アイフェルの真珠モンシャウ(Monschau)|Eifelの人気NO.1の観光地

f:id:DE39:20171202212707j:plain

 

Hallo!日本であまり有名じゃないけど、素敵なドイツの観光名所を広めたいAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

今回ご紹介するモンシャウは『die Perle der Eifel』(アイフェルの真珠)『rheinisches Rothenburg』(ルール地方のローテンブルク)とも呼ばれるそれは素敵なところ 😀

 

アイフェル国立公園の大自然に囲まれた小さな可愛い町の旧市街には、木組みの家が連なり歴史的な中世の街並みが見られます。

 

行き方は車のみとちょっとした秘境ですが、アーヘンの中心部からバスが出ているので観光客でも行けます。

記事の後半に行き方も書いているので参考にしてくださいね。

 

機会があればぜひとも行ってほしい観光名所です 💡

 

モンシャウについて

『モンシャウ』(Monschau)はドイツ西部のノルトライン=ヴェストファーレン州に所属しており、世界遺産アーヘン大聖堂があるアーヘン(Aachen)から南に約30kmの山間部にある町です。

 

ドイツの国立公園のひと『アイフェル国立公園』(Nationalpark Eifel)の玄関口に位置しています。

 

日本のガイドブックに掲載されているのを私は見たことがありませんが(今後載りますように…!)、モンシャウはドイツでは有名な観光名所です。

 

 

f:id:DE39:20171202212419j:plain

観光の中心地であるモンシャウの旧市街には『Rur』(ルーア)川が流れ、緑に囲まれたこの町中を散策すればあちこちで可愛らしい木組みの家々を見ることができます。

 

次に旧市街の観光スポットを簡単にご紹介!

 

旧市街の観光スポット

モンシャウ城

f:id:DE39:20171202213607j:plain

f:id:DE39:20171202213652j:plain

まずは町の高台にある『モンシャウ城』(Burg Monschau)。

ここからの町の景色はとても素敵です。

 

 

f:id:DE39:20171202213841j:plain

お城へは旧市街の最寄りのバス停からベルク通りを進んで行けば着きますし(丘の上を目指す感じ)、階段を上ることになりますが旧市街の中心地からシュロスベルク通りを進んで上ることもできます。

 

まぁ、とりあえず上記のようなお城の円塔を目指せばすぐ着くので大丈夫 😆

 

 

一見廃墟のようですが、現在お城の一部はユースホステルになっており人気があります。

また、敷地内は夏のモンシャウフェスティバルでクラシックコンサートの舞台にもなるんですよ~ 💡

 

公式サイト:DJH Burg Monschau

 

Rotes Haus(赤い家)

つづいては、モンシャウの旧市街で一番有名な観光スポット。

それがこの赤く立派な建物『Rotes Haus』(赤い家)。

 

この建物は繊維メーカーを営む『Johann Heinrich Scheibler』によって住宅兼オフィスとして1752年に建てられました。

 

18世紀の建物ですが、外見を見るだけでもとても立派ですよね 💡

現在は博物館になっており、ロココ調の豪華な内部を見ることができます。

 

基本情報

 

 

ルーア川からの家並み

f:id:DE39:20171202212655j:plain

そして私が旧市街で一番好きな景色がこのルーア川に架かる橋から眺める家並み!!

 

お天気が優れないのでちょっと写真が暗めですが、この可愛らしい木組みの家が並んでいる姿は本当に素敵です 😉

この景色はモンシャウに来たのなら必ず見たいもの。

 

私の2度のモンシャウ訪問はどちらもクリスマスマーケットの時期なので、次回はぜひ天気が良い夏の時期に来て、この景色を見たいと思っています。

 

旧市街全体を散策

f:id:DE39:20171221213809j:plain

f:id:DE39:20171221213907j:plain

そのほか教会やお土産屋さん・雑貨屋さんもあるので、ゆっくり町の散策がおすすめです。

 

 

こんなにたくさんのアヒルちゃんが並んでいるお店もありました。

 

Ann

この種類の多さは結構レア。

 

 

アヒルさんはドイツ土産の定番のひとつですので、お気に入りの子がいたらお迎えのチャンスです!

このお店は旧市街の入り口近くにありました。

 

 

f:id:DE39:20171202213722j:plain

f:id:DE39:20171202212732j:plain

メイン通りにはお店がたくさんありますが、路地裏もおすすめ。

こちらもとても可愛らしい町並みが見られます。

 

飲食店やホテルについて

レストラン・カフェ

f:id:DE39:20171202212513j:plain
『Café Am Roten Haus』

コンパクトな旧市街ですが、町中には多くのレストランやカフェがあるので、きちんとした食事やちょっとした休憩も問題はありません。

 

そしてモンシャウ観光で人気なのがカフェでのカフェタイム。

 

Rote Hausの近くにある可愛らしい外観の『Café Am Roten Haus』公式サイト)や《ドイツ最高のコンディトライ&カフェ111》にも選ばれたマルクト広場の『Café Kaulard』公式サイト)などが特に人気があります。

 

美味しそうなスイーツを堪能しちゃってください!

