【キルメス2018】デュッセルドルフのライン川最大の移動式遊園地は…ヤバい!

 

Hallo!絶叫系のアトラクションが顔に似合わず乗れない(とよく言われる)Ann(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

なんで怖いのにみんなが乗るのか理解できない!

 

そんな私ですがこの記事ではデュッセルドルフの夏の風物詩『Rheinkirmes』(ラインキルメス)という遊園地についてご紹介します。

 

ラインキルメスはデュッセルドルフで例年7月中旬から開催される移動式遊園地のことです。

 

Ann

移動式遊園地か。みんな騒いでるけどたいしたことないだろ。

と思っていた私。

 

よく見る小さいメリーゴーランドなどの子供向けのアトラクションや、ゲームがあるぐらいだろ~と数年前にはじめて訪れてみたら、あまりの規模の大きさに度肝を抜かれました(笑)。

 

本当にすごいから見て~!

 

デュッセルドルフの夏の風物詩:ラインキルメス

ライン川沿いのキルメスとしてドイツ最大


(入り口からしてすごい)

 

オーバーカッセル側のライン川沿い、Oberkasseler Brücke と Rheinkniebrückeの間の約165,000㎡の広さに現れる『Die Größte Kirmes am Rhein』

園内は歩き疲れるぐらい本当に広いです。

 

名称ですでにライン川のキルメスとしては最大の規模を誇ることを表していますが、2017年の来場者数はなんと述べ390万人

ドイツ国内の伝統的な市民のお祭りの中では、オクトーバーフェストに次ぐ2番目に大きなお祭りと言われています 💡

 

Ann

なんで移動式遊園地が国民的お祭りなの??

と当初思いましたが、キルメスはもともとは教会の開基祭りが起源となり、約700年の歴史があるお祭りとのこと。

いつのまにかこんなに大規模になったようですが、街中で行われる伝統的なパレードも有名です 💡

 

移動式とは思えない絶叫系のアトラクションたち

絶叫系が乗れない私としては、ありえないほど怖そうなアトラクションがたくさんあります 😯

フリーフォール系は2つもあって、60mと85mかな?と結構な高さです。。。

 

Ann

こんなんとか乗る人の頭おかしいやろ・・・。

もう私は見るだけで寒気が… 😆

 

しかし見てて、

Ann

これは本当に移動式か・・・?

って思いません??

びっくりしますが、これぜんぶ移動式なんですよ 😆

 

 

もちろん園内には子供向けのアトラクションや、射的や景品付きのくじ、輪投げといったゲームもあるので老若男女問わず楽しめるものがあります。

 

デュッセルドルフ市内はもちろん国外からも来ているので、遊園地内は人でた~くさん。

ほとんどのアトラクションに乗れない私でも、いろいろあるので歩いているだけで楽しい空間です😀(頑張れば乗れるかもしれないけど、乗らない!)

 

 

そんな私が唯一乗ったのが観覧車(笑)

これなら怖くないかなーと!

 

そうそうドイツの観覧車って周るスピードが日本よりだいぶ早いんです。

日本の観覧車より2倍ぐらいの速さだったかと思いますが、だからか1度の乗車で5周ぐらいしてくれましたw

 

お値段は1人7€とちょっとお高めだけど、暗くなってから乗ったので夜景がとても素敵でしたよ 💡

 

MEMO
キルメスのアトラクションの代金は基本、各窓口で現金で支払います。

だいたい各アトラクションは一人3~7€ぐらいだったと思いますが、たくさん乗る人は結構お金がかかります!

でも安心してください。園内にはATMが置いてあります(散財する罠)。

私の友人はキルメスで合計300€は使ったと言っていましたし、園内にあるATMの行列がそれを物語っていました 😎

 

Ann

友人よ、どんだけ行ってんねん。

 

種類豊富な飲食施設も多数

食事をとれる場所や屋台もかなりの数があり、グルメが満喫できるのも楽しみのひとつです。

そして至るところでわいわいとビールを飲んでいる人がおり、アトラクションに乗らずとも楽しい雰囲気を味わっている人も多数います( ̄▽ ̄)

ビアガーデンのような広場もありました。

 

 

これはシャンピニオン(西洋マッシュルーム)を煮たもの。

 

Ann

シャンピニオン料理美味しいよー!

