【解消方法】Twitterで自分のツイートが不適切な内容と出で表示されない件

 

Hallo!TwitterもやっているAnnです(=゚ω゚)ノ

私のアカウントはこちら ➡  Ann(@Ann01110628)

 

今回はこのTwitterのお話。

設定をミスしたせいで、自分の画像/動画付きツイートが一部のフォロワーさんに2週間ぐらいまったく表示されてなかったという悲しい出来事があったので、情報共有したいと思います。

 

なぜ2週間も?

 

Ann

なぜなら自分はまったく気付いていなかったからだ!

 

自分のツイートが不適切な内容でフォロワーさんに表示されない

センシティブ(不適切な)内容とはなんぞや?

「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません。」

Twitterをやっているとたま~に見るこのツイートの表示。

 

暴力や裸体など、他の利用者が見たくないようなセンシティブな内容

出典:https://help.twitter.com/ja/rules-and-policies/media-settings

 

Ann

いやいやこんなツイート、私しないし。

とまぁ、自分のツイートには関係のないことだと思っていました。

 

 

しかーし、しかしですよ。

約2週間のあいだ、私の画像・動画付きのツイートが、フォロワーさんのタイムラインでは『不適切な内容』として表示されてませんでした 😥

 

 

フォロワーさんからのDMで気づく!

何も知らずに日々ツイートしていた私に、女神様(フォロワーさん)からあるDMが届きました。(文章はちょっと変えてます)。

 

女神さま

Annさん!最近のAnnさんのツイートが見られません💦(画像付き)

 


実際にくださった画像ではないですがこんな感じ

 

Ann

Whyー!?!?

 

私はまったくそんなことなっていると思わず、一瞬頭は「???」(笑)。

 

Ann

なんでだ…今までずっと別に何も問題なかったのに??いきなり??
しかも最近の画像付きのツイートは全部表示されてないじゃーん!!

 

私の最近のツイートなんて主にドイツ生活や旅行の話、シャルケ&W杯とかサッカー関係ばかりでしたから、なにが不適切な内容なのか「???」。

 

しかし原因を考えたところ、

Ann

もしやアレか…?

と思い当たる節がありました。

 

原因と解消方法:Twitterの設定

なぜそうなったか

結論 💡
Twitter設定の『画像/動画の表示』で『ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する』にチェックを入れていた

「いままでなっていなかったことが、いつのまにかそうなってしまったということは、知らぬ間に自分で変な設定にしちゃったのかな?」ということをまず疑いました。

 

というのも、ちょっと前に設定を変更したんですね。(ちょうど2週間ぐらい前だわ…)。

実は私がフォローしている方のツイートもこの『このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません。』が頻繁に表示されるようになっていたため、ツイートを見るために設定を変更。

 

つまり、『センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する』にチェックを入れた結果、フォローしている方のツイートは見られるようになりました。

いまはまた表示しないように設定しなおしましたが、そのときのツイートは不適切な内容とはまったく関係ありませんでしたので「なんでだろう~。」と疑問は残ったまま。

もしかしたらこのせいかもしれませんね。

 

MEMO
Twitterの初期設定ではセンシティブな内容(不適切な内容)は表示されないようになっているみたいです。

表示するには

  1. Twitterにログイン後、パソコン(またはスマホのパソコン版画面)でプライバシーとセキュリティをクリック
  2. 一番下までスクロールした『安全性』→『画像/動画の表示』→『[センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する』をクリック
  3. 保存

 

 

しかし、そのときにやっちまいました!!

そのときに余計な設定までチェックを入れて保存をしてしまったようです。。

それが原因のこれ👇

 

赤い線の部分です。

『ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する』

 

Ann

おぉーい自分で何やってんの私!!!

 

このせいで自らの画像・動画ツイートを「センシティブ(不適切)な内容だよ」と宣言していることに。

つまり、『センシティブな内容を表示する』設定にしていない人には、私の画像・動画ツイートは『不適切な内容』として表示されてなかったという訳です。

 

ということで、誤っていつのまにかチェックを入れていたこの設定(『ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する』)を解除したら、見られなかった画像ツイートも見られるようになった、とご報告いただきました 💡

 

Ann

でもこの設定、誰得?必要??

 

 


スマホのTwitterアプリ

MEMO
ちなみにスマートフォンのTwitterアプリだと上記の画像のように、該当ツイートは設定を変更しないと見られなかったのですが、パソコンのTwitterだと警告が出たうえで『表示』を押すと見られる仕様でした。

 

心配な方はスマートフォンのTwitterアプリで確認

『ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する』に設定していないかスマホで確認

Twitterを使っている人がほとんどスマートフォン(以下スマホ)のTwitter公式アプリからだと思うのですが、『センシティブな内容(不適切な内容)は表示する。しない』の変更はパソコン(またはパソコン版のページ)からしか設定できません。

 

ただ、スマホのTwitter公式アプリからは『自分の画像/動画ツイートをセンシティブな内容を含むもの』に設定することはできるので、

自分の画像/動画ツイートはフォロワーさんにきちんと表示されているかな?

 

と心配な方はスマホからすぐ確認できます。

 

 

  • STEP.1
    設定とプライバシーをクリック

     

    自分のアイコンをクリックすると、この画面になります 💡

  • STEP.2
    プライバシーとセキュリティをクリック
     
  • STEP.3
    セキュリティの該当部分を確認
     

    ここで『ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する』にチェックが入っていたら、私と同じパターンです💦

 

自分のブログのTwitterタイムラインにも注目

さっき気付いたのですが、自分のブログに埋め込みしているTwitterのタイムラインにも表示されてなかったんですね…。

こうなっていたら同じように設定を確認しましょう!

 

終わりに

 

以上、覚えがないのに『Twitterで自分の画像付きのツイートが不適切な内容と出る件』の解除方法でした。

 

ただ自分のつぶやきをツイートしたいだけ、というのであれば特に問題ないかもしれませんが、『見てほしい!』『これは広めたい!』という気持ちがあるのであればこれは死活問題(笑)。

 

自分ではまったく気づいていなかったので、教えてくれたフォロワー様には本当に感謝の気持ちです 😥  

Ann

Aさん教えてくださって、本当にありがとうございました( ノД`)

 

ということで「こんなことがあったよー!」というお話でしたが、ご自身のフォローされている方で

最近あの人のツイートが『不適切な内容』と出て見られない…。

という方がいたら、もしかしたらこの設定のせいかもしれないので、伝えてあげるのも良いかもしれませんね。

違う場合や、本当に不適切な内容の場合もあるかもですが…! 

 

それでは(=゚ω゚)ノ