【ミヒェルゼンのキャンディス】ドイツの氷砂糖で紅茶を飲みまくっている件

 

Hallo!日本ではきちんとティーサーバーを使って紅茶を入れていたのに、ドイツではティーバッグ一択になっているAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

Ann

少し前に実家のあまっていたティーサーバーを持ってきたのでドイツでも使い始めた👍

 

 

本記事は日本で大流行したドイツ・ハンブルクのデリカテッセンのお店『Michelsen』(ミヒェルゼン)の氷砂糖『Kandis』(キャンディスについてご紹介します 💡

 

これを紅茶にいれるとほんと~に美味しくて…。

めっちゃハマって冬は毎日飲んでます(笑)。

 

MEMO
Kandisはドイツ語で氷砂糖。日本ではキャンディスと呼ばれていますが、ドイツ語読みだとカンディスが近いです。ここでは日本に合わせてキャンディスと書きますね。

 

◇初公開日:2018年10月17日

 

Twitterから日本で人気に

 

以前から紅茶好きの方の間では有名だったようですが、この『かれん』(@shamotr)さんのツイートで人気に火が噴いたキャンディス。(かれんさん、ツイートの掲載許可ありがとうございます!)

 

ツイートのRTもいいねも凄い数ですよね。

かくいうドイツに住んでいる私も、このかれんさんのツイートでミヒェルゼンのキャンディスについて知った次第です(笑)。

(少し前にドイツで有名な氷砂糖があるって知っていたのですが、完全に名前を忘れていました)。

 

このツイートを見たときの私の様子を書きますと…

Ann

へーこんなんあるの。めっちゃ可愛いし、これからの季節に良いな~。

Ann

L.W.C Michelsen…HAMBURG…ってハンブルクって書いてある!ドイツのやつなん!!?

Ann

買い決定ー!!

 

という感じになり、いまにいたります 😆

 

L.W.C Michelsen(ミヒェルゼン)

ドイツ・ハンブルクの老舗デリカテッセン

『L.W.C Michelsen』(ミヒェルゼン)は北ドイツの大都市ハンブルクの老舗店。

創業は1814年にさかのぼり、ハンブルクでもっとも古くもっとも有名なデリカテッセンとのこと。

 

現在まで7世代にわたって経営されており、2014年には創業200年をむかえています。

その歴史の中では1911年、ときの皇帝ヴィルヘルム2世より王室御用達にも認定されました。

 

現在の取扱いの商品は氷砂糖Kandis以外にもハチミツやお菓子、調味料、ワイン、リキュール、などなど。

提供されているものの多くは高品質の食材を使って伝統的なお店のレシピに従い、ハンドメイドで丁寧に作られているそうです。

 

Ann

キャンディスを買うときにハチミツも見つけてこっちも欲しくなった!いろいろなフレーバーがあったよ!

 

ミヒェルゼンのキャンディス

通常スーパーで売られているKandisキャンディスはただの氷砂糖ですが、ミヒェルゼンのものはフレーバーシロップやリキュールなどに漬けられています。

 

一般的には紅茶に入れて楽しむもの。

アルコールが含まれているものが多いですが、アルコールが含まれていない商品も販売されています。

 

ドイツでキャンディスを実際に買ってみた

種類・値段

頑張って探して購入したキャンディスさん。

 

 

日本で買えるお店として有名なカルディでは4種類(アールグレイ、ラムブラウン、レモン、チャイ)のみの販売ですが、ドイツのミヒェルゼンの公式オンラインショップで登録されているキャンディスは70件を超えます。

 

一部ミニサイズ(50g)も含まれているので実際の味の種類はもう少し少ないですが、大変多くの種類がありますよね 😯

 

 

私が最初に買ったお店でもいろいろな種類があったのですが、私は『ラム』(RUM)と『オレンジ』(ORANGEN)味を購入しました。

 

値段は販売しているお店で異なりますが、一般的な250gの瓶で1個3€~4€ほどです。

日本では安くて1本1080円~からのようなので、ドイツでは半額くらいで買えます😉

 

見た目が可愛い

    

そしてなんといっても見た目が可愛い…!

そして高級感あふれていますよね~。

 

瓶なのでちょっと重いですが、ドイツ土産にも喜ばれるものではないでしょうか。

 

Ann

日本でなかなか手に入らない味とか選ぶのもいいよね!

 

キャンディスの使い方・飲み方

この宝石みたいな氷砂糖キャンディスは基本的には紅茶に入れて楽しむもの。

 

私の場合はストレートの紅茶(いつもアールグレイ)にティースプーン2杯分(1杯は氷砂糖、2杯目はシロップのみ)入れて飲むのがちょうどいい感じです 😉

 

Ann

混ぜるときの「カラカラッ」って音がまた良いんだよね~。

 

 

フレーバーの種類によってはホットワインやコーヒー、ホットミルク(豆乳)に入れて楽しんでも良いと思います 💡

 

Ann

アレンジは無限大や!

 

飲んだ感想

オレンジスライスとオレンジリキュールに着けられた『オレンジキャンディス』

 

まず、一般的なオレンジティーと全く違う味です 😯

しっかりとオレンジの味が感じられてのど越しがさわやか。(語彙力がなくて上手く伝えられない…とりあえず美味いです)。

 

氷砂糖のほんのりとした甘さとオレンジのさっぱりとした感じが好き。

 

蓋を開けるとアルコールの匂いがちょっと強いですが、飲んでみるとアルコール感はほとんど感じられません。

 

 

続きまして『ラムキャンディス』

私はどちらも好きですが、夫にはラムの方が好評でした。

 

ラム漬けシロップの氷砂糖って聞くと「アルコール強そう…。」とか、「ラム酒入りのスイーツとか苦手だからこれもなぁ…。」と思う方がいるかと思いますが、そんなこと全然ないです!

