JAN?JUN?JUL?って何月?パスポート有効期限の英語の月表記、すぐ言える?

f:id:DE39:20170225204613p:plain

旅行会社でよく聞かれた質問第3弾!

今回はパスポートの英語表記についてです。

パスポートが手元にある人は『自分の有効期限の年月日』をさっと答えられますか?

パスポートの月名は英語の省略表記

f:id:DE39:20170126190841p:plain

 

パスポートを持っている方はご存知だと思いますが、パスポートに記載されている誕生月や発行月、有効期限の月名は『英語の省略表記』になっています。

 

 

 

 

例えば有効期限(パスポート表記は有効期間満了日/Date of expiry)だと『26 JUN 2016』といった感じです(年月日は全て日/月/年の並びです)。

 

旅行会社で働いていたとき、お客様にパスポートの有効期限などを確認する機会もありました。

そうすると

Mr.ソーセージ

これ◎月だっけ?

Mr.ソーセージ

◎月で合っているよね?

と聞かれることが結構あったんですよね。

そのままアルファベットで読まれることもあります。上記の例だと「2018年ジェーユーエヌ26日」みたいな感じです。

 

自分の誕生日だったら英語表記でも分かりますが、発行日または有効期限の月名になると意外と言えなかったり、自信がなかったりするんですよね(;’∀’)

Mr.ソーセージ

英語が苦手だって言ったって、1月~12月まで英語で全部言えるわ!馬鹿にするな!

と思われるかと思いますが、意外と省略表記だと自信をもって言えない月ってありません?

合っていると思うけど、一応ネットで「JUN 何月」って検索したという経験がある人いるはずです。

 

「いや絶対合っている!でも心配だからちょっと調べよう…」

…っていう人絶対いるでしょう??ww

私も恥かしながら、旅行会社勤務前はしたことありますもん(笑)

なのでこの機会に今一度確認しておくと、いきなり聞かれたときやインターネットで航空券の予約などをするときにさっと思い浮かぶので便利ですよー♪♪

 

▼訪れる国に必要なパスポートの有効残存期間が足りないと搭乗拒否されます▼

パスポートトラブルで多いひとつに『残存期間』があります。

旅行中に有効でもダメな場合がほとんどで、国によって必要な日数は異なります。中には出国から6ヶ月以上必要な国もありますよ!

下記記事はドイツメインですが、他の国でも言えることなのでぜひ見てください。海外旅行に行くと決めたらまず渡航国の入国条件をチェック 💡 

 

1月~6月まで

1月/JAN

January=ジャニュアリー

意外と6、7月と迷う

 

2月/FEB

February=フェブラリー

これはあまり間違える人いない

 

3月/MAR

March=マーチ

意外と5月と間違える人が多かった

 

4月/APR

April=エイプリル

これは間違えないね

 

5月/MAY

May=メイ

そのまんまですが3月と間違いやすい

 

6月/JUN

June=ジューン

意外と7月と迷う人が多い

 

7月~12月

7月/JUL

July=ジュライ

7月が分からない人が一番多い印象

 

8月/AUG

August=オーガスト

あまり間違えない

 

9月/SEP

September=セプテンバー

これもあまり間違えない

 

10月/OCT

October=オクトーバー

ここまでは大丈夫

 

11月/NOV

November=ノーベンバー

12月と迷う人が多い

 

12月/DEC

December=ディセンバー

11月と迷う人が多い

 

まとめ

「こんな簡単なこと今さら…??」という人もいるかもしれませんが、本当に「あれなんだっけ?」ってなることが多いと思います。

そしてパスポート表記とは関係ないですが、意外と1月~12月を全部書け!と言われても難しいかもしれませんが、省略表記なら簡単。

覚えておいて損はないですよー!

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

▼空港で荷物を広げるのは危ないし恥ずかしい▼

「預ける荷物の無料の重量をオーバーしてたらどうしよう…。」
これがあればスーツケースなどの重量を事前に確認できますよ 💡

 

▼海外旅行で気を付けたいこちらの記事もチェック▼

 

<PR>