【ANA臨時便】フランクフルト発関空・名古屋(中部)3月運航へ

Hallo!元旅行会社員のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

通常就航していない全日空(ANA)のドイツ⇔関西国際空港(大阪)・中部国際空港(名古屋)ですが、3月の帰国シーズンにドイツ発のみ臨時便が運航することになりました。

日本の水際対策海外からの帰国と空港検疫(公共交通機関の不使用14日間の自宅待機など)

新型コロナウイルスの影響により、現在日本の国際線の多くは東京(羽田・成田空港)に集中しています。

さらに入国時の検疫は強化されているため、入国後14日間の自宅待機(隔離)の場所までの移動は公共交通機関は利用できません。

この公共交通機関には飛行機も含まれるため、日本に帰国当日に国際線から国内線への乗り継ぎはできません。

2月1日現在、各航空会社の運休路線があるためドイツからはフランクフルト発羽田行き(ANA)・(ルフトハンザドイツ航空)、成田行(JAL)の東京路線しか運航していません(運航曜日や時刻表など詳しくはこちら)。

そのため羽田・成田空港に到着後、実家や宿泊施設などの待機(隔離)場所まではレンタカーやハイヤー、家族の迎えによる自家用車などで移動しなくてはいけません。

コロナの感染拡大防止のルールなので仕方がないですが、これはとても大変なことですよね。

そんな中、3月の帰国シーズンにドイツから関空・中部行きのANAの臨時便が運航することになりました!

日本帰国時の流れについて

【コロナ禍の日本帰国】空港検疫の流れ|要陰性証明・検査・隔離など

2021年3月|ANAフランクフルト発関西(NH1926)・名古屋(NH1916)行き直行便の臨時便を運航へ

関西国際空港(関空=大阪)行き
  • 【運航路線】NH1926便/フランクフルト18:00⇒関西13:15(+1日)
  • 【運航日】2021年3月12日(金)・19日(金)
中部国際空港(名古屋)行き
  • 【運航路線】NH1916便/フランクフルト18:00⇒名古屋(中部)13:30(+1日)
  • 【運航日】2021年3月14日(日)・21日(日)
※ドイツから日本へ移動する際、到着はドイツ出発日の翌日=+1日になるので、到着時間の横に【(+1日)】と記載しています。

両便どちらも2日間のみの運航で、フランクフルト出発は18:00発です。

残念ながら関空・中部発フランクフルト行きの復路の直行便設定はありませんが、往路をこの臨時便にして復路を東京(羽田・成田)乗り継ぎでフランクフルトという航空券は購入できるので、一時帰国にも利用できます。

※個人的にはコロナ禍での他国乗り継ぎのドイツ入国はおすすめしません。

MEMO
入国後14日間の待機(隔離)が終われば公共交通機関は利用できます。

終わりに

以上、『3月のANAドイツ(フランクフルト空港)⇒大阪/関西国際空港、名古屋/中部国際空港の臨時便運航のお知らせ』でした!

3月に帰国予定があり、両空港からのアクセスが都合が良い方には朗報ですね。

既に両便とも販売は開始しているのでご注意ください。

それでは(=゚ω゚)ノ

航空券を検索する

関連記事

【ANAドイツ直行便】成田=デュッセルドルフ運休|2021年サマーダイヤ 日本ドイツ直行便の運航状況|コロナによるJAL・ANA・ルフトハンザのフライト変更情報まとめ 【ドイツ】ルフトハンザグループ医療マスク着用義務|2021年2月から