【パン粉PANKO】ドイツのスーパーでも日本風のPaniermehlが買えるようになったぞ

REWEブランドのパン粉Paniermehl

Hallo!揚げ物は好きだけど、たくさんは食べられなくなってきたAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

Ann

年を感じるね。

まぁそんなことはおいておいて、本記事ではドイツのスーパーでも日本風のパン粉が買えるようになって嬉しいというお話です。

それではどうぞ😉

ドイツの一般的なパン粉

パン粉はドイツ語 で『Paniermehl』

一般的にシュニッツェルやお魚のフライとかに使われる訳ですが、日本のパン粉と違ってかなり細かいです。

Ann

日本のパン粉とぜんぜん違うよね。

なのでコロッケやエビフライなどを作りたいときは、日本食材店やアジアンスーパーで日本(風)のパン粉買うか自分で作るかでした。

日本のパン粉は結構高く、韓国のものは結構安いです。

Ann

ドイツのパン粉を使って和食のフライ料理を作るとコレジャナイ感が半端なかったぜ。
でもくっきやすい利点はある。

しかーし、最近ドイツのスーパーでもパン粉が買えるようになったんですよね♬

REWEで見つけた日本風パン粉PANKO

左:韓国のパン粉
右:REWEブランドのパン粉

じゃーん。

なんとREWEで日本風のパン粉が買えます💡

左の韓国のパン粉はアジアンスーパーでよく見るものです。

Ann

日本のパン粉より粒が丸い感じ。

ちょうど先日コロッケを作りたかった日があったのですが、パン粉がきれていて買いに行かなくてはいけませんでした。

しかし、『それだけのために日本食材店に行くのは面倒くさい…。』と思ったので、韓国のパン粉をREWEに買いに行ったのですが、そしたら見つけたのがこれなんです。

Ann

REWEブランドのパン粉!

REWEブランドのパン粉なんてあったんですね~。 このときはじめて知りました。

ただREWEのパン粉は容器の中身が見えないため、無難に韓国のを買った方が良いか迷いました。

まぁ好奇心に負けてREWEブランドのパン粉をチョイス。

家に帰って開けてみると、ほとんど韓国のものと変わらない粗さでした!

Ann

おっこれは良いぞ!!
値段の比較
  • REWEブランドのパン粉: 140g = 0,99€(100g = 0,71€)
  • 韓国のパン粉: 200g = 1,99€(100g = 1,00€)
MEMO
もしかしたらアジアンスーパーで韓国のパン粉はもっと安く買えたりするかもですが、覚えていないのでREWEの販売価格だけ書いておきますね。

REWEブランドのパン粉でコロッケを作ってみた

https://twitter.com/Ann01110628/status/1179504034031587328?s=20

ということで、買ったパン粉を使って作ったコロッケがこちらです。

韓国のパン粉と同じく日本のパン粉に比べると少し粒が丸くて、大きさも均一ではないのですが、なかなかいい感じに作れました💡

Ann

これからはREWEブランドでも良いかなー(笑)。

終わりに

以上、『ドイツのスーパー(REWE)でも日本風のパン粉が買えるよ!』というご紹介でした💡

手軽に買えるようになって嬉しいです😋

それでは(=゚ω゚)ノ

これ卵を付けなくて良いパン粉だそうです。楽ですよね~。

今度日本に一時帰国したときに、この『日清のラク揚げパン粉』を買って試したいと思います(笑)。

Ann

でもコロッケには向かないらしい。肉やエビとかはOK。