【コロナ禍の日本帰国】空港検疫の流れ|要陰性証明・検査・隔離など

Hallo!ドイツ在住のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

現在全世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響により、日本は水際対策として日本人をふくむ入国者に対しての検疫を強化しています。

さらに2020年冬からは変異種ウイルス(以下、変異株)の感染拡大を受け、新たな水際対策措置が追加となっています。

私は今のところ帰国予定はありませんが、いつ帰国しなくてはいけない状況になっても問題ないように現在の帰国時の検疫ルール(陰性の検査証明書や公共交通機関の不使用、14日間の自主隔離など)についてまとめてみました。

Ann

難しい言葉が多かったりするので、官公庁の発表を見つつなるべく分かりやすくまとめてみた

日本の空港における入国・帰国時の検疫について

大まかな流れと水際対策(検疫強化)はいつまで?

日本に入国するすべてのものが対象(日本人含む)
  1. 出国前72時間以内の陰性の検査証明書の提出
  2. 誓約書や質問票Webなど必要書類の提出
  3. スマートフォンの所持と必要なアプリのインストール
  4. コロナ検査→陰性の方は入国審査へ
    ※注意※変異株流行国・地域英国・南アフリカ・ドイツほか29ヶ国】からの入国・帰国者は空港での検査+入国後指定場所で入国後3日間待機、その後に再検査になります(後述します)。
    ※注意※変異株流行国・地域インド、パキスタン、ネパール】からの入国・帰国者は空港での検査+入国後指定場所で入国後最低6日間待機が必要となります。また、入国後3日目および6日目に再検査になります(後述します)。
  5. 公共交通機関の不使用(検疫所で移動手段の報告要)
    ※入国後14日間の待機場所への移動時
  6. 入国後14日間の自主待機(隔離)(検疫所で待機場所の報告要)
  7. 保健所との健康確認や位置情報の保存など

大まかにいうと現在日本人をふくむ日本に入国するすべての人はこれらの検疫措置が対象になります。

検査証明書や誓約書以外は以前からありましたが、新型コロナウイルスの変異株の感染拡大、日本の緊急事態宣言が発令したため追加および対象範囲が広くなりました。

日本に帰国予定のある方は、現状この新しい検疫の追加措置(検査証明書や誓約書を提出したり)は今のところ『日本の緊急事態宣言が解除されるまで』対象となるのでご注意ください。

注意

緊急事態宣言の解除後も、上記の措置は当面の間は実地することが決定。現在も実地中。

また、日々変更点が発表になったりするので最新の情報を確認するのを忘れずに!

Ann

なるべく私もアンテナをはって変更された部分があれば更新頑張る

つぎに①~⑥についてそれぞれ説明していきます。

成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港の検疫所ホームページに各検疫の流れなどの説明が載っているのでご参考ください(情報が古い場合がありますが、参考にはなるかと)。

1. 出国前72時間以内の陰性の検査証明書の提出(出国前とはいつ?)

出国前72時間以内の陰性の検査証明書の提出
  • 検査時間が出国前=搭乗する航空便の出発時刻前の72時間以内
  • 所定のフォーマットまたは必須事項が記載された任意フォーマットでの提出
検査方法の指定(下記のいずれか)

【核酸増幅検査】(Nucleic Acid Amplification Test)

  • real time RT-PCR法(real-time reverse transcription PCR)
  • LAMP法(Loop-mediated Isothermal Amplification)
  • TMA法(Transcription Mediated Amplification)
  • TRC法(Transcription Reverse-transcription Concerted reaction)
  • Smart Amp法(Smart Amplification process)
  • NEAR法(Nicking Enzyme Amplification Reaction)

【その他】

  • 次世代シーケンス法(Next Generation Sequence)
  • 抗原定量検査(quantitative antigen test) ※抗原定性検査は不可
採取検体の指定(下記のいずれか)
  • 鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swb)
    ※鼻咽頭(読み:じょういんとう)
  • 唾液(Saliva)

まず滞在国(地域)を離れる前に用意をしないといけないのが、こちらの出国(航空機出発時間)72時間以内に受けたコロナ検査の陰性の検査証明書』。

日本に入国する際、検疫所に提出が必要になります。

注意:以下の方法は認められません
  • 【検査法法】抗原検査(antigen《test/kit》)×、迅速高原検査(rapid antigen《test/kit》)× など
  • 【採取検体】口腔ぬぐい液(Oral Swab)×、喉咽頭ぬぐい液(Throat Swab)×、鼻腔ぬぐい液(Nasal Swab)×など
  • 【採取日時の記載】採取日の記載はあるが、採取時間の記載がない場合×
  • 【検査時間】検査結果が出国前72時間以内の場合×
検査証明書の不所持者は入国不可

日本政府の新たな水際対策措置により、2021年03月19日以降に検査証明書を持っていない人は入国不可に。航空機への搭乗は拒否されます。

いままでは提出ができなくても検疫所が確保している宿泊施設などで指定日数余計に待機することで入国は可能でしたが、上記の措置が順次実地ということなので必ず取得するようにご注意ください。

