【カンプ修道院】ニーダーラインのサンスーシと呼ばれる美しい庭園

 

Hallo!ガイドブックに載っていないドイツの素敵な観光名所を広め隊&ノルトライン=ヴェストファーレン州の観光名所を新規開拓し隊・隊長のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

勝手に名乗ってみた長い肩書どおりに、新たに見つけたノルトライン=ヴェストファーレン州(以下NRW州)の素敵な観光名所をご紹介したいと思います 💡

 

ドイツの観光街道『ライン川・マース川間の造園芸術街道』のひとつである『Kloster Kamp』(カンプ修道院)。

 

ここでは『ニーダーラインのサンスーシー宮殿』とも呼ばれる美しい庭園が見られますよ~ 😉

 

 

Ann

ポツダムにあるサンスーシー宮殿は世界遺産に登録されているよ!

 

Kloster Kamp(カンプ修道院)

修道院について

カンプ修道院があるのはオランダの国境近く、NRW州の西部Wesel地区のKamp-Lintfort(カンプ=リントフォルと)という町にあります。

 

 

この場所に修道院が出来てのは1123年。

ケルン大司教のフリードリヒ一世とシトー派の修道士によって、最初はシトー会修道院とし設立されました。

 

 

               

その後の長い歴史の中で何度か破壊と再建を繰り返した修道院ですが、フランス革命後、この地域をフランス軍に占領され衰退への道をたどります。

教会の国有化がはじまり、1802年に一度修道院としての役目は終了したのです。

 

 

しかし1950年にカルメル会の修道院として2002年まで再び利用され、現在は宗教的・文化的施設として提供されています。

 

また、旧シトー会修道院の貴重な展示品を見ることができるミュージアムや、結婚式やイベントに使えるホールもあるようです。

 

 

Ann

私が行った日も素敵なウェディングフォトを撮っているカップルがいて、最高に素敵だったー!

 

庭園について

この修道院の一番のハイライトはこの美しいバロック様式の庭園(Terrassengarten)です。

 

 

さぁこの写真を見て、「あっ、あそこに似ている?」と思った方はいるでしょうか 😉

 

 

家に帰り、今回は同行していない夫にこの写真を見せたら

なんかサンスーシー宮殿の庭園みたいだね。

とのこと。

 

するどい!!夫よ正解 💡

 

Ann

なにも言わずただ写真見せたらそう言ったから、ほんとにすごいと思った。

 

 

 

そうです。

 

カンプ修道院のこのバロック様式の庭園(テラスガーデン/Terrassengarten)は、その姿がサンスーシー宮殿の庭園を思い起こすことから『ニーダーラインのサンスーシー』とも呼ばれています。

※ニーダーライン(Niederrhein)はNRW州西部のライン川下流あたりの地域のこと

 

サンスーシー宮殿に行かれたことがある皆さま、いかがでしょうか??

 

 

もちろん、サンスーシー宮殿の庭園とは規模が違いますが、「こんなに素晴らしい庭園があまり知られていないなんてもったい!」と思うぐらい私には庭園の姿は美しく見えました 😳

 

角度を変えてみるとまた違う景色が見られて、カメラのシャッターをきるのがやめられないほど(笑)。

 

Ann

しかも無料だからね。無料…。

 

 

 

バロック様式の庭園は、1747年にときの大修道院長がブドウ畑の上に建設したのがはじまり。

装飾がほどこされた階段をつくり、レンガのテラスや噴水や花壇、池など豪華なものだったそうです。

 

しかし、この庭園もフランス革命後の修道院の衰退により、修道院とともに破壊されてしまいました。

 

その後当時の庭園をもとに1984年ごろから再建をはじめ、1990年に公開されてから多くの来場者をむかえる庭園となりました。

 

ここ2年で来場者は3分の1増えたそうです。

 

Ann

いま人気急上昇中だよ!

 

 

今回訪れた時期は秋ですが、ほかのシーズンにも来てみたいですよね~。

 

春には庭園に彩りをあたえる花が咲き、夏はより緑みどりした自然に会えるでしょう 😉

 

 

そしてそして!!

