【クルム/Krumme】デュッセルドルフ名産のサワーチェリーのリキュール

 

Hallo!Ann(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

デュッセルドルフの名物のお酒といえば『アルトビール』(Altbier)やハーブリキュールの『キレピッチュ』(Killepitsch)。

これらは世界的にも有名ですが、実はまだ名産品のお酒があるんです!

 

Ann

といっても私も今まで知らず、先日友人に教えてもらったばかりなんだけどね。

 

名前は『Krumme』(クルム)

今回はこれをご紹介します~ 💡

 

長期的にドイツを離れるならこれを持っていくと言った友人

なぜこのお酒『Krumme』の話になったかというと、それは私のこんな質問から。

 

Ann

ね、もしさードイツを長期的に離れて日本に行くことになったら、何を持っていきたい??

友人代理

ソーセージ。

Ann

あー残念、日本は肉類の持ち込みダメなんだよ…。

友人代理

じゃあ『Krumme』かな?

Ann

なにそれ??

友人代理

デュッセルドルフで作られている有名なお酒だよ。

Ann

えー知らない!教えて!

 

という流れでした 😎

にしても、持っていきたいものにアルコールと答えるとは…さすがドイツ人。

 

Krummeとは

Krummeはデュッセルドルフでつくられているリキュール(スピリッツの一種)です。

 

Krummeという製品はいくつかあるのですが、最初に作られた&一番人気なのがこのさくらんぼのリキュール(Sauerkirschkocktail)。

新鮮なさくらんぼとウォッカを混ぜてつくられているので、まぁまぁ度数は高いです。15%あります 😯 

 

 

デュッセルドルフの特産品でもあるので、パッケージにはデュッセルドルフの『市の紋章』と市のシンボルである『シュロストゥルム』(古い城塔・現博物館)や『聖ランベルトゥス教会』が載っています。

デュッセルドルフのお土産としても良いですね 💡 

 

Ann

紋章の王冠と碇の色は本当は青だけどね。

 

 

もうひとつの特徴が『マジパン』(マルチパン/Marzipan)が入っていること。

このもやもやしたのがマジパンなのですが、下にたまっているので飲むときはよく振ってから飲むそうです。

 

 

 

ドイツではビールは16歳から飲めるのですが、Krummeはスピリッツの一種ですので18歳から飲酒可能。

 

さてこのKrumme。

どういうときに飲むの?と友人に来たら、

友人代理

パーティー。そしてショットで飲む。

とのこと。

 

KrummeのFacebookにもたくさんのレビューがあったので見てみたのですが、

パーティーには欠かせないの飲み物!

超美味しい!

とか書いてありました 😉 

 

Ann

しかし15度のお酒をショットでパカパカ飲むのか…。

 

飲んでみた

うちにはショットグラスがないのでこんなので申し訳ないですが、まずショット(ストレート)で飲んでみました。

あと冷やしておくのが大事だそうです。そして飲む前にはよく振っておくことも忘れずに。

 

さて飲んだ第一の感想は…

Ann

んまい!!

 

割と甘くて美味しいです。

苦手の人も多いマジパンの味も少ししますが、そこまで味が気になりません(というか私はマジパンが苦手ではない)。

 

しかし、飲んだ直後は

Ann

おぉー、これは酔っぱらうね~。

めっちゃお腹が温かくなってカーってきますね 😆

これは手早く酔っぱらいたいときには良いのではないでしょうか(笑)。

私はもうだいぶアルコールが弱くなった気がするので、2杯ぐらいが限度かな~って感じました。

 

Ann

とかいって、後日ホームパーティーでガバガバ飲んでだw すきっ腹じゃななきゃ大丈夫みたい。

 

ほかの飲み方としてはビールと混ぜたり(?)、ロックで楽しんだりとできるようです。

私は炭酸水と割ってちょうどいい感じでしたが、友人には「ただの水」と言われてしまいましたw

 

終わりに

以上、デュッセルドルフの特産品『Krumme』のご紹介でした。

当初はデュッセルドルフ周辺での販売だったのが、ドイツ各地・世界へ販売されるようになった人気のアルコールです。

デュッセルドルフのバーやパプでもKrummeは提供されているそうなので、見つけたらご当地ドリンクをためしてみてはいかがでしょうか 💡 

 

購入したい場合はスーパーよりもドリンク専門店(Getränkegeschäft)に行くと見つけやすいと思います!

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

 

▼世界的に有名なドイツ生まれの高級ワインもおすすめです▼