ドイツで食べたい名物グルメランキング・ベスト5<ファーストフード(インビス)編>

f:id:DE39:20170727185651j:plain

Hallo!住む前にドイツに観光できた回数10回のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

皆さんはドイツの名物グルメと言えば何を思い浮かべるでしょうか?

パッと思い浮かぶのはやはりソーセージですかね?

ドイツのソーセージは本当に美味しいので絶対食べてほしい食べ物のひとつ。軽食として街のあちこちでソーセージは食べられています。

ということで、この記事ではソーセージを含んだ『Imbiss』(インビス※軽食、ファーストフード)文化が盛んなドイツおすすめの名物グルメを5点ご紹介したいと思います!

Ann
Ann

ランキングは私の個人的なおすすめ順~

ドイツは本当にそこらじゅうにインビスがあるので小腹が空いたときに便利なんですよ。

しかも美味しい食べものばかりで、値段も安いので最高です 😳

ぜひドイツ旅行の際は紹介している食べ物を食べてみてください。

それではどーぞ!

ドイツに来たらまずはインビスでグルメを堪能!

ドイツのインビス

f:id:DE39:20170212192119j:plain

ファーストフードと聞くと日本ではマクドナルドや吉野家とか思い浮かべると思いますが、ドイツはちょっと違います。

Ann
Ann

もちろんマックもあるよ

街中や駅構内などの至るところに屋台や小規模な軽食店がたくさんあり、ここではちょっと小腹が空いたときの軽食や食事をすることができるんです♪

レストランと違って時間がかからず、すぐ買えてその場で食べられるので時間をとりません。

ドイツに来たらいろいろな種類のインビスを見ることができますよー☺

 早くて安くて美味しい

f:id:DE39:20170212200143j:plain
デュッセルドルフの旧市街にある人気ポメス屋『Fritten Piet』

私は観光する際はいろいろな場所に行きたくなる人なので、結構キツキツのスケジュールで動いたりすることが多いですが、そんなときにドイツのインビスはともて便利!

すぐ買えるし、立ち食いのためのテーブルやたまにイス・テーブルもあってそこでパパッと食べたりします

Ann
Ann

夫と旅行するときはゆったり観光だけどね

あと日本だとお行儀が悪いのでしょうが、食べ歩きも結構多いです。

買って車内で食べたりもします(地下鉄やバス車内はNGが多いです)。

また、ドイツのインビスの何が凄いって、

Ann
Ann

早い!美味い!安い!

の三拍子。

毎日レストランで食事していたら破産するので、こういったインビスで食事をすますことができるのは旅行者にとってリーズナブルに旅行ができていいと思います。

それではドイツ旅行に来たらぜひ食べてみてほしい私の『名物グルメベスト5』をご紹介します💡

料金について

料金はあくまで目安です。

第5位:アジア系インビスの焼きそば(Gebratene Nudeln)

f:id:DE39:20170212195900j:plain

ドイツの若い人は結構これが好きな気がしますね~。

中華系系のインビス(たまに中華系じゃないときも)にあるGebratene Nudeln(焼きそば)。

日本の焼きそばとはだいぶ違い、かなり具材とか内容がチープなんですけど私は意外と好き。

このようなボックスに入っていて食べやすいです。

f:id:DE39:20170212202012j:plain

ただ、お店によってだいぶ味にばらつきがあるかも…。美味しくないところに当たったらどんまいです!

料金は3・4€~ぐらい。

ちなみにアジア系のインビスは安くてボリュームもあるので人気が高いです。

焼きそば以外にもアジアンカレーやフォーなど美味しい食べ物がたくさん。

以前行ったミュンヘン中央駅にあるアジア系インビスのマンゴーカレーがめっちゃ美味しかったのでおすすめです♪

【ミュンヘン中央駅地下】米や麺が食べたい方におすすめのアジアン・インビス|1人でも手軽に食事ができる

第4位:ドネルケバブ(Döner kebab)

f:id:DE39:20170212202110j:plain

Ann
Ann

もう閉店間際の時に買ったからお肉が細かったw

ドイツにはほんとーーにケバブ屋さんが多いです。

名称としてはケバブよりDöner(ドゥナー)と呼ばれていることが多いと思います。

つまりDöner=ケバブ。

なにせドイツの移民の中でトルコ人が一番多いらしく、20世紀後半かベルリンからドイツ国内に広く伝わったそうです。

犬も歩けばケバブやに当たる…なんて思うぐらい本当にあちこちで見ますw

f:id:DE39:20170212202701j:plain

人気の秘密はやはり安さとボリューム!

そして野菜がたっぷりとれるからですね。

ドイツに来ると肉料理ばっかり食べてしまう人もいるかもしれませんがDönerなら(お肉もたっぷりですが)野菜も多くとれますよ♪

料金は都市によって違いますがだいたい4€前後からですかね?

f:id:DE39:20170212202940j:plain

ドイツで一般的にケバブ=Dönerといえば先ほどの画像のような【パンに具材を挟んだサンドイッチ型のドネルケバブ】になりますが、口を大きく開けてかぶりつかないといけないので結構食べづらいです 😥

そんなときはメニューに「Dürüm Döner」(ドゥルム ドゥナー)があればそれを頼むと良いですよ。

上記写真みたいな薄いパンに巻いてあるので、食べやすいです。

ただドネルケバブより少し高くなる場合が一般的ですね~。

第3位:焼きソーセージ(Bratwurst)

f:id:DE39:20170212203836j:plain

ドイツと言ったらソーセージ!

これは本当にゆずれないですよね。本当に美味しいです!!びっくり!!

