【世界遺産】ケルン大聖堂観光の注意点|コロナ対策や宗教行事の時間を要確認

Hallo!何回行っているか分からないぐらいケルン大聖堂大好きAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

さてケルン大聖堂は世界遺産であり、ドイツでもっとも訪問者の多い教会のひとつです。

コロナ禍の前は一日約20.000~30.000人の観光客が訪れていました。

そんなケルン大聖堂をぜひともじっくりみたいほしい訳ですが、礼拝(ミサ)など典礼がある時間帯などは見学不可だったり・立ち入り禁止区域があったりします。

ぜひ行く前に訪問予定日のスケジュールを確認してから訪れていただきたいと思います💡

また、コロナ禍でケルン大聖堂を観光する際の注意点もご紹介します。

新型コロナウイルスの影響と一般見学再開後の対策

観光客に開放している場

  • ケルン大聖堂 営業中
  • — 宝物館 営業中
  • — 塔 閉鎖中

現在観光客に対してケルン大聖堂内部と宝物館は営業を再開していますが、大聖堂南側ののぼれる塔(タワー)については当面は閉鎖となっています。

Ann

いま塔にはのぼれないよ

マスク着用義務や入場制限など

  • マスク着用義務
  • ソーシャルディスタンス
  • 人数制限
    大聖堂:最大300名まで、宝物館:最大22名まで
  • 通行制限
    指定された通路を一方通行
  • 立ち入り禁止区域
    身廊と周歩廊 (アンビュラトリー)*
*内陣を囲む丸型の歩廊

ケルン大聖堂は新型コロナウイルスの影響により観光客に対して閉鎖をしていましたが、5月11日より一般見学を再開。

当初は最大200名まででしたが、現在は300名まで増えています。

マスクは着用しないと入れません。

入場待ちの列

大聖堂内部の人数が上限に達した場合は列に並んで待つことになります。

Ann

前の人との距離を保って並ぼうね!

通行制限と立ち入り禁止区域

一応ケルン大聖堂内部図…w

さきほども述べたように現在の大聖堂内部の観光ルートは上記のように進行方向が決まっています。

正面入り口から入り反時計回りに一方通行で見学をしなければなりません。

*ケルン中央駅側の入り口は私が訪れたときは閉鎖していました

また、中央の身廊や内陣のまわりの周歩廊は当面立ち入り禁止。周歩廊のモザイクや礼拝室が見られないのは大変残念ですね。

また礼拝(ミサ)などの宗教行事が行われている時間帯は、矢印のルートである側廊や翼廊(袖廊)すら入れません。

入り口入ってすぐの拝廊から内部をながめるだけになるので、できればこの時間は避けましょう。

宗教行事の日時などは後述します。

ケルン大聖堂の入場料

入場無料
※宝物館や塔(タワー)は有料です

ケルン大聖堂の見学可能な営業時間と礼拝・入場不可な日時

【1】営業時間

通年
  • 【月曜日~土曜日】10:00~20:00
  • 【日曜・祝日】08:00~20:00
注意
信者の方向けには06:00から開いていますが、観光客の見学の時間帯は上記になります。

【2】毎日の礼拝(ミサ)の時間

通年
  • 【月曜日~土曜日】06:30、07:15、08:00、09:00、18:00(土曜日のぞく)、18:30
  • 【日曜日】07:00、08:30、10:00、12:00、17:00、18:30

【3】宗教行事などで入場制限がある日

※7月なし
8月
  • 【8月13日】11:30まで見学不可
  • 【8月21日】15:00から見学不可
9月
  • 【9月24~27日】見学不可
10月
  • 【10月18日】14:45~15:30 見学不可
  • 【10月25日】見学不可
11月
  • 11月1日】13:00~16:00 見学不可
  • 11月10日】16:30から見学不可
  • 11月11日】見学不可
12月
  • 【12月6日】見学不可
  • 【12月13日】16:30から見学不可
  • 【12月25日】13:00~16:00 見学不可
  • 【12月26日】13:00~16:00 見学不可
  • 【12月28日】12:30まで見学不可
注意
変更となることがありますので、最新の情報を公式サイトで確認してください。

【4】当日のタイムスケジュールが分かるカレンダー

行く前に再確認

mass time schedule(ドイツ語)(英語

【1】【2】【3】をみてから訪問日を決め、最後に【4】当日のタイムスケジュールの確認!

情報は変更となることもあります。

訪問日が近づいてきたら最新のスケジュールが分かるカレンダーを見て再確認しておきましょう。

終わりに

以上、『ケルン大聖堂の訪問時の注意点』として、新型コロナウイルス感染拡大防止への対応方と宗教行事の時間帯の確認についてご紹介しました。

そのほかドレスコードや持ち込み禁止物などもあるので、また時間があるときに追加していきたいと思います。

ケルン大聖堂は素晴らしいのでぜひ訪れてみてくださいね。

それでは(=゚ω゚)ノ

ケルン大聖堂の全景を撮影するならここ!

【展望台】3€で世界遺産ケルン大聖堂を上から眺められる撮影スポット 【写真撮影スポット】ドイツの世界遺産ケルン大聖堂の全景を撮るならここがおすすめ!ホーエンツォレルン橋の愛の南京錠とセットで観光しましょう!