【おすすめホテル】東横インフランクフルトは駅近・設備・コスパ良しの3拍子だった件

f:id:DE39:20170905183943j:plain

 

Hallo!現在ドイツ在住のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

フランクフルト駅前に2017年にオープンした日本のビジネスホテル『東横INNフランクフルト中央駅前』(Toyoko inn Frankfurt am Main Hauptbahnhof/Toyoko Inn Frankfurt Central Station)に宿泊してきました!

 

フランクフルトに日本のビジネスチェーンホテルが出来ると聞いたときから気になっていたのですが、なかなかフランクフルトに泊まる用事はなく…。

しかし先日ドイツ国内を旅行中に、途中で友人と分かれて南ドイツを一人行動していた私は「このタイミングしかない!」と無駄にフランクフルトに移動し、宿泊してきました(別に泊まらなくても家に帰れたw)

Ann

泊まりたかったんだもん。

 

 

さて実際に泊まってみた感想は…

Ann

かなり良かった!!

 

せっかくなので良かった点・あんまりないけど気になったところを含め、宿泊レポートします!

行き方(アクセス)も詳しく書いたので、良かったらご参考になさってください♪♪

 

ちなみに南ドイツはここに行ってきました👇

【ブラウトップフ】ドイツ・ウルム近郊ブラウボイレンの神秘的な青い泉。日本のガイドブックに載っていないおすすめ観光スポット!

 

■初公開日: 2017年9月5日

 

おすすめ①フランクフルト中央駅から近い

中央駅からわずか徒歩1~2分

f:id:DE39:20170905184011j:plain

ドイツ最大の規模を誇るフランクフルト空港。

日本からももちろん直行便が出ているので、利用する日本人の方はとても多いですよね。

ドイツ主要空港(フランクフルト、ミュンヘン他)のWIFI事情+使い方まとめ

 

中心地への移動もとても簡単で、空港から電車(Sバーン)でわずか10~15分以内にフランクフルト中央駅へ到着します。

 

そして東横インフランクフルト駅前ホテルはフランクフルト中央駅の南出口から徒歩約4分またはマンハイマー通り出口から徒歩わずか1~2分の好立地です!

出口さえきちんと分かれば、とても簡単なので迷うことはないと思います。


↑この地図はフランクフルト中央駅南口出口からの経路です。

 

ただ駅も大きいので、初めてフランクフルト中央駅を利用するときはどこの出口だか分からなくなるかもしれませんよね。

でも大丈夫。簡単に出口を見つける方法をお教えします!

 

フランクフルト中央駅からの東横インへの行き方(アクセス)

f:id:DE39:20170905183811j:plain

分かりやすい南側出口からのアクセスをご紹介(=゚ω゚)ノ

 

 

f:id:DE39:20170905185016j:plain

まず地上の1番線ホーム方面を目指します。

(フランクフルト空港からSバーンの電車でフランクフルト中央駅に来る場合は基本地下のホームに到着するので、エレベーターで地上に上がってください。)

 

 

f:id:DE39:20170905184957j:plain

これが2番線。左となりの1番線ホーム前に南出口があります。

 

 

f:id:DE39:20170905184940j:plain

ここがフランクフルト中央駅の南出口(Ausgang Südseite)。1番線ホームの前にあります。この出口を出てください。(出口を出ずに右に曲がり、1番線ホームをまっすぐ進んでいくとマンハイマー通り出口が左側に出てきます。ここからでもOK)。

 

 

f:id:DE39:20170905184923j:plain

南口出口を出ると目の前には『ホテル エクセルシオール 』が。

建物は古いですが、3つ星ホテルで日本人にも人気があると思います。

 

何と言っても駅の目の前ですからねぇ。夜遅くても安心。

 

 

f:id:DE39:20170905184845j:plain
【上:夜に撮影】【下:昼に撮影】
f:id:DE39:20170905183952j:plain

そして出口を出るとトラムの駅には東横インの看板が(今はあるけか分からないど)。

とりあえず『南口出口を出たらそのまま右』に進んでください~!

 

 

f:id:DE39:20170905184827j:plain
【上:夜に撮影】【下:昼に撮影】
f:id:DE39:20170905183927j:plain

南口を右に曲がったら駅の建物沿いのマンハイマー通り(Mannheimer Strasse)をまっすぐ進みます。

※駅のマンハイマー通りの出口から出た場合はこの道にドッキングするので、先ほども言いましたがどちらの出口から出てもOKです。

 

 

f:id:DE39:20170905184806j:plain

 

f:id:DE39:20170905184752j:plain

そうすると左側にすぐ東横インの建物が見えてきます。

Ann

簡単!近い!

