ドイツのクレジットカード事情|旅行中カードは使える?使えない?

 

Hallo!住む前にドイツ観光に来た回数10回のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

ドイツ旅行の際に気になる最重要事項がお金。

この記事ではドイツのクレジットカード事情について書きたいと思います 🙂

 

旅行会社勤務時代もヨーロッパに行かれるお客様によく質問されたのが、《どのブランドのクレジットカードを持っていけばいいか》ということ。(ドイツ旅行のお問い合わせは少なかったけど 😥 )

 

今回はそれに加えて、

「ドイツではクレジットカードはちゃんと使えるのか?」

 

という疑問についても書いていきたいと思います。

旅行前の不安を解決できれば幸いです 💡

 

現金主義の国ドイツ

ドイツはヨーロッパでもっとも現金を持ち歩いている国

2018年2月14日ドイツ連邦銀行(ドイツの中央銀行)が発表した調査では、ドイツ人の現金使用率は全体の約48%の割合を占めます(2014年は約53%)。

 

過半数を割れるもいまだ高い割合であり、現金払いを好むドイツ。

そんなドイツ人のお財布にはなんと平均107€(約13,921円)の現金が入っているそうです。(そのうち6€は硬貨)。

 

Ann

そんなにいつも持ってないわ!

 

 

現金?デビットカード?支払い方法の動向

5€(約651円)までの少額の支払いの場合、支払い方法に現金を選ぶ割合はなんと96%!

5€~20€(約2,602円)までの場合は88%、20~50€(約6,508円)まででも60%の人が現金で支払っています。

つまり、少額支払いのほとんどは現金ということです。

 

さすがに50€~100€(約13,015円)の買い物にになると現金よりデビットカードの使用が増えますが、それでもデビットカードで45%、現金は39%と以前高い割合です。

さらに驚いたことに500€以上(約65,062円)の買い物にも現金は25%使用されています。

 

キャッシュレス化が他国より遅いと言われている日本でも、この現金使用率はちょっとないのでは… 😯

(日本の統計を見たことがないので分からないですが、私は1,000円以上だとクレジットカードの使用傾向が高かったです。)

 

ドイツは本当に現金主義であることが分かりますね 💡

 

参考:Deutsche Bundesbank

 

デビットカード?クレジットカードではなくて?

カードの普及の割合

日本🗾 【デビットカード クレジットカード

ドイツ🍺 【デビットカード クレジットカード】

日本ではデビットカードよりクレジットカードの方が普及されていると思いますが、ドイツは逆でデビットカードの方が普及しています。

それは、基本的にドイツで口座を作ると銀行のカードにデビットカード機能《girocard(giroカード)=EC-Karte(ECカード)、maestro、V Payなど》が備わっているので、先ほどの調査結果でもデビットカードの割合が多いんですね。

 

クレジットカードの使用率はドイツでは大変少なく、一番多い500€以上の買い物でもたった9%と10%にも満ちません。

 

デビットカードとは?
クレジットカードの後払いと違い、使用後すぐに銀行口座から引き落としされる決済方法。

 

 

そしてドイツでは使えるカードが『デビットカードのみ』というお店や電車の券売機もあるので、日本からの旅行者には不便です💦

Ann

私も旅行でドイツに来た時に、現金を使いたくなくてクレジットカードで切符を買いたかったのに、デビットカードしか使えない券売機でイラー!ってなったことあります 😡

 

▼ドイツ旅行なら毎回切符を買う必要がない乗り放題パスがおすすめ▼

 

ドイツでクレジットカードは使える?使えない?

A. ある程度は使えるけど使えないところも結構ある

はい、ちょっと前置きが長かったんですが、やっと本題。

 

ドイツでもまぁまぁクレジットカードは使えますが、

Ann

思っているよりは使えない。

と考えておいた方が良いです。

でも昔よりだいぶ使えるお店が増えたと思います。

 

Ann

私が初めて来たときは、スーパーもデビットカードのみのところが多かった。

 

使える場所一例

  • 大手スーパーチェーン(ReweやEDEKA、RIDLなど)
  • 大手ドラッグストア(dm、ROSSMANNなど)
  • ドイツ鉄道(一部使えない券売機もあり)
  • デパート
  • アパレル系ショップ

 

大手のチェーン店はたいてい使えます。

ショッピングするときは困ったことはあまりないですね。

 

 

気を付けたいのがレストランなど飲食店。

使えないことが多い場所一例

  • インビス
  • KIOSK
  • 個人商店
  • カフェ
  • レストラン

 

インビス(軽食スタンド)やカフェは基本的に現金のみです。

また、レストランでもカードが使えないお店は結構あります。(もちろん使えるレストランも普通にありますよー!)

たまにお店でカードで払おうとしたものの、現金のみだったということが分かり、ATMへお金をおろしに行く人とか見ますからね 😥

 

私も旅行でドイツに来ていた時に、現金が少ないからクレジットカードで払えるお店を探したことがあります。特にディナーなどは使う金額が大きいですからね💦

そしてその時なかなか見つけられなくて、どうしよう~っていう感じでした(笑)。最終的には見つかったけどね。

 

注意
一例はあくまで一例です。必ず全店使えるという保証ではございません。

 

お店でクレジットカードが使えるかの見分け方


マスターカード、ビザカード、アメリカンエキスプレスカードの利用OK

 


giroカード、V-PAY、マエストロの利用OK

 

お店に入る前に入り口や外観に注目!

