提供を心がけておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
そのため当サイトの情報が起因する一切の損害について責任を負えませんので予めご了承ください。
当サイト全ての無断利用および転載を禁止します。
Reproduction Without Permission Forbidden .Thank you.