クリスマスに欠かせないドイツの伝統菓子「シュトレン」のカロリーが凄い件

f:id:DE39:20161222215144j:image

Hallo!寒いのは嫌いだけど、クリスマスマーケットは大好きなAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

ドイツでクリスマスシーズンに食べる伝統菓子「シュトレン(Stollen)」をスーパーで買ってみたので食べてみました。

 

スーパーでは9月中旬ぐらいから出回っています。

美味しい…けど、カロリーの高さに驚いたお話です( ゚Д゚)

 

クリスマスシーズンに食べる伝統菓子シュトレ(Stollen)

シュトレンとは?

クリスマスシーズンになるとクリスマスマーケットやパン屋などどこでも必ず売っている定番のお菓子「シュトレン」。

粉砂糖にコーティングされているため見た目は白いパウンドケーキみたいな感じです。

シュトレンには「坑道」という意味があり、坑道に似ているからこの名前が付いたとも言われています。

 

ドレスデンのシュトレン祭り

ドイツでもっとも有名なシュトレンは東部ドイツ『ドレスデン』のもの。

シュトレン発祥の地とも言われていますし、人気が高いです。

 

ドレスデンといえばドイツ最古にしてドイツ三大クリスマスマーケットのひとつとして有名ですよね。

そんなドレスデンのクリスマスマーケット開催中の12月第2土曜日には例年巨大シュトレンが登場する『シュトレン祭り』(Stollenfestfest)が行われます。

毎年数十万人の観光客が訪れる人気のイベントです。

 

Ann

パレードでお披露目されるシュトレンはマジで巨大。

 

2018年シュトレン祭りの開催日

 

\シュトレン祭りについても書いてます/

 

 

Stollenの読み方:シュトレン

日本ではシュトーレンと呼ぶのが一般的みたいですが、ドイツ語読みだと『シュトレン』と読みます。

でもなんか伸ばしたくなるのは分かる…でもシュトレンが正しい発音なので知ってもらえると嬉しい(?)。

 

 

シュトレンはスーパーにも売っている

https://www.instagram.com/p/BOUVX0PDPly/

クリスマスマーケットで売っているシュトレンって結構高いんです。

手間も材料費もかかるお菓子だから当たり前だとは思いますが、初めて食べるにはちょっと手が出しづらくて、買ったことなかったんですよね。

 

Ann

だって結構良い値段で美味しくなかったらショック!割とサイズが大きいものが多いし。

 

しかし、先日スーパーで売っているのを見つけて買ってみることにしてみました。200gで2€(約260円)しなかったと思います。

安すぎてびっくりしましたが(笑)。

 

実際に食べてみた感想

f:id:DE39:20161222215100j:image

めっちゃ失礼な感想なのですが、個人的にレープクーヘンやプリンテン(こちらもクリスマスシーズンに食べる)のように香辛料が入っているドイツのお菓子はあまり得意じゃなかったんですよね。

 

だから、シュトレンも美味しくなかったらどうしようと思ってました。

しかし普通にシュトレンは美味しかった!!

 

こんどはクリスマスマーケットでも買ってみようと思います~。

 

補足①
その後ドレスデンのクリスマスマーケットに行った際に、ドイツで一番美味しいとうわさされるので買ってみました。
やっぱりスーパーよりさらに美味しかったです!
小さいサイズも販売しており、値段も手ごろでしたのでマーケットで買うのが味的には一番おすすめかも。

 

補足②
ちなみにレープクーヘンもアーヘンのプリンテンも大変有名なドイツのお菓子です。
以前お土産で日本に買って帰りましたが、家族に不評でほとんど自分で食べた覚えがあります(笑)。
でもね、美味しい店のは美味しいの!(アーヘンのチョコプリンテンは好き)。
スーパーにも売っていますし、いろいろ食べ比べしてみてください 😉

 

 

重量

ミニサイズなのに持つとかなりずっしりして重いです。

それもそのはず、材料には砂糖やバターやドライフルーツ、マジパンなどがたくさん入っていますから。

 

ドイツでの伝統的な食べ方は、薄切りにしてクリスマスまで少しづつ食べるのが一般的。

しかしこれは我が家の朝ごはんで消えました(笑)←小さいサイズのだから

 

少しづつ食べる理由のひとつに、日が過ぎるにつれて熟成もされるので味が変わるのを楽しむ、ということもあるそうです。

 

Ann

大きいサイズを買えば少しずつ食べて味が変わるのを楽しめるかな~。

 

食感・味

切ったら生地がボロボロとしてしまったのですが、食べたらしっとりしてました。

ドライフルーツやマジパンも美味しく、そこまで甘すぎるとは思わなかったです 💡

 

腹持ちが良い

私は2切れ食べたら意外とお腹がいっぱいに。

そして朝食で食べたのに、昼を過ぎてもお腹があまり空きません。

 

Ann

腹持ち良いぞ!

(そりゃ薄切りにして少しづつ食べるものだもんね。)

 

保存がきく

シュトレンは保存期間が長いことが有名なお菓子ですので、観光で来てお土産に持ち帰ることができます。

専門店では缶とかに入ってきちんと包装されているのもありますよ 💡

 

ちなみに私の買ったスーパーのシュトレンの期限は2月下旬まで大丈夫でした。

 

カロリー

やっと本題(笑)

 

シュトレンを食べてから、何となく袋の裏を見てみると驚くべき数字がそこにありました|д゚)。。。

 

シュトレンはカロリーが高いので(材料みればそりゃそうだ)、沢山食べたら本気でやばい!というのは知っていましたが、本当にカロリーが高くて驚きました(笑)

 

 

f:id:DE39:20161222215125j:image

袋の裏を見ると、402キロカロリーという文字を発見。

「ま、まぁメロンパン1個と同じぐらい。高いけどこんなもんじゃん。」と思っていましたが、これは100gあたり。

 

このシュトレン、ミニサイズなのになんと200gあるんですよ。

 

Ann

???
ま、まさか!?

 

そう、そのまさか。

 

つまりこの1袋で800キロカロリー超すっていう!!

 

 

うわー恐怖過ぎるー!!!

これで800キロカロリー強ですよ皆さん!!直径15cmぐらいなのに!!!

 

終わりに

ドイツのクリスマス限定お菓子シュトレン。

 

美味しいですが、食べ過ぎには本気で気をつけてください(笑)

カロリーが激高いです 😆 

 

そして大きいサイズに抵抗がある方はスーパーでミニサイズで安いのが売っているので、そこから手を出してみたらいかがでしょう。

クリスマスシーズンのドイツ土産にも良いと思いますよ🎄

 

そしてクリスマスが過ぎたら、スーパーには売れ残ったシュトレンが並んでいる予感がするので、見つけたらぜひぜひ買ってみてください(笑)

 

 

また、日本でも意外と通販で購入できるお店があるみたいですね♪

中でも人気のオーセントホテル小樽のシュトレン。マジパンはドイツから輸入しているそうですΣ(・□・;)

楽天のサイトに作業過程が乗っていたんですが、手間暇が凄いかかってる…!

上質な材料を使っているし、めっちゃ美味しそうだったー( ;∀;)

 

 

そしてドレスデンから直輸入のシュトレンもありました!

厳正な審査をクリアして『ドレスドナー・シュトレン』と名乗ることを許された証=紋章シールが付いています。(内容は販売サイトで確認してくださいね)。

 

とまぁ、以上シュトレンのご紹介でした。

皆さんも一度は食べてみてくださいね♪

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

■初掲載日:2016-12-22