 

階段をのぼった上から見る庭園の景観美もまた素敵 😀

 

バロック様式の特徴である左右対称の幾何学式の配置がはっきり分かります。

 

 

そしてうっとり眺めていると、偶然ウェディングフォトを撮ってらっしゃっていた方がちょうど良い位置にいらっしゃいました 😎 

 

これは絵になる光景です。

 

Ann

Herzlichen Glückwunsch!末永くお幸せに。

 

 

 

あっ、庭園を歩いていたらここだけ空間があってなぜかワクワクして写真を撮ってみました(笑)。

 

向こうは何があるんだろう😀

 

 

中庭のカフェについて

さて庭園の階段をのぼって修道院に向かうと、修道院の中庭にカフェがあります。

 

 

 

 

こちらです。

 

ホームメイトのケーキが美味しいという評判で私も休憩しようと思ったのですが、席がテラスしかなく満席で利用できませんでした 😥 

 

Ann

残念~!

 

 

 

でも中庭からの修道院&庭園の眺めも良かったですよ♪

 

 

  

カフェの奥の建物には修道院のオフィスやショップがあります。

アルトガーデンで採れたハチミツなども売っていたので、お土産を買うならこちらへどうぞ 💡

 

 

修道院周辺のハイキングコースについて

修道院のまわりには修道院も含めいくつかの観光スポットがあり、それがハイキングコースになっていました。

 

 

 

とりあえず地図にあった5番目のAlter Garten(アルトガルテン)へ向こうことに。

修道院からは徒歩で5、6分です。

 

 

 

 

この庭園は18&19世紀の写真をもとに再建されたもの。

そこまで大きくないのですが、いろいろな種類の植物が植えられています。

 

Ann

春とかより素敵そう~。

 

 

先ほども書きましたが、ここで採れたハチミツは修道院やミュージアムのショップで販売しています。

 

 

 

あとね、こんなにたくさんのススキが!!

 

この量はびっくりして、「ドイツにもススキがあるのか」と関心しちゃいました。(そりゃあるか。)

 

なんかお団子欲しくなりますね(笑)。

 

Ann

なんかふさふさして気持ちよさそう~。

 

 

 

 

アルトガーデンから奥に進み10番目のスポットに来てみたんですが、これ以上進むと帰れなくなりそうなのでここで終了!

 

時間があるときはゆっくり周ってみたいですね。

 

 

修道院に向かって同じ道を歩く途中に撮った写真。

 

なんかかっこ良いモニュメントを発見しました。

修道院とのコラボレーションです。(修道院は右奥)。

 

 

修道院の周辺のグルメ


『Haus Bieger』

  • Kloster Spenden-Cafe(修道院カフェ)⇒公式サイト
  • Haus Bieger(ドイツ料理)⇒公式サイト
  • Haus Alte Schmiede(レストラン)

修道院のカフェ以外だと、レストランがすぐそばにあります。

 

『Haus Bieger』は修道院の横にあるレストランなんですが、結構混んでましたよ~。

メニューや値段もまぁまぁ一般的です。

 

 

『Haus Alte Schmiede』は修道院から徒歩2分ぐらいの場所にあるレストラン。

 

ちょっとメニューとかは見られなかったのですが、ランチコース20€という看板があったのでちょっと良さげのレストランかもしれないです。

テラスで紳士2人がランチを楽しんでいました 😉

 

 

ほかはまわりに何もないのでご注意ください 💡

 

カンプ修道院への行き方

公共交通機関

【最寄りのバス停】
Kloster Kamp(Kamp-Lintfort)

カンプ修道院まではバスを利用します。

 

いくつか行き方はありますが、乗換が必要ない直通バスは『デュイスブルク中央駅』(Duisburg Hbf)ゲルダーン駅』(Geldern Bahnhof)から出ています。

 

だいたい一時間に一本くらいなので、行く前は【VRR】や【DB】のサイトやアプリの乗換案内で確認してください。

 

【所有時間】

  • デュイスブルク中央駅から⇒約52分
  • ゲルダーン駅から⇒31分
  • デュッセルドルフ中央駅から⇒(上記の駅で乗換含め)約1時間20~30分

 