陰性の検査証明書のフォーマット(書式)や検査方法の指定について詳しくは、厚労省のホームページ『検査証明書の提示について』に記載があります。

また、必須事項がすべて記載されていれば任意のフォーマットでも大丈夫です。

つまり、日本政府の定める所定のフォーマット(または必須事項を記載した任意のフォーマット)で検査結果をもらえる医療機関を探し、かつ出国(フライト出発)前72時間以内に検査を受け、そしてフライトの搭乗前までに検査結果を受け取ることができるかが必要になります。

Ann

これは結構大変そうだな…。
MEMO
ちなみにドイツ在住の方は在ドイツ日本国大使館のホームページでドイツ国内で検査が受けられる一部の機関の紹介がされています。フォーマットへの記入可否もあるので参考にしてください。

2. 誓約書や質問票Webなど必要書類の提出

入国時に提出が必要
  • 誓約書】日本の検疫措置を遵守する旨の誓約書/こちら
  • 質問票Web】海外滞在歴や日本滞在時の情報などを入力しQRコードで提出/詳細回答入力画面※・Q&A記入方法
    ※回答入力画面は日本語ほか、英語(ENGLISH)・中文(繁體/简体)・韓国語(한국어)・ベトナム語(Tiếng Việt)・タガログ語(Tagalog)・インドネシア語(Bahasa Indonesia)・タイ語(ภาษาไทย)・ポルトガル語(Português)・スペイン語(Español)に対応
    ※内容が更新されることがあるので質問票の提出について最新情報はこちらから確認ください

誓約書と質問書Webについては事前記入(誓約書は要印刷)、事前登録が可能なので自宅や搭乗前にすませてしまうのがいいと思います。

また、質問書Webについては事前登録後のQRコードを提示できないと搭乗手続きができない航空会社があるようなのでご注意ください(在ドイツ日本国大使館ホームページに注意喚起あり)。

上記以外にも到着空港によってさらに必要な書類がある場合もありますので、到着時に確認ください。

なお、誓約に反した場合は停留の対象や、日本人の場合は氏名などが公表される可能性があります。

3. スマートフォンの所持と必要なアプリのインストール

必要なアプリ
  1. OSSMAのインストール(位置情報確認アプリ)
  2. Skypeのインストールとサインアップ(ビデオ通話アプリ)
  3. スマートフォンの位置情報保存設定(GoogleMapsなどの設定)
  4. COCOAのインストール(接触確認アプリ)

(2)空港の制限エリア内において、ビデオ通話及び位置確認アプリのインストール並びに誓約書に記載された連絡先の真正性の確認を実施します。

(3)(2)に際し、スマートフォン不所持者については、スマートフォンを借り受けるよう求めます。

外務省ホームページ-新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(9)

2021年03月05日に決定した日本政府の新たな水際対策措置により、入国者に対する措置がより強化となりました。

入国後14日間の待機中の健康フォローアップ(位置情報の確認やビデオ通話)にはアプリが必要となるので、持っていない人は事前にスマートフォンを所持しておかねばなりません。

アプリがインストールされているかの職員による確認は、羽田空港・成田空港第二ターミナルから3月18日以降、そのほかの空港も順次実地予定とのことです。

万が一事前にスマートフォンの準備ができない人は、入国前の空港内でレンタルをすることになります。

レンタル料は実費でクレジットカード払いとなります。

空港の検疫エリアでスマートフォンのレンタル可能な会社(3月25日時点)

4. 空港のコロナ検査の流れ(英国・南アフリカなど変異株流行国・地域からの入国者は+3日待機後に再検査、インド・パキスタン・ネパールからの入国者は+3・6日待機後に再検査

すべての入国者が空港でコロナ検査
  • 【検査方法】みずから唾液を採取する(難しい場合は鼻の奥の粘膜)
  • 検査結果判明までの待機場所と時間】検疫所長が指定する待機場所(主に空港内)で待機。結果は現地職員よりあり。検査結果までは約1~3時間。状況により時間は前後する

検査結果が陽性の場合👇
指定の医療機関や療養施設等で隔離・待機へ

検査結果が陰性の場合👇

  • 変異株流行国・地域以外からの入国者】公共交通機関を使わず移動し、入国後14日間隔離(自主待機)
  • 変異株流行国・地域英国、南アフリカアイルランドイスラエルブラジルアラブ首長国連邦、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、スロバキア、デンマーク、ドイツ、ナイジェリア、ブラジル、フランス、ベルギー、エストニア、チェコ、パキスタン、ハンガリー、ポーランド、ルクセンブルク、レバノン、ウクライナ、フィリピン、カナダ(オンタリオ州)、スペイン、フィンランド※米国(テネシー州、フロリダ州、ミシガン州、ミネソタ州)、インド、ペルー※》からの入国者検疫所が指定する宿泊施設で入国後3日間隔離(待機)。そして再検査し、陰性であれば公共交通機関を使わず残りの合計14日間の隔離(自主待機)場所へ移動可能。
  • 変異株流行国・地域《インド・パキスタン・ネパール》からの入国者
    検疫所が指定する宿泊施設で入国後最低6日間隔離(待機)。再検査については入国後3日目および6日目に実地し、どちらも陰性であれば公共交通機関を使わず残りの合計14日間の隔離(自主待機)場所へ移動可能。
インド・パキスタン・ネパールからの検疫強化は5月10日00時から実地
MEMO

