【本場ドイツの味】ハイネマンのバームクーヘンはしっとりで美味しいぞ!

f:id:DE39:20171229135414j:image

 

Hallo!パサパサするバームクーヘンは好きじゃないAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

さてさて今回は日本でも人気のお菓子バームクーヘンのお話。

このバームクーヘンですが、、実はドイツのお菓子なんですよー!って知っている人は多いですよね。

 

見た目や食べ方は少し日本とは異なりますが、本場ドイツのバームクーヘンの味はいかがなものでしょうか。

ということで、ドイツ西部の街デュッセルドルフの名店『ハイネマン』(Konditorei Heinemann)のバームクーヘンを食べてみました!

 

日持ちするのでお土産にもぴったりですよ♬

 

ハイネマンのバームクーヘン

f:id:DE39:20171229135446j:image

デュッセルドルフ名店ハイネマン。

私の大好きなこのお店の看板商品といえば『シャンパントリュフ』がまず第一に浮かんできますが、バームクーヘンも大変人気があります。

 

 

日本へのお土産に「これが本場のバームクーヘンだ!!」って持ち帰るのなら、ミニサイズよりノーマルかハーフサイズがイメージがつきやすくて良いですよね。

 

  • ノーマル(4段/上記写真の上)
  • ハーフ(2段/上記写真の下)
  • 一口用ミニ(切り落とし12個入り/下記写真)

f:id:DE39:20180112203958p:plain
これはミニサイズ

日本へのお土産で「これが本場のバームクーヘンだ!!」って持ち帰るのなら、ミニサイズよりノーマルかハーフサイズがイメージがつきやすくて良いですよね。

 

でもノーマルサイズはちょっと大きくて荷物になる?って感じなら、ハーフサイズかミニサイズ。

また、食べるときにバームクーヘンを削るのが面倒な人は、簡単に食べられる写真のようなミニサイズはオススメです 💡 

 

値段

  • ノーマル → 27€ 前後
  • ハーフ → 16€ 前後 
  • 一口用ミニ →  8€ 前後
    ※ハイネマンはキロ売りなので、重さによって料金が異なります。金額は目安です。

ノーマルサイズはそこそこ良いお値段なので、ちょっと試しに~という方は切り落としの一口用ミニサイズなどが良いですよ 😉

 

賞味期限

日本に持ち帰るなら賞味期限のチェックは大事ですよね!!

お土産としてお渡しするのに、渡す前に賞味期限切れになってしまっては意味がありません。

 

私が来店時に見たバームクーヘンの賞味期限は、どの商品もだいたい『3週間』はありました。

 

現地購入の場合から3週間ほどが賞味期限。

このぐらいあればお土産として購入するのは問題ないのではないでしょうか 🙄

 

自分用におすすめ

訳あり一口用ミニサイズ

f:id:DE39:20171229135524j:image

『Bruch』(破損・破壊などの意)とシールが貼ってあるこちらは、一口用ミニサイズの訳あり商品。

 

訳ありだなんて書きましたが見た目はまったくそう思わない、キレイな仕上がりです。

こちら方が包装などが簡単ですが、少しお安く販売されているので自分用に買う場合はこれで十分だと思います。

 

つまり私は自分にこれを購入。

お値段は重さによって異なりますが、私が購入したのは6€ちょとでした。

 

見た目

f:id:DE39:20171229135346j:image

私が購入したのにはほぼミルクチョコレートのコーティングのもの。ビターチョコレートが2つばかし混ざっていました。

Ann

見た目は本当に綺麗で、どの辺が訳ありか分からない。みんな自分用はこれでいいぞ!

 

実食!

f:id:DE39:20171229135326j:image

さて実際に本場ドイツのバームクーヘンを実食。

 

勝手なイメージで志賀が重くてパサパサしてるのではないか?と思ってましたが、食べてみるとまったくそんな事はなく、とてもしっとりした食感!!

 

程よい甘さの生地とコーティングされたチョコレートがマッチングして…美味しい!!

 

さすがショコラティエでもあるハイネマン。

チョコレートも当たり前のように美味しいので、『2度美味しい』を味わえます。

 

Ann

うーん、紅茶と合う合う。

 

ハイネマンのバームクーヘンを日本からお取り寄せしたい場合

食べたいけどドイツに行く予定ない……

という方は、ハイネマンは海外配送可能な通信販売もやっています。

言語はドイツ語か英語のみ。日本までの送料は3kgまで30€別途かかります。

 

詳しくは公式サイトを確認してください。

Konditorei Heinemann – Delivery Terms

終わりに

以上、本場ドイツのバームクーヘン(しかも名店ハイネマンで)をで食べた感想…でした!

 

シャンパントリュフといい、バームクーヘンといい、その他諸々よだれが出そうなものばかりハイネマンにはあるので、来店するときはお財布のひものゆるさが要注意になりますね~。

行くときは気をつけてください(笑)。

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

 

 ▼ハイネマンはカフェもおすすめ▼

 

 

▼日本に初めてバームクーヘンを伝えたユーハイムのバームクーヘン▼