【ジャパンSIMカード】電話番号付き!日本一時帰国で音声通話したい人におすすめ

 

Hallo!ネットジャンキーのAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

現在はドイツ在住で、一年に1度は日本へ一時帰国をしています。

 

ネットジャンキーな私は毎年あれこれ考えてWiFiルーターをレンタルしているのですが、今回は『日本の電話番号を持ちたい!』という理由があったため、発信・着信もできる音声通話型SIM(日本の電話番号付き)を購入してみました。

 

それが今回体験談としてご紹介する、海外在住者向けの一時帰国用SIMジャパンSIMカードです💡

 

 

もちろん通話だけではなく、インターネットも利用可能ですよ。

それではジャパンSIMカードの使い方や使った感想など書いていきま~す 😉

 

ジャパンSIMカードとは?

ジャパンSIMカードとは簡単に言うと

海外在住者の日本一時帰国SIMカード

引用:ジャパンSIMカード

です💡

 

公式サイトの文言そのまま、このSIMカードは《海外在住者のための日本一時帰国用SIM》なので、日本在住者は使えません。

もともと在米日本人の携帯電話サービスを行っていた『HanaCell』(ハナセル)が、2010年12月からスタートしたサービスです。(ハナセル自体は設立12年)。

 

Amazonや楽天などでも日本で使えるプリペイドSIMはいろいろありますが、その多くはデータ専用型ですよね(インターネットの利用のみで通話は不可)。

 

しかしこのジャパンSIMカードは違います。

SIMフリーのスマートフォンにこのSIMを挿入すれば、日本の携帯電話としてデータ(インターネット)と通話が可能なんです!

チェックポイント
  • 070または、080または、090から始まる番号をGET
  • 回線はソフトバンクなので、ソフトバンクの携帯として利用

 

たしかにデータ(インターネット)が使えれば、自分のスマホから日本の固定・携帯電話に電話をかける方法はいくつかあります。しかし、自分の電話番号はないので、先方からの電話は受けられませんよね。

 

が、このジャパンSIMカード』は《日本の携帯電話番号を入手できるので、着信ができる》のです!

この点(日本の電話番号がもらえるところ)が個人的に番のメリットだと思ってます~。

 

現在はLINE通話などですませてしまうこともありますが、やはり電話回線を使った通話はスムーズ。

また、日本滞在中にお店の予約をする時など、なにかと電話番号を伝える必要が多いですよね 🙄 

Ann

これは本当にそうなんだよね。あと質問したとき、折り返し連絡しますと言われても、自分の番号がないからそういうときは本当に不便!

 

別に電話を使わなくてもなんとかなりますが、やはりあると相当便利だということを今回実感しました。

 

さて、次にそのほかの特徴を説明していきます💡

 

特徴

  • 初期費用=SIM購入代金:39米ドル
    ※2019年7月23日まで25%OFFの29米ドル
  • 月々の基本代金はなし
  • 年間の維持費のみ8米ドル(初年度無料、2年目から)
  • 通話料やデータ通信料は使ったらかかる
  • ソフトバンクの回線を利用
  • 日本の携帯番号が使える
  • LTE高速データを月7GB利用/料金定額制
  • プリペイドではないのでチャージ不要
  • 解約はいつでもネットから可能(解約料なし)

初期費用=SIMの購入代金。つまり日本の携帯電話回線を買った感じですね。

だから使うときは普通の携帯を思い浮かべてもらえればOKです。

 

料金形態としては月々の基本代金はないので、使わなければ料金は発生しません

かかるのは通話やデータ(インターネット)を利用したときだけ。通話した分の通話料金と、データ(インターネット)の定額料金がかかります。

【初回にかかるお金】

初期費用(SIM購入代金)+使った通話料金+使ったデータ料金

➡通話やデータを使わなければ、初期費用のみかかる

 

※維持費は初年度無料。2年目から維持費が年8米ドル発生

通話料金とデータの定額料金
  • 【通話料金(着信)】無料
  • 【通話料金(発信)】ソフトバンク同士は1~21時無料、それ以外は0.85米ドル/分※
  • 【データ料金(定額)】月59米ドル

※海外へ発信する際の料金は公式サイトで確認してください

 