入国後●●日間とは入国日の翌日から起算します。つまり入国日(到着日)は0日とし、次の日が1日目です。
【例】入国後3日間の場合=入国日:1月1日/入国後3日目:1月4日

5. 公共交通機関の不使用※空港→待機場所への移動時

陰性の検査結果が出たあとは入国審査をし、14日間の自主待機(隔離)に入りますが、自分が用意した待機場所(実家やホテルなど)に行くまでは公共交通機関は利用できません。

この公共交通機関には『鉄道、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船』などが含まれます。

たとえば成田空港に到着し、待機場所としての実家が関西圏であった場合は、成田空港からレンタカーや家族などに迎えにきてもらい自家用車で移動するなどの対応が必要です。

そのほかハイヤー手配や、最近導入された入国者・帰国者専用のバスや鉄道サービスなどもあります。

参考リンク

6. 14日間の自主待機(隔離)の場所・期間と数え方(いつまで?)

自宅、社宅、親戚の家、友人の家、マンスリーマンション、ご自身で予約したホテルなどが対象になります。
(宿舎などのトイレやお風呂など、複数の人が共同で使用する場所がある施設は対象外)

厚生労働省ホームページ-待機場所について(ビジネストラック・レジデンストラックを除く)

入国後の14日間の待機(隔離)は自宅や自身で確保した宿泊施設で対応することになります。

ホテルなどの場合は実費です。

MEMO
入国後●●日間とは入国日の翌日から起算します。つまり入国日(到着日)は0日とし、次の日が1日目なので、到着日を含めると15日目が待機(隔離)終了日になります。
【例】入国後14日間の場合=入国日:1月1日/待機(隔離)終了日:1月15日

7. 保健所との健康確認や位置情報の保存など

  • 保健所などからの健康状態のフォローアップに14 日間対応
    (LINEや電話、メールなど)
  • インストールした接触確認アプリの14 日間利用する
  • 位置情報を保存する

上記のように14日間の待機(隔離)中に保健所から健康状況のフォローアップ(確認)に対応しなくてはなりません。

(5)厚生労働省において全ての入国者を対象とする「入国者健康確認センター」を設置し、当該センターにおいて入国者に対し、入国後14日間の待機期間中、健康フォローアップを実施します。具体的には、位置情報の確認(原則毎日)、ビデオ通話による状況確認(原則毎日)及び3日以上連絡が取れない場合等の見回りを実施します。

注)従来、変異株流行国・地域からの入国者に対して行っていた健康状態のフォローアップについて、対象者を拡大するとともに、フォローアップ内容を強化します。

外務省ホームページ-新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(9)

さらに2021年03月05日に決定した日本政府の新たな水際対策措置により、フォローアップの内容がより強化となりました。

ビデオ通話や位置情報の確認は原則毎日行われ、3日以上連絡が取れない場合は見回りもするとのことです。

つまりスマートフォンでインターネットを利用できるようにしておかねばいけませんし、日本の電話番号で通話もできた方が良いですね。

緊急時にすぐ電話連絡をとれたり、かけられたりするように一時帰国の方などは日本で音声通話ができるSIMカードを購入しておくと良いかもしれません。

気軽に通話を発信&着信できる電話番号があると本当に便利です。特に着信。一度使うとありがたみが分かりました。

ジャパンSIMカードだとソフトバンク回線を使うので自分の携帯電話番号が入手でき、インターネットも利用できるのでおすすめです。海外の自宅住所までSIMを送付してくれます。

【ジャパンSIMカード】日本一時帰国におすすめ!電話番号付きで音声通話OK

また、インターネットだけ使えればいい、という方はレンタルWIFIがあるといいですね。

【Wifiレンタルどっとこむ】 は有名なのと安いので私もWIFIをレンタルするならここを使ってます。

空港で受け取りもできるので、帰国後早々にインターネットが使えるので便利ですよね。電源を入れるだけで設定などは必要ないですし。

Wifiレンタルどっとこむは国内用レンタルWIFI3年連続NO.1らしいです。空港の検疫エリア内でスマートフォンのレンタル対応している会社である株式会社ビジョンが運営しています。

公式サイトはこちら

あと私は利用したことがありませんが、国内のレンタルWIFIだと『NETAGE』さんとかも有名です。

ただ空港受取りはやったいないみたいですね。宅配受取りはあります。

いろいろなレンタル会社さんがあると思いますがご参考まで。

日本国内用のレンタルWIFIの会社

厚生労働省など官公庁の参考リンク

終わりに

以上、日本入国時・帰国時の検疫についてのまとめでした。

この記事がお役に立てたなら幸いです。

それでは(=゚ω゚)ノ

間違いがないようにと気を付けてはいますが、本記事の正確性は保証しかねます。各内容については外務省・厚生労働省の最新情報をご確認ください

外国人に対する日本の水際対策

【新型コロナ】日本の外国人に対する入国制限|水際対策はいつまで?