 

ホテル


左:中心部に位置する人気3つ星ホテル『ホーヒェム ホテル

 

大型ホテルはありませんが、小規模ながらホテル自体は結構あります。

旧市街の周りはとくに何もないので(というか周りは大自然)、旧市街観光で泊まるなら中心部がおすすめです。

 

特にクリスマスマーケットは夜が美しいのですが、モンシャウからアーヘンに向かうバスの時間を気にしないといけないので、夜のクリスマスマーケットを堪能したい人は宿泊した方が良いでしょう。

夏やクリスマスマーケット時期は早めの予約が好ましいですよ!

 

お土産

お土産はマスタード

f:id:DE39:20171202213916j:plain

モンシャウのお土産といえば一番最初に出てくるのが『Senf』(ゼンフ)。

Senfはマスタードのことです 💡

 

 

f:id:DE39:20171202213929j:plain

f:id:DE39:20171202214002j:plain

旧市街でも買えますが、マスタードを買うならおすすめなのが旧市街から少し離れた場所にある『Senfmühle Monschau』の本店。

 

 

f:id:DE39:20171202214019j:plain

こちらのお店は1882年からマスタードの販売を開始。

創業から100年以上たった現在はオリジナルマスタードやハニーマスタード、オレンジ、ニンニクなどなんと計22種類のマスタードを販売しています。

 

Ann

こんなに多くの種類のマスタードを見るのははじめて!ってぐらい、たくさんの種類があったよ。

 

こちらの本店ではマスタードの試食ができるので、私は友人たちとどれを買うか長考しながらいろいろ試食をさせてもらいました。

きっと「早くしろー」と店員さんは思っていたかも…?

 

でも購入するときは笑顔で対応してくれて、ありがとうございます~。

 

 

f:id:DE39:20171221214641j:plain
私が購入したりんご西洋わさびマスタード(でも美味しかった)

 

容器が可愛いので食べ終えたあとに何かに利用出来そうです。

ちょっと大きいな…という人は小さめのサイズもあります。

 

営業時間

 

モンシャウへの行き方

アーヘンからバス

さて、モンシャウへは電車では行けません。

で行くか公共交通機関だとバスを利用することになります。

 

モンシャウの旧市街への最寄りバス停名は『Parkhaus, Monschau』です。

 

注意
DB(ドイツ鉄道)のオンライン検索などで調べる際は、《Monschau》でいくつか候補が出てくるので『Parkhaus, Monschau』で調べてください。

 

私ははじめて行った際は車、二度目はバスで行きました。

ここでは公共機関であるバスでの一般的な行き方についてご紹介します。

 

デュッセルドルフ・ケルン方面から行く場合

  1. 電車(RE)に乗り『Aachen-Rothe Erde』駅で降車
  2. バス66番に乗り換えて、最寄りのバス停『Parkhaus, Monschau』で下車

Aachen-Rothe Erde駅からモンシャウまで約1時間ほどバスの旅になります。

 

アーヘン中央駅からモンシャウまで直通バスは出ていないので、デュッセルドルフやケルンから向かう場合はアーヘン中央駅に行く必要はありません。

デュッセルドルフ中央駅からは電車移動を含めてモンシャウまでだいたい片道3時間、ケルンからは片道2時間30分ほどです。

 

お得な切符

SchönerTagTicket NRW 1名用30.5€、グループ用45€(5名まで)

鉄道・バス・トラム・メトロが利用可能な州内乗り放題切符です。

 

片道切符を買うよりはだいぶお得。

グループ用は45€で最大5名が利用できるので、一人9€という信じられない安さで行けます。

 

 

 

アーヘンの中心地から行く場合

  1. 町の中心部にあるバスターミナル『Bushof, Aachen』からバス66番に乗車
  2. 最寄りのバス停『Parkhaus, Monschau』で下車

バスターミナルからモンシャウまで約1時間10分ほどバスの旅になります。

アーヘン大聖堂からも徒歩圏内なので、アーヘン観光をしてから向かう場合などはこちらからが便利です。

 

このバスターミナルは内外にいくつかバス停がありますが、バス66番は建物内の真ん中らへんにバス停がありました(2017年11月現在)。

探す時間を見越して少し余裕をもってバス停に向かいましょう。

 

バス運賃・お得な切符など

  • 片道券(Einzel-Ticket)@5,40€
  • 4回券(4-Fahrten Ticket)@20,40€
  • 一日券グループ用(Minigruppen-Ticket)@21.20€

※料金形態はPreisstufe 3

※券売機やバスの運転手からも購入可能

アーヘンの中心部~モンシャウまでのバス片道は大人@5,4€。

ひとりだと単純往復する場合、一日券を買うより片道券を買う方が安いです。

 

2人の場合は4回券か一日券グループ用、3人~5人だと一日券グループ用がお得かと思います。

 

詳しくはASEAGの公式サイトを確認ください。

 

終わりに

以上、自然に囲まれた歴史ある町『モンシャウ』のご紹介でした!

 

大変可愛らしい町でのんびりするには最適な場所です。

とても癒されますよ 😉

 

そしてモンシャウはクリスマスマーケットが大変有名です。

『ドイツで最もロマンチックなクリスマスマーケット』とも呼ばれるモンシャウのクリスマスマーケットも、ぜひおでかけください。

 

それでは(=゚ω゚)ノ