ちなみに私は行きはゲルダーン経由、帰りをデュイスブルク経由で行ったのですが、ゲルダーン駅からバスに乗ってするアルトビールの大手ブランド『Diebels』(ディーベルス)の醸造所(工場)の前を通りました。

 

ここにあるなんて知らなかったから、バスの中からお写真パチリ💦

 

Ann

緑色のマークでお馴染みのディーベルス。
アルトビールのシェアNo.1らしいけど、私はあまり飲まないな~。

 

 

\デュイスブルク経由ならこちらの観光もいかが?/ 

 

最寄りのバス停からの行き方

バス停を降りたらこの看板どおりにまっすぐ『クロスター通り』(Klosterstr.)を進みます。

 

 

このあたりの建物はほぼレンガ造りなのでとてもカッコいいです。こちらも歩きながら見てください 💡

 

 

さて少し歩くと修道院と庭園(テラスガーデン)への分かれ道が出てきます。

 

2つは繋がっているのでどちらから行ってもいいのですが、個人的には庭園を先に行くのが良いかな~と思うので良かったらここを右へ向かってください。

 

Ann

いやこのまままっすぐ行っても普通に庭園に着くんだけどね。入り口が違うだけで。

 

 

 

    

さきほどの道を右に曲がってまたまっすぐ進みます。

 

 

 

そうするとちょっとした森が出てきます。

 

 

訪れた10月下旬はちょうど黄葉した木々が多く、秋を大変感じられました。

 

Ann

日本で見るより2倍ぐらい大きなどんぐりがたくさん地面に落ちていた!

 

 

 

ものの数分歩くと十字道にぶつかり、そこを左手に曲がると庭園の入り口にたどり着きます。

 

 

料金・お得な切符など

  • 【デュイスブルク中央駅発】【ゲルダーン駅発】B区料金
    ⇒片道@€5.90、24時間券@€14.20、24時間券(2名用@€18.00)など
  • 【デュッセルドルフ中央駅発】(デュイスブルク経由)C区料金
    ⇒片道@€12.50、24時間券@€24.30、24時間券(2名用@€28.70)など
  • 【デュッセルドルフ中央駅発】(ゲルダーン経由)D料金
    ⇒片道@€15.30、24時間券@€29.10、24時間券(2名用@€34.20)など

デュッセルドルフから行く場合は、デュイスブルクで経由する場合とゲルダーンで経由する場合とで区域が異なり値段が違うのでご注意ください。

 

補足

  • VRRの24時間券のグループ用は最大5名まで値段設定があります。
  • レバークーゼンやケルン、ボンなどVRR地区以外のNRW州から行く際は州乗り放題切符がおすすめです。
    詳しくはこちら

 

無料の駐車場あり

詳しくは公式サイトを確認ください。

 

営業時間・入場料

営業時間

  • 庭園/だいたい8:00~日没※悪天候の際は閉鎖
  • 修道院/9:00~17:00
  • カフェ/月~金13:00~17:00(土14:00~、日祝11:00~)
  • 美術館/火~土14:00~17:00(日祝11:00~)

 

入場料

【ミュージアムのみ】

  • ひとり 2.75€
  • 家族 6.5€
    ※ほかガイドツアーあり

庭園、修道院、カフェは無料で入場できます。

 

 

修道院の公式サイト:https://www.kloster-kamp.eu/

 

終わりに

今回は「自分の定期券で行ける新規名所を探す~」と探して見つけたカンプ修道院。

こんなに素敵な庭園がある観光名所を見つけられるなんて思いもしませんでした!

 

日本のガイドブックにはもちろん載っていませんが、とても素敵な場所だったのでぜひ知っていただきたいと思います 😉

 

そして新たなドイツの観光街道『ライン川・マース川間の造園芸術街道』も知ることができて、ドイツ観光って本当に底なし沼のような魅力があるな~と再認識。

 

次はどこに行こうかな~。

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

 

\ガイドブックには載っていない!日本では有名じゃないけどAnnおすすめの観光名所/