購入からアクティベート(開通作業)まで

流れ

手順1
購入方法
申し込みはジャパンSIMカードの公式サイトより行う
手順2
受取り
受取り方法は2種類。日本の空港での店頭受取か、現在住んでいる海外の自宅
手順3
アクティベーション
受取り後、SIMのアクティベーション(開通作業)が必要。専用のサイトにアクセスして必要事項を入力する
手順4
完了
アクティベーション完了メールが到着後、利用可能に 
 

 

申込方法


引用:ジャパンSIMカード

 

申し込みはジャパンSIMカード』の公式サイトから行います。

 

  • iPhone(アイフォーン)用
  • android(アンドロイド)用
  • ガラケー用

申し込みの際は、自身のSIMフリー携帯にあわせたSIMカードを選択します。

ちなみに私のSIMフリースマホはiPhoneなので、iPhoneを選択。

 

支払い方法

  • クレジットカード
    種類:VISA、マスターカード、アメリカン・エクスプレス(アメックス)、JCB
  • デビットカード
  • PayPal(ペイパル)

支払い方法は上記の3つから選びます。

Ann

ペイパルが使えるのは便利だよね

 

受取方法

  • 店頭受取り(主に日本の空港)
  • 海外配送(身分証明書に記載された住所のみ)

日本の空港での受取りも、海外配送もどちらも送料無料で行ってくれます。

 

どちらの場合も身分証明書が必要になるのですが、店頭受け取りの場合はパスポート(店頭受取は注文確認メールも提示要)。

海外配送の場合は、申込みの段階で身分証明書のアップロードが必要です。利用可能な身分証明書は住んでいる国によって異なります(申込み時に何が必要かは掲載されています)。

ドイツの場合は滞在許可証(Aufenthaltstitel)でOK

MEMO
要求された身分証明書の準備が難しい人や、身分証明書に掲載の住所に現在住んでいない人は日本での店頭受け取りにすれば良いと思います

Ann

私は申し込みが間際過ぎて、店頭受取一択だったけどねw

 

店頭受取り可能個所
  • 成田空港(第1ターミナル北および南、第2ターミナル)
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 福岡空港受取り(国際ターミナル)
  • シンガポール(JAPAN RAIL CAFE)※唯一国外

 

受け取ったセットの中身

  • ソフトバンクのUSIMカード
  • SIM変換アダプター&SIMピン※
  • ジャパンSIMカード取扱説明書

まずSoftbankのUSIMカード。これをなくしたらアウトです(笑)

SIMカードのサイズはnanoですが、iPhone5以降の方は同じnanoサイズなので、そのまま入れることができます。

 

 

次にSIM変換アダプターとSIMピンのセット

 

前述のとおり、SIMサイズはnanoなのでアダプターを使う必要はありませんが、別のSIMで使うかもしれないのでありがたくとっておきました💡

また、SIMピンはiPhoneにピンを刺してSIMトレイを取り出すときに使います。

 

注意
※nanoサイズではないiPhone(iPhone 4s以下)の利用者が少ないので、このSIM変換アダプターとSIMピンのセットは今後同封はなくなる予定とのこと。SIMピンはクリップや安全ピンなど家にあるもので代用できます。

Ann

普通にクリップを使ってSIMカードを取り出したことあるよ~。iPhoneの電源を落として、SIMの交換完了!

 

補足
アンドロイド・ガラケー用SIMは、通常・マイクロ・ナノの3サイズに切り取れる
マルチカットSIMカードなので、もともとSIM変換アダプターはついていません。

 

 

こちらが取扱説明書。

次に記載のとおり、アクティベーションを行います。

左の上のTOSHIBAのUSBは電話番号などを隠したかっただけなので、お気になさらず 😎

 

アクティベーションのやり方

まず、ジャパンSIMカードのアクティベーション専用のサイトにリンクします。

そこで『SIMシリアルナンバー』を入力。この番号は取扱説明書にも書いてあります。

ポイント
回線まで最大24時間かかるとありますが、日本時間9:00~19:00に作業を行えば基本2時間以内に開通するので、アクティベートはこの時間がおすすめです

 

 

続いて電話番号を入力。

これもさきほどのシリアルナンバーと同じく、取扱説明書にも記載があります。

 

 

オプションサービス『あんしん補填』の加入可否を選択。

私はしませんでした。

オプションサービスの出てきた順番は違うかもです😳

 

 

個人情報を入力。

 

 

最後に通話料やデータ料金、維持費などの支払いに使うクレジットカードを登録します。

 

以上で終了です!

