【ドイツのトイレ】男性用?女性用?男女の見分け方を覚えておこう!

 

Hallo!はじめてドイツに来るときは本当にこれを知っておいた方が良いと思うAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

ドイツのトイレは基本有料であることはご存知の人が多いですよね。だいた50¢~1€の金額がかかります。

空港や一公共施設など一部の施設は無料で利用できるところもありますが、ほとんどが有料です。

 

でも今回のテーマはそこではなくて『ドイツのトイレの男女別標識の見分け方』!

 

知らないとどちらが男性用なのか女性用なのか分からないと思うので、意外と重要なお話です 😎 

 

ドイツ語でトイレは何て言う?

ドイツ語でトイレは『Toilette』(複数形Toiletten)。『WC』でも通じます。

駅やお店でトイレを探すときは『Toilette(n)』、または『WC』と書かれている表示を探してください 💡

 

MEMO
上記以外に数字の『00』という表示もトイレを意味するそうですが、私はまだ出会ったことはありません(覚えてないだけかもだけど汗)。 

 

見慣れているトイレマーク(標識)の場合

 

見ることの多いトイレのマークといえばこれですよね。

日本ではほとんど女性が赤色、男性が青色をしていますが、ドイツでは色がついていないこともあります。

 

 

ちょっと写真がぶれてしまって見えづらいかもですが、こんな感じ。

まぁマークの形で男性トイレ、女性トイレが分かるので問題はないはずです。

 

MEMO
ちなみにドイツ鉄道の車内トイレは基本男女共用です。ICEやICは比較的キレイだけど、ローカル線はあまりキレイじゃないことが多いかも。

 

問題はドイツ語で標識が書かれている場合

さて問題はこちら。

トイレのドアに『D』『H』のみが書かれていますよね。

これはドイツ語を知らないと無理ゲーです(笑)。

 

Ann

…。D?H??えっ女性どっち?謎!!

意味を知らないと絶対こうなるはず 😆

 

 

『D』=Damen

『H』=Herren

『D』『H』はドイツ語の男性と女性の単語(複数形)の頭文字なのですが、略さないで『Damen』『Herren』と書かれていることもあります。

 

Ann

Damenは英語のmenと似ているし、こっちが男性でHerrenが女性だ!

さきほどの『D』や『H』のみの表示よりヒントが多いと思いきや、この答えはブッブー!不正解。

 

 

『D』=Damen女性用トイレ

『H』=Herren男性用トイレ

確かにDamenは響きが男性っぽいですが、女性用トイレの標示なんですよね~ 🙄 

 

私もはじめてドイツ旅行をしたときは、

Ann

男性っぽい単語(Damen)の反対が女性!

と覚えながら、慣れるまでドキドキしながらそ~っとトイレに入ったものです。「あぁ合ってて良かった」的な(笑)。

 

ちょっと間違いやすいので気を付けてくださいね 💡

 

MEMO
そのほか女性用=Frauen、男性用=Männerと書かれている場合や、英語表記の場合もあります

 

まとめ

  • ドイツ語でトイレは『Toilette(n)』『WC』
  • 女性用トイレの標示は『D』『Damen』『Frauen』
  • 男性用トイレの標示は『H』『Herren』『Männer』

これを覚えておけばドキドキしながらトイレに入ることはありません 😎

でも知らないと本当にどっちに入って良いか分からないので、初ドイツ旅行の際はぜひ知っておいてほしいと思います~ 💡

 

それでは(=゚ω゚)ノ

 

 

【rail&fresh】ドイツの駅のトイレを利用するともらえるバウチャーの使い方

【関連記事】 ➡  【rail&fresh】ドイツの駅のトイレを利用するともらえるバウチャーの使い方

 

 

【おすすめホテル】東横インフランクフルト中央駅前に泊まったら、駅チカ・設備良し・コスパ最高の3拍子だった件

ドイツで唯一見つけたウォシュレット付きトイレがあるホテル

【関連記事】 ➡  【おすすめホテル】東横インフランクフルト中央駅前に泊まったら、駅チカ・設備良し・コスパ最高の3拍子だった件