利用できるカードがあると、カードブランドのマークのシールが貼ってあったりします。

または「現金のみだよ~。」って書いてあったりもするので、カードを使いたいと思っている人はよく見てからお店に入ると良いですよ 💡

 

 


(ダイナースも使えるなんてすごいなROSSMANN)

スーパーやドラックストアなどショッピング系のお店だと、レジに貼ってあることもあります。

 

もちろん何も貼っていなかったり書いてないお店もあるので、心配だったらお店に入るときに聞いてください。

Ann

Kann ich mit Kreditkarte bezahlen?(クレジットカードは使えますか?)

 

注意
ドイツで『カードは使えますか?』と聞くとデビットカードのことだと思う人もいるので、ちゃんと『Kreditkarteクレジットカードは使えますか?』と聞くのがおすすめです。

 

ドイツで使えるカードブランド

おすすめはこの2つ

  • VISAカード(ビザカード)
  • Masterカード(マスターカード)

もうドイツはもとい、ヨーロッパ旅行にくるなら必ず持ってくるなた絶対この2つ!

『VISAカード』(ビザカード)か『Masterカード』(マスターカード)です。

クレジットカードが使えるお店なら、ほぼこの2のブランドが利用可能です。

というかこの2つのブランドしかOKじゃないところの方が多いですね。

 

あまり使えない非おすすめのカードブランドたち

  • アメリカンエキスプレス
  • JCB
  • ダイナース

日本では使えることが多いアメリカンエキスプレス、JCB、ダイナース。

この3つはドイツやヨーロッパであまり使えません。

 

たまーにアメリカンエキスプレスやJCBも使えるところがありますが、ダイナースはほぼ見ないですね。

 

ドイツやヨーロッパに来るときはこれらのカードブランドを1枚しか持っていない、ということがないように注意してくださいね!

 

ドイツでクレジットカードの使うときの注意点

暗証番号(PIN)を確認しておく

  • 暗証番号(PIN)入力→
  • 署名(サイン)→

日本だとクレジットカードを使うときに『暗唱番号』(PIN)か『署名(サイン)』を使っての決済方法がまだあると思いますが、ドイツもといヨーロッパでは『暗唱番号』(PIN)入力が主流です。

 

ソーセージーズ

暗唱番号が分からなくてクレジットカードが使えない!

旅行会社勤務時代には、上記のトラブルを起こすお客様も意外といらっしゃるという話を聞いていましたので、

 

Ann

海外旅行に行く前は必ず『暗唱番号』(PIN)を確認してください。

という注意喚起をしていました。

意外と暗唱番号を忘れてしまっている方いるんですよ 😐

 

注意
海外旅行に行く際は必ずクレジットカードやデビットカードの暗唱番号を確認しておこう!

 

クレジットカードの上限を確認しておく

クレジットカードの上限については意外と知らない人が多いです。

これまた旅行会社勤務時代ですが、旅行代金の支払いでカードが切れない方のほとんどは、『上限に達してしまっている』のが理由でした。

それを案内すると「そんなことはない」という方も多いですが、ご自身でカード会社に確認してもらうとやはりそうだったというのがほとんどです。

 

また、クレジットカードの上限がいくらなのか、とか、現在の利用可能額に余裕があるかを把握できてないと、海外旅行中に使おうとしたクレジットカードが上限に達して使えない、ということになりかねません。

 

特に、旅行の前に大きい金額をクレジットカードで支払った場合は注意です。

カードの締め日を過ぎても、引き落とし(支払日)が終わっていなければ基本、上限がクリアになりません。

Ann

ホテルの宿泊費が現地払いなのに、クレジットカードが使えず思わぬ現金の出費になった…。

となることも。

 

注意
旅行前は利用予定のクレジットカードの利用可能額を確認しておく、または旅行中に利用予定のないカードで支払うなど対応しておいた方が◎

 

大金は必要はないけれど、あるていど現金はあった方が良い

以上、ドイツのクレジットカード事情および注意点などでした。

 

海外旅行をよくする方は、クレジットカードがなぜか使えず違うカードで支払ったという経験もあるはず。

 

上限なのか、お店の機械の調子が悪いのかそのときは分かりませんが、ドイツやヨーロッパに来る際はビザやマスターカードを2枚くらい持っていると安心ですよ。(あまり何枚も持っていくのはおすすめしません。)

 

段々とドイツもキャッシュレス化にむかっているとは言いますが、ドイツの現金主義路線がいきなり変わるとは思いません。これからも好まれると思います。

あまり大金をもってくると危ないので、ドイツ旅行にいらっしゃる際は現金+カードを上手く利用してくださいね 🙂

 

また、クレジットカードの盗難や悪用が心配な方は、入金した分だけ利用できる『海外プリペイドカード』がおすすめです。

現地のATMで現地通貨を引き出せるほか、クレジットカードとしても利用できます。

私が使っている『マネパカード』はマスターカード、大手旅行会社JTBの『MoneyT Globa』はビザカードとして使えるので大変便利です。

日本円で入金した分だけ使えるので使いすぎの心配もないですし、盗難時も安心ですしね。

 

しかも『マネパカード』外貨両替の手数料がかなり安いので、銀行で円→€に両替するより断然お得です。

インターネットバンキングで入金すれば、ドイツ住まいでも簡単に両替ができます。

引き出すときもドイツのATMから簡単に引き出せますよ♪

チェックしてみてくださいね~。

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

画像提供:フリー写真素材ぱくたそ

 

<PR>
新しい海外旅行の必需品【マネパカード】