【韓国産のキムチの缶詰】ドイツのスーパーで発見|美味しかったのでリピートする

 

Hallo!辛いのは苦手だけど韓国料理は大好きAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

本記事ではドイツのスーパーマーケットで見つけた『韓国産のキムチの缶詰』についてご紹介します💡

 

これが…結構…美味しかったのでリピート決定しました 😆

Ann

しかもひと缶が意外と安い。

 

韓国産のキムチの缶詰

常温OK&長期保存が可能

こちら『YANGBAN  KIMCHI』というキムチの缶詰。

いまの時代はキムチの缶詰もあるのかと、見つけたときは驚きました(笑)。

Ann

発酵食品なのに缶詰できるんだね!

 

 

そして缶詰なので賞味期限が長いです。

これは2022年3月27日まで。あと2年半も大丈夫です 😯

買い置きも可能ですね💡

Ann

キムチはドイツ語だと『Eingelegter Chinakohl』(白菜の漬物)になるのね。

 

開封の儀と実食

開封!

ちょっと我が家のキッチンの照明がオレンジ系なので、キムチもよりオレンジになってしまった感ですが、こんな感じ。

具材は白菜しか見えません。

 

そして恐る恐る食べてみました。

 

 

Ann

缶詰のキムチとかどうせ美味しくないんだろうな…(ぱくんちょ)。

Ann

……意外と美味い!!

 

そうなんです。見た目に反して美味しいです!

もちろんアジアショップで買えるフレッシュなキムチと比べてはいけませんが、十分いけます。

 

かつあまり辛くないので、辛いのが苦手な私たち夫婦にはかなりピッタリ。

お子さんでも食べやすいのではないでしょうか 😉

Ann

まったく辛くない訳ではないけど、辛いキムチが好きな人には物足りないと思う。

 

 

さて禁断の食べ方『キムチwithマヨネーズ』

 

夫がいきなり「マヨネーズをつけて食べたい」と言い出すので便乗したら、

Ann

罪の味がした。

 

ということで、ご飯泥棒になりました(もちろん全部をその食べ方をした訳ではないですよ。あと、おかずがキムチだけではないですからね笑)。

2合炊いたお米はあっという間に空になり、冷凍ご飯まで出動する事態に。危険です。

 

ちなみにキムチ缶の容量は160g。夫婦2人の一回の食卓で食べきりサイズでした。

 

ドイツで食べているお米たち

【ドイツのお米事情】炊飯器や日本米に近いミルヒライスについて

 

組み合わせ無限大

  • 豚キムチ
  • キムチチャーハン
  • キムチ鍋

Ann

とりあえず今度5缶ぐらい買い占めてくるか~。

と話ながら、キムチ×〇〇で何にあうかね~と幸せに想像した結果、夕飯中なのによだれがたれそうになるのでした。

 

買ったドイツのスーパーはこちら

real レアル

大型スーパーマーケットの『Real』

私が行ったのはD-Bilkにあるお店です。

 

このRealの世界各都市の食材コーナーみたいな場所にありました💡

Ann

とりあえずキムチの缶詰って初めて見たから買ってみた私GJ!

 

缶詰のお値段は2.19€。

かなりお求め安い価格だと思います 😀

 

あんまり日本で買うのとお値段変わらないですよね。

 

ここが良いよね缶詰キムチ

  • 常温・長期保存が可能
  • 好きな時に食べられる
  • 持ち運びが楽&汁漏れやにおいが気にならない
  • 食べきりサイズ

こんなところでしょうか。

 

具がないのが貧相なのと、辛いのが好きな人には物足りないという点がありますが、私はかなり気に入りました!

ということで今度行ったら何個か買い占めたいと思います。

(とか言いつつ、アジアスーパーにも置いてあったりするんでしょうか?)

MEMO
アジアスーパーにも置いてあるところがあるみたいです💡

 

また、近くにアジアスーパーがない方は、もしかしたらほかのRealにも置いてあるかもしれないので、キムチを食べたくなったら探してみてください。

Ann

私はアジアスーパーでも買えるけど、こちらを買うな。

 

それでは(=゚ω゚)ノ