ジャックダニエルのチョコレート(ブラックとハニー)を食べてみた

ジャックダニエル チョコレート

Hallo!チョコレートもお酒も大好きAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

本記事では人気のウイスキー『ジャックダニエル』を使ったチョコレートを見つけたので食べてみました~というお話です。

ゴールドケン×ジャックダニエルのチョコレート

日本でも人気のアメリカのウイスキー『JACK DANIEL’S』(ジャックダニエル)入りのチョコレート。

これを製造販売しているのは、スイスの有名なチョコレートメーカー『GOLDKENN』(ゴールドケン)です。

社を象徴する商品、金塊型のチョコレートを免税店などで見たことある方も多いのではないでしょうか。

Ann

ちょっとリッチなチョコレートブランドだね。

そのゴールドケンのリキュール・チョコレートシリーズの中で、ジャックダニエルとコラボしたものをいくつか出しています。

ゴールドケンの公式サイト(英語)ではトリュフやスティック型が製品一覧にありました。

私は近所のスーパー(PENNY)でこのシリーズの板チョコを発見💡

気になりすぎるので買ってみました。

Ann

見つけたのは特売品コーナーみたいなところで(笑)。

ただ、これはレギュラーで販売されている訳ではないのと、ほかにドイツのスーパーで売っているを見たことがないので、もしドイツ在住の方で食べたいという人がいたらAmazon.deなどで探した方が見つかりやすいかも。

ジャックダニエルの板チョコレート

ブラック(old no.7)とテネシーハニーの2種類

ジャックダニエル チョコレート
JACK DANIEL’S TENNESSEE WHISKEY LIQUOR BAR

買ったのは2種類の板チョコレートなんですが(どちらもカカオ37%のミルクチョコレート)、まずこちらの黒いのが『JACK DANIEL’S TENNESSEE WHISKEY LIQUOR BAR』。

ジャックダニエルのブラック(old no.7)入りのチョコレートです。重量は100g。

ジャックダニエルといえばこのブラックラベルですよね~。パッケージが本物にそっくりです。

ジャックダニエル チョコレート
JACK DANIEL’S TENNESSEE HONEY LIQUOR BAR

そしてもう一種類のがこちらの『JACK DANIEL’S TENNESSEE HONEY LIQUOR BAR』。

ジャックダニエルのテネシーハニーのチョコレートです。重量は同じく100g。

こちらもお酒のパッケージにそっくり!

Ann

でも私はテネシーハニー自体は飲んだことがない。

実食!味はいかが?

ジャックダニエル チョコレート

さて箱を開けてみると板チョコはこんな感じで1粒ずつ切れ目がはいって、まぁまぁきれいに折ることができます。

2粒が5列ほどあったので10粒分ぐらいかな?

これは2種類とも同じ外見でした。

さて実際に食べてみると、まず思うのが

Ann

チョコレート自体(゚д゚)ウマー!

Ann

めちゃくちゃお酒入ってる!

でした(笑)。

それもそのはず、この丸い部分を割ってみると中は空洞になっていて、大量のリキュール=ウイスキーのシロップが入っていました。

まずはスタンダードのブラックの味ですが、もうそのまんまジャックダニエル入ってます!って感じです(それ以外の表現方はない)。

チョコレート自体が美味しいのでよく合う~。

お酒好き×チョコレート好きの人にはおすすめです。アルコール8.5%なので結構パンチがありますよ~。

これは私は好きでした💡

Ann

普段お酒飲まない夫もなぜか結構お気に入りだった

続いてテネシーハニーの方。

こちらはね~私あまり好きじゃありませんでした(^^;

なんだろうか…テネシーハニーのお酒自体飲んだことはないのですが、すごい『カレー』の味がする(笑)。

友人は「きちんとハチミツの味がするよ」と言っていたのですが、私は何度か食べてもなぜかカレー味のチョコレートでした(爆笑)。

こちらはアルコール度数9.5%。

終わりに

以上、ゴールドケンのジャックダニエルのチョコレートのご紹介でした💡

日本でも正規輸入で販売しているようなので、ジャックダニエルが好きな方・洋酒入りチョコレートが好きな方は試してみてください。

バレンタインデーとかにもいいですよね💡

それでは(=゚ω゚)ノ

チョコレート関連

ポケットコーヒー【ポケットコーヒー】イタリアやドイツで見つけたら土産に買うべきレアなチョコレート Heinemann(ハイネマン)の世界一のシャンパントリュフ|デュッセルドルフ土産定番のチョコレート! リッタースポーツ ベルリン直営店|オリジナルチョコの作成方法やバラマキ土産のおすすめなど