 

 

回線開通が終了するとSMSでメールが届きます。

 

私がアクティベーションの作業を終えたのが11:20ぐらいだったので、約50分後に開通しました💡

開通後、電話やモバイルデータ通信(インターネット)がすぐ利用可能です。

 

評判はいかに?使ってみた感想

自分が今回使ってみた体験談を交えながら、「こんなところが良かった」「ここは改善するといいな」、というメリットとデメリットを書いていきます💡

 

メリット

  1. Softbank同士の通話が無料(1~21時限定)
  2. 着信可能
  3. ネットが早い(4G)
  4. 110番、119番に電話できる
  5. ビックカメラ、ドン・キホーテで使える割引クーポン付き
  6. レンタルWIFIに比べて荷物にならない、忘れる心配がない

 

①Softbank同士の通話が無料(1~21時限定)

まずメリットに選んだこれ。

我が家の家族全員がSoftbankユーザーなんですよね!

ということで深夜1~21時の間は電話し放題です。

 

LINE通話もありますが、やはり通常の電話の方が確実(気づきやすいし、音質が良い)。

 

②着信可能

Softbankの電話番号をもらえるので、普通に相手から電話をかけてもらえます。

家族・友人などLINEを知っている人ならLINE通話で良いですが、お店やほかサービス機関からの電話は日本の電話がないと無理ですよね。

 

また、今回の一時帰国は結婚式を挙げるためだったので、式場や司会者との連絡や、旅行やお店の予約など、実家の固定電話ではなく、連絡をとりやすい電話番号が必要でした。

だから、着信連絡がとれる日本の携帯電話番号を手に入れられたのは、まじめにありがたかったです。

 

③ネットが早い(4G)

モバイルデータ通信(インターネット)も利用したので、自分のiPhoneでのネット検索やLINEもさくさくできました。

 

日本の皆さんが利用しているのと同じ4Gですよ。4G。私ドイツではほぼ3G回線なので快適でしたよ~。

一部地方の山沿いや海沿いに行った際のみ3Gでしたが、あとはほぼ4Gでした。

 

また、モバイルデータ通信をONにしておけばいつでもネットが通じている状態なので、レンタルWIFIの電源をつけて繋げてという作業が必要ないのもメリットでした。

 

ちなみに容量は月7GBで、超えてしまった場合は通信速度が制限される形です。

私は3週間弱で4GBぐらいだったのでだいぶ余裕がありました。

 

※実家はWIFIあり。モバイルデータ通信では動画は見てません。

 

④110、119に通話可能

データ通信(インターネット)が使えれば、IP電話アプリなどで固定・携帯電話にかける方法はいくつかあります。

 

しかしIP電話だと110番や119番にかけられないものがほとんど。なので、何かあったときに自分の携帯電話ですぐかけられるのは安心です。

 

MEMO
ジャパンSIMカードはフリーダイヤルにも発信可能

 

ビックカメラ、ドン・キホーテで使える割引クーポン付き

海外在住者は条件を満たしていれば一時帰国中、免税で買い物が可能です。

その免税にプラスして、ビックカメラは最大7%、ドン・キホーテは最大2.000円引きできる電子クーポンがついていました。

 

私はドン・キホーテには行っていないのですが、ビックカメラで大きな買い物をしたので、よりお得に買い物ができました!

対象外の商品や条件に満たしていない場合は利用できないので、詳しくは注文後に送られてくるクーポン内容を確認してください 😉

 

⑥レンタルWIFIに比べて荷物にならない、忘れる心配がない、充電しなくていい

そこまで毎回レンタルWIFIを借りて荷物になると思ったことはないですが、自分のiPhoneにSIMを入れておくだけで良いので楽です。

また、レンタルWIFIを忘れて出かけてしまうと外出中にインターネットが使えませんが、その心配もありません。(私は忘れ物が多いのでこれが嬉しい)。

 

さらに、ジャパンSIMカードは無くして補償する必要がないので(返却義務なし)、その点も気が楽ですね。

そしてレンタルWIFIを毎日充電する作業もありません。

 

デメリット

  1. データ通信が月締め
  2. データ通信料が定額のみ
  3. デザリング不可(アンドロイドは可能)
  4. アクティベーションが必要

 

①データ通信が月締め

これは結構使いづらい要因になってしまうと思うのですが、データ通信料は毎月1日~月末の定額59米ドルです。

つまり、上記のように一時帰国が月をまたいでおり、月またぎで利用すると2ヶ月分かかってしまいます。

ということで、月をまたいでの利用はおすすめしません。

Ann

同月内だったら定額の59米ドルのみ

 