 

とても上品な味で飲みやすく、本当に美味しいですよ 😉

 

Ann

なぜなら強いお酒が苦手で、甘いものが大好きな夫が好きって言うぐらいだからね!

 

 

ラムキャンディス入りの紅茶を寝る前に飲んでいるのですが、体がぽかぽかになるので寒い季節はおすすめです!

 

 

ラムはブラックコーヒーに入れるとまろやかな味に。

ただ紅茶と同じティースプーン2杯だけだと、あまりキャンディスの味がしなかったので、もっと入れていいかなと思いました。

 

 

 

ミニバージョンのこちらは『カラメル キャンディス』。

私はホットミルクに混ぜて飲みますが、これも美味しいです!(これはノンアルコール)。

 

200mlぐらいの牛乳とキャンディスを2~3個マグカップに入れてレンジでチン。

これでホット・カラメルミルクの出来上がり😋

 

飲むとポカポカあったかで、疲れているときに本当に癒されます~!!

Ann

3個入れるとちょっと甘いかも!

 

他のフレーバーや違う飲み方もしてみたいと思います 😉

 

どこで買える?

日本

カルディでの販売から人気に火がついたミヒェルゼンのキャンディス。

日本では『カルディのキャンディス』と覚えられている方も多いのではないでしょうか 😆 

 

あとはオンラインショップでは見つけられませんでしたが、成城石井の店舗で購入されたという方も多いようなので、こちらも探してみるのも良いかもしれませんね。

 

気軽に手に入るのはAmazonや楽天などのECサイトの通販。

お値段はお店によるので要チェックですね!

 

ドイツ

  • デパートの食品売り場(Galeria KaufhofやKarstadtなど)
  • ティーショップ
  • ミヒェルゼンのオンラインショップ
  • AmazonなどのECサイト

いくらドイツの会社といえど、高級デリカテッセンの氷砂糖ですので普通のスーパーでは売っておらず、結構苦労して探したミヒェルゼンのキャンディス 😥

 

どこにでもあるかは保証できませんが、デパートなどちょっとお高めそうな食品売り場を探してみてください 💡

 

そういえば2018年にエッセンのクリスマスマーケットに行った際に、屋台のティーショップで発見してテンションが上がったのを覚えています(笑)。

もし今年行く人がいたらお店自体があるか分かりませんが、チェックしてみてください。お店の場所はブログを参考に👍

【グルメが豊富】光り輝くエッセンのクリスマスマーケット2019

 

注意
ドイツ語でKandis=キャンディス(独語読み:カンディス)は氷砂糖という意味なので、もしドイツで探すときは『MichelsenのKandisありますか?』と聞いてくださいね。
じゃないと普通の氷砂糖を探していると思われてしまうと思います~;

 

デュッセルドルフで買えるお店

デュッセルドルフだとSchadowstraßeのデパート『Karstadt(カールシュタット)のRewe』にありました!

このReweはKarstadtの入っているので通常のReweと異なり、ちょっと良いものが売っている系のスーパーです。

Ann

ようやく見つけたので、本当に嬉しかった泣。

 

あと後日、同じくカールシュタットの地上階のチョコレートショップでも発見。種類は少しだけですが、ここでも販売していました。

 

【Karstadt Düsseldorf Schadowstraßeの地図】

 

 

ちなみにあると思ったKarstadtの隣、Am Wehrhahnの『Galeria Kaufhof』の食品売り場にはなくてガッカリ…。

また、同じく「ここにはある気がする!」と意気込んでいった『EDEKA Zurheide』にもなかったでお知らせしておきます~ 😥

 

 

また、KönigsalleeのGaleria Kaufhofの地下にあるドイツの有名紅茶ブランド『Ronnefeldt』(ロンネフェルト)にでも発見!

KarstadtのReweとはまた違う品ぞろえでしたが、お値段が1€ちょっと高めでした。

 

Ann

Ronnefeldtもすごく好き。茶葉の香りがすごい良い!販売認定店舗があるから日本でも買えるよ。

 

【Ronnefeldtの地図】

 

 

デュッセルドルフ オーバーカッセル 和洋wayo

これは読者さんに教えていただいたのですが、オーバーカッセルの日本スーパーの『和洋』(Wayo)でも取り扱っていました。

 

小さいキャンディスのほか、ハチミツなどもありましたよ💡

 

【和洋(wayo)の地図】

 

 

L.W.C Michelsen公式サイト:https://www.michelsen-versand.de/

キャンディス kandis

キャンディス kandis  

ミヒェルゼンのオンラインショップはさすがの品ぞろえ。

店頭であまり見ることのないミニサイズのキャンディスも多くの種類があるので、在独の人はオンラインショップの利用も良いかもです。

 

 

キャンディス kandis

ドイツ国内とユーロ圏内は69€以上の注文で送料無料。

あとニュースレターを登録すると5€のクーポン券が利用できます💡

 

以前送料無料キャンペーンのときがあって、その際たくさん注文して日本へのお土産にしました🥰

Ann

さらに上の5€割引クーポンも使ったので大変お得に買い物できたよ(笑)。

 

EU非加盟国への配送もできるようですが、関税も負担しないといけないので日本から注文するのはちょっとおすすめできません。

 

終わりに

まさか日本で流行ってる氷砂糖がドイツのものだとは思いもよりませんでしたが、こうやって知って美味しいティータイムを過ごせることができて、ツイート主のかれんさんには本当に感謝です 😳

 

ミヒェルゼンのキャンディスがあれば紅茶が何倍にも楽しめるので、日本でもドイツでも見つけてみたらぜひ試してみてください 💡

 

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

 

 

 

ラムが一番好きかも?