 

 

こちらはB級グルメのカリーヴルスト。

 

Ann

大好き!!

 

 

国民的軽食の『ポメス』(フライドポテト)とデュッセルドルフの地ビール『アルトビール』。

 

Ann

このコラボは鉄板。

 

 

インパクトが強すぎて忘れる事のないトウモロコシの屋台 😆

 

Ann

噛むと甘くジューシーでとっても美味しかった!。

今年も見つけたら食べたいです♪♪

 

 

 

すごい数のじゃがいもに目を引かれて買ったのが『Backkatroffeln』(バックカルトッフェル)。

ベイクドポテトですね。

 

Ann

ほくほくのじゃがいもwithチーズはヤバい。

 

ドイツのじゃがいも本当に美味しいから、こちらもお試しを!

 

 

ドイツ料理以外に国際的な食べ物の屋台もあります。

こちらが私の大好きなハンガリー料理の『ランゴス』

揚げた生地の上にお砂糖やヌテラなどかけてスイーツ感覚で食べても良いし、チーズやベーコンなどで食事感覚で食べてもOKなもの。

このときはトッピングにチーズを選び、ニンニクソースとパプリカソースをたっぷりかけてもらいました♪

Ann

食感が「さくっ!ふわっ!」で、油で揚げているのに脂っこくナシ。

 

そしてかけてもらったニンニクとパプリカのソースがかなり美味しかった思い出です。

2人でちょうど良いぐらいの大きさでした。

 

 

▼ドイツの屋台グルメは美味しいぞ!▼

 

 

あと生演奏が見れるライブ会場もいくつかあり、年配の方のノリノリダンスが見れる確率がかなり高いです。

 

Ann

ドイツの年配の方は本当に元気!!

 

開催&営業期間<2018年>

開催期間

7月13日(金曜日)~22日(日曜日)

MEMO

  • 7月16日(月)17:00~ ピンクマンデー(同性愛者のイベント)
  • 7月20日(金)22:30~ 花火大会
    ※ほかイベントは公式サイトで確認ください

 

営業時間

  • 月曜日~金曜日 14:00~
  • 土曜日 13:00~
  • 日曜日 11:00~

MEMO
営業終了時間は知らないのですが、深夜まで営業しています。
夫がドイツ人の友人たちと遊びに行ったときは深夜1時で先に帰り、彼らは3時までそこで飲んでいたそうなので、アトラクションは分かりませんが飲食系はだいぶ遅くまではやってるかと。

 

場所・行き方

場所

オーバーカッセル側のライン川沿い

Ann

普段はな~んにもなく、人が寝転んでたり放牧された羊がいたりするところだから驚くよね(笑)

 

行き方

最寄り駅:地下鉄Uバーン『Luegplatz』駅からすぐ

中央駅からだとHeinrich-Heine-Allee方面のU70・74・75・76・77で行けます。

Luegplatz』駅の目の前、かつ巨大なアトラクションが目に入るので迷いません(笑)。

 

切符についてはデュッセルドルフ中央駅からだと約7分の乗車で片道@2.8€。

2人~5人で行く場合なら24時間券がお得です。(一人でも3回乗ればお得)。

 

 

深夜まで楽しめる遊園地

ドイツの夏の日照時間は長く(この写真で20時過ぎです)、この時期は夜の22時前ぐらいまで明るいので子連れの方もいっぱい。

普通に深夜まで小さい子がいるので、日本とまた違った風景ですね💦。

 

また、アトラクションに乗らなくても全く問題なく楽しめますから、アトラクションが苦手の方にもキルメスはおすすめです 💡

 

 

最後に旧市街側のライン川からパチリ。

 

機会があればぜひ行ってみて下さい。

それでは(=゚ω゚)ノ

 

公式サイト:Größte Kirmes am Rhein