中でも人気が高いのがBratwurst(ブラートヴルスト)。

焼きソーセージはめちゃんこ美味しいです。

基本的にパンに挟んで提供してくれ、ケチャップとマスタードはセルフで付けられることが多いです。

Ann
Ann

店員さんんがつけてくれることもあるよ

f:id:DE39:20170212204153j:plain

ソーセージはパリパリでジューシー。

街中やサッカーの試合など、これを食べている人を多く見かけますよ。

料金は2・3€~。

第2位:カリーヴルスト(Currywurst)

f:id:DE39:20170212204755j:plain
Ann
Ann

でたー!!

ドイツのB級グルメの王様カリーヴルストです。

つまりカレーソーセージってことなんだけど、ソーセージ=美味しい+カレー=美味しいのミックス。

Ann
Ann

つまり美味しくない訳がない!!

f:id:DE39:20170212204954j:plain

カリーヴルストは小さくきったソーセージの上にカレーケチャップソースをかけた簡単な軽食ですが、私は凄い好きです。

基本的には小さいパンがつくので、残ったソースをこのパンにつけて食べるとこれまた美味い!
()。

補足

パンは付けるか聞かれることもあるので、欲しいときは欲しいと言いましょう。「Currywurst mit Brot(パン)」と書いてあれば普通は料金に入っています。

また、ドイツのスーパーにはカリーヴルスト用のソースがボトルや粉が売っています(粉の場合は水で戻す。)

ボトルは昔大きいのしかなかったですが、最近は小さいサイズも出たので気に入ればお土産にしてはいかがでしょう。

私も住む前にドイツに旅行に来たとき、日本へお土産にしたことがあります(笑)。

日本で買えるカレーケチャップ

第1位:ポメス(Pommes frites)

f:id:DE39:20170212205931j:plain

遂にきました!

第1位はポメスー!!

つまりフライドポテトなんですけど、本当にバカしちゃいけない。

めちゃくちゃ美味しいです。

日本にいたときはフライドポテトとか特に好きじゃなかったですが、ドイツ来てポメス食べたらその美味しさにびっくりしました。(言い過ぎw?)

料金は2、50€・3€~。

f:id:DE39:20170212210344j:plain

ドイツで一番多いインビスはポメス屋さんなんじゃなかろうかというくらい、あちこちにあるのでポメスはドイツのソールフードだと勝手に思っています。

そして特徴的なのがポメスに合うのは「マヨネーズ」だということ。

日本だと普通フライドポテトにはケチャップだと思いますが、ドイツは基本マヨネーズ!

Ann
Ann

これだけは譲れない

ドイツと日本のマヨネーズは味が少し違うので、普段料理に使うときは日本のマヨネーズが恋しくなりますが、ポメスには絶対ドイツのマヨが合います!

注文する時に何をつけるか聞かれるので「mit Mayo bitte(ミット マヨ ビッテ)」と答えればマヨネーズを付けてくれますよー。

Ann
Ann

有料のお店も結構ある

f:id:DE39:20170212211106j:plain

どこで食べても美味しいポメスですが、実はこの間はじめて美味しくないポメスに出会いました。

Ann
Ann

家の近くのケバブ屋で買ったやつ

ポメスと言えども、もちろんお店によって良し悪しがあるようですね。

私のおすすめのひとつはシャルケ04(サッカーチーム)の試合当日のスタジアム入り口前に出ているポメス屋さん。

ここの普通のポメスも大好きだけど(量も凄い)、玉ねぎが乗っている「スペシャルポメス(Spezial Pommes)」がとってお美味しいので好きです。

女性1人で食べるのはちょっと無理なぐらい量があります💦

あとデュッセルドルフ中央駅前のポメスも好きですね~。

番外編

良いとこどりカリーヴルスト+ポメス(Currywurst mit Pommes)

f:id:DE39:20170212211818j:plain

欲張りさんにおすすめは「Currywurst mit Pommes」(カリーヴルスト ミット ポメス)。

カリーヴルストとポメスというワンツーフィニッシュがいっぺんに食べられるメニューがあったりします。

いやー贅沢ですね!料金は4€~。

肉は飽きた!魚が食べたいならNordsee(ノルドゼー)

Ann
Ann

肉は確かに美味しい…しかし肉ばっかり食べていたら飽きる!!魚食べたい!!

そんなときは『Nordsee』(ノルドゼー)にどうぞ。

Nordseeはドイツ大手の魚介料理専門のチェーンレストラン。

ここでは魚を使った料理やサンドウィッチ、バゲットなどが食べられます。

大きいお店だとイートインスペースがあり、魚料理が注文できます。

テイクアウトではこんな白身魚のフライやMatjes(マティエス=若いニシンを塩水に着けて発酵したもの)を挟んだパンなどが食べられます。

特にMatjesはドイツならではの食べ物なので、ぜひトライしてみてください!

Nordseeは街中のほか、主要なドイツ鉄道駅の中にたいていお店を構えているので見つけてみてください。

終わりに

f:id:DE39:20161024191735j:plain

ドイツは手軽でリーズナブルに食べられるインビスが多くて本当に魅力的♡

旅行中、毎日レストランに入るのはお金もかかるし、時間がないときでもぱっとお腹いっぱい食べられるのでありがたいのですよ 💡

その他にもピザとかパンとかいろいろ美味しいものが売っているので、ぜひ食べてみてください。

それでは(=゚ω゚)ノ

関連記事

【ドイツ】クリスマスマーケットの定番グルメ&飲み物まとめ|私のおすすめも!
ドイツ旅行の強い味方