【ドイツ】日本に対する入国制限を解除|2021年6月6日から

Hallo!ドイツ在住のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

ドイツは第三国(EUやシェンゲン協定加盟国以外)に対する入国制限を強化中ですが、日本は2021年6月6日からその入国制限を解除されました。

EU(欧州連合)|入国制限緩和リスト国に日本を追加

EU:入国制限解除国リスト
6月4日発表
  • オーストラリア
  • イスラエル
  • 日本
  • ニュージーランド
  • ルワンダ
  • シンガポール
  • 韓国
  • タイ
  • 中国(香港・マカオふくむ)※
    ※両国が互いの入国制限を解除した場合

2021年1月28日、EU(欧州連合)は昨年7月から対象だった第三国の入国制限緩和リスト国から日本を除外しましたが、同年6月4日に再び日本を第三国の入国制限緩和リスト国へ追加することを発表しました。

これはEU加盟国への勧告になるので法的拘束力はありません。入国制限措置の判断は各加盟国になります。

ドイツ|日本に対する入国制限を解除

ドイツ:入国制限解除国リスト
6月4日更新の最新リスト
  • オーストラリア
  • イスラエル
  • 日本(2021年6月6日00時から)
  • ニュージーランド
  • シンガポール
  • 韓国
  • タイ
  • 中国(香港・マカオふくむ)※
    ※両国が互いの入国制限を解除した場合

【参考】ドイツ連邦内務省(BMI)/ドイツ語

2021年2月2日00時からはドイツは再び日本に対する入国制限が課していましたが、EUの勧告を受け入れ同年6月6日から日本に対する入国制限を解除を発表しました。

つまり極端にいうと、観光などの短期滞在者も入国ができるようになりました。

ただ、リストの見直しは逐一行われます。日本の新型コロナウイルスの感染状況によっては再び入国制限が課せられる可能性もありますのでご注意ください。

また、現在ドイツに入国するためには新型コロナウイルスの陰性証明書が必要です(6歳未満は免除)。

補足

ワクチン接種証明書または回復証明書の保持者は陰性証明書の提示免除可(※変異株蔓延国・地域からの入国者は必ず陰性証明書が必要です)。

日本語でのについては在独日本国大使館のホームページが詳しく記載しています。

終わりに

以上、取り急ぎドイツの日本に対する入国制限解除のご報告でした。

また6月4日現在、日本はRKIのリスク地域に指定されていないので検疫措置(事前のデジタル入国登録や隔離義務)の対象ではありません。

日本に帰国の検疫問題(陰性証明書や隔離など)や緩和しつつありますがドイツ国内の規制がまだあるので日本からの観光はまだ難しいですが、入国制限の緩和は大変嬉しいことですね。

【コロナ禍の日本帰国】空港検疫の流れ|検査・隔離・要陰性証明など

早く安心して海外旅行ができる世がくるのを心待ちにしています。

それでは(=゚ω゚)ノ

日本⇔ドイツの直行便について

【ANAドイツ直行便】成田=デュッセルドルフ運休|2021年サマーダイヤ 【ドイツ】ルフトハンザグループ医療マスク着用義務|2021年2月から 日本ドイツ直行便の運航状況|コロナによるJAL・ANA・ルフトハンザのフライト変更情報まとめ

日本の入国制限や検疫について

【新型コロナ】日本の外国人に対する入国制限|水際対策はいつまで? 【コロナ禍の日本帰国】空港検疫の流れ|検査・隔離・要陰性証明など