キャリアの回線を使っているので、この点の改善は難しいと思いますが、利用開始日から1ヶ月とかになると利用者的には便利です。

 

②データ通信料が定額のみ

使い過ぎでもデータ通信料が定額59米ドルですむのは良い面ではあるのですが、短期滞在の人にはあまりおすすめできないかもしれません。

 

データ通信料は使ってしまえば通信量が少量でも59米ドルかかってしまいます。たとえば1週間の滞在で59米ドルだと個人的にはちょっと高いです 🙄 

Ann

1週間で7GBは必要だ!という人は別だけどね。

 

5GBまでは30米ドルで、それ以降は定額59米ドルなどという料金プランがあると良いなと思いました。

ただ、あのスムーズにデータ(インターネット)が使えるのは本当に快適です~。

 

MEMO
データ通信料を発生させたくなかったらデータローミングをオフにしてけばOK

 

③デザリング不可(アンドロイドは可能)

これはスマートフォン以外のデバイスでインターネットを使わない人には問題ないのですが、私はノートパソコンを外出時に使ったりするので、デザリングができないのは少し不便な点でした。

 

ただ、Android(アンドロイド)用SIMは2019年6月11日購入分よりデザリング可能です。うらやましい。

Ann

レンタルWIFIだとiPhoneもパソコンも複数台同時にネット接続ができるからね。デザリングができなかったので、外でパソコン作業する際はWIFIスポットがあるところに限ってしまった。
いつかiPhoneもデザリングできるようになりますように!

 

④アクティベーションが必要

普通の携帯と同じなので回線のアクティベーション(開通作業)が必要です。ということで、受取り後すぐは使えません。

 

開通作業はインターネットの環境が必要であり(ただやり方はとても簡単)、開通まで少しだけ時間がかかります。私は50分程度でした。

 

空港でSIMを受取ったあと、目的地までの移動中に使いたいと思ってもすぐ使えません。

空港到着後すぐ使いたい人は、事前に配送してもらい、開通だけすませて日本に到着したらSIMを挿入すれば良いかなと思いました。

 

1度使ってみて解約する?しない?

結論
解約しない!次回の一時国もまた使う!

モバイルデータ通信(インターネット)は使うかはちょっと分からないのですが、年間たった8米ドル(900円弱)で日本の携帯電話番号を維持できるのがお得だからです。

しかも初年度無料です(2年目から維持費が年間8米ドルかかります)。

Ann

日本のキャリアの電話番号預かりサービスだと月400円ぐらい。年間で5000円近くなるから1/5の金額だよ!

 

解約しない理由
  • 一時帰国時に発信・着信も可能な携帯電話があるのは便利
  • 基本代金がないので、使わなければ料金はかからない。かかるのは年間の維持費だけでお財布にやさしい
  • 解約したくなったら、いつもでインターネットからできる(解約料無料)

 

ということで、次回の日本への一時帰国もジャパンSIMカードを使います。

 

モバイルデータ通信(インターネット)については、滞在が2週間以内だったらジャパンSIMカードのモバイルデータ通信をOFFにしておいて(それでも通話は可能)、レンタルWIFIでインターネットを使うかな?

 

滞在期間が長ければジャパンSIMカードのモバイルデータ通信を使っても良いですが、その辺りはまたそのときに考えます💡

 

終わりに

日本への一時帰国で音声通話可能なSIMカードを使いたいなら、

断然ジャパンSIMカードおすすめ!

何度も言っているので「またかよ~」と思う方もいるかもしれませんが、やっぱり日本に一時帰国中、通話ができる携帯電話があると便利です。

 

また、ジャパンSIMカードの料金設定も分かりやすく、公式サイトのQ&Aやサポート体制もしっかりしているので、不明点もすぐ解決できます。

Ann

営業時間中なら公式サイトで質問などをチャットで相談できるよ!レスポンスがすごい早いから、気になることもすぐ解決できた♬

 

今なら7月23日まで初期費用(SIM代金)が25%OFFの29米ドルで買えます。

気になる方は公式サイトをチェックしてください💡

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

日本で使える電話回線付きの一時帰国専用SIM

ソフトバンク携帯同士は1~21時は通話無料

初年度は年間維持費が無料

 

補足
サービス内容は2019年9月現在です。予告なく変更となる場合はありますので、詳細は『ジャパンSIMカードの公式サイトにてご確認ください。