 

もう目視できるから良いと思いますが、ホテルはシュツットガルター通り(Stuttgarter Strasse)にありますよ~。目の前にはFlixbusなどの長距離バスの停留所もあって便利。

 

夜のフランクフルト中央駅の周りは治安があまり良くないですが、これなら安心ですね。

 

おすすめ②建物が新しくてキレイ・設備が充実

f:id:DE39:20170905184742j:plain
ホテル入り口

ホテルは2017年3月にオープンしたばかりなので、とても綺麗です。

 

フロント・レセプション(日本語でチェックイン)

f:id:DE39:20170905184721j:plain

私がチェックインしたときは夜の22時ぐらいでしたが、チェックインの列は2・3人が並んでいました。

 

このとき受付は3人で対応。

1人が日本人、あとの2人は外国の方でしたが英語またはドイツ語のほか、日本語も話しているのが聞こえました。凄い…。

 

しかし、うち1人の方がまだ慣れていないのか、チェックイン作業にだいぶ時間がかかり他の日本人スタッフさんにヘルプしてもらっていたため、チェックインをするまでに15分ぐらい待ちました…。

ちょっとこれは遅いかな~と思いましたので、まぁオープン直後なのでね。今後の改善に期待(;´∀`)

 

私は日本人の方にチェックインを対応してもらいましたが、ドイツで日本語によるチェックイン対応ははじめて(笑)。丁寧な方で好印象でした♪

 

ただ必ずしも日本語を話す人が対応する訳ではないようです。

 

ロビー

f:id:DE39:20170905184703j:plain

合計400室もある大型のエコノミーホテルなのでロビーは広く、とても清潔な印象です。赤いソファーの奥にあるのが朝食会場。

レセプションの右横には自由に使えるパソコンとプリンターがあるので、Eチケットなど印刷したいときに便利ですよね。ビジネスで来ている人も安心!

 

設備:コインランドリーや電子レンジもあり

f:id:DE39:20170905184538j:plain

エレベーターの前に自動販売機・製氷機・電子レンジが!

 

ホステル以外で電子レンジを見るのことはあまりないですよね。このとき使っている白人男性を見ました。

Ann

スーパーで買ってきたものを温められるのはとっても嬉しい~。

 

ちなみに東横インの自動販売機のコーラ500mlの値段は1.5€だったのですが、フランクフルト中央駅の中で買うよりは安いかもしれません。

Ann

駅のキオスクでコーラを買ったら2.5€だったからね!

 

そうそう、フランクフルト中央気のすぐ近くには、普通のドイツ系のスーパーはないです。

この奥にコインランドリーもあるので、長期滞在にも便利~(^^)/

館内設備(一部)
  • 全館(客室含め)無料WIFI
  • 電子レンジ
  • コインランドリー(洗濯機1回2€/洗剤1個0.5€/乾燥機1回1€)
  • 自動販売機
  • 製氷機
  • パソコン、プリンター(ロビー)など

 

レストラン(しゃぶしゃぶDali)・バーもある

f:id:DE39:20170905184553j:plain

なんと夕食の時間帯(19:00~22:00)にしゃぶしゃぶが食べられるという素敵さ。しかもこの見た目でなんと13€という破格料金!!

ビール代金もお得で300mlが2€、500mlが3€。

Ann

めっちゃ安い!

 

フランクフルト中央駅の周りは個人的にあまり良いお店がないので(インビスや中華や中東系のお店が多い)、『繁華街まで行くのはちょっと面倒だし、中央駅でインビス料理やパンを食べるのも飽きた!』という人には夕食これでも良いのでは??

 

セキュリティー安心:エレベーターはカードがないと利用不可

f:id:DE39:20170905184124j:plain

エレベーターは3台。待つことはほぼありませんでした。

 

そしてカードキーがないとエレベーターの利用はできないので、セキュリティもしっかり。まぁ一緒に乗られたら乗れちゃいますけど、ないよりだいぶ安心。

 

 

f:id:DE39:20170905184108j:plain

エレベーターの中に入ってありましたが、無料レンタルにいろいろなものがありました。

ドイツのビールは瓶がメインなので(ペットボトルや缶もあるけど)栓抜きは必需品。忘れたときにこうやって貸してもらえるのは良いですね~♪

 

客室の設備もGOOD

f:id:DE39:20170905184053j:plain

客室フロアの廊下はこんな感じ。

 

 

f:id:DE39:20170905184038j:plain

客室内側のドア。

入ってからカードキーを差し込むと電気が使えるようになります。

 

 

f:id:DE39:20170905184026j:plain

ドアチェーンやのぞき穴がありました。

これは嬉しい!ノックがあっても開けるのは今はちょっと怖いからね…。

 

 

f:id:DE39:20170905184519j:plain

私が泊ったのは一番客室が多い『コンフォートシングルルーム』(12.24~13.94㎡)。

部屋自体は広くないですが、一般的なヨーロッパのシティホテルの広さ。ただ大きいスーツケースを180度開くのは難しめかもしれません。90度は問題なし。

 

まず思ったのがベッドがかなり大きい。

普通どこでもシングルルームのベッドって小さくて狭いイメージだけど、なんとベッドサイズは1.600mm幅のダブルベッドでした。

すごい優雅に寝られたよ…。

 

 

f:id:DE39:20170905184503j:plain

そして次に驚いたのは使わなかったけどクーラーがあること。

ドイツの夏は日本よりは暑くならないので、ほとんどのホテルにクーラーはありません。ただ冬は寒いので暖房(ヒーター)だけはあります。

 

 

f:id:DE39:20170905184327j:plain

そして湯沸かしポット。

 

 

f:id:DE39:20170905184343j:plain

冷蔵庫も!

冷蔵庫もなかなか設備しているホテルはないのでこれは嬉しい~。(あるところはありますが、ドイツではない方が割合的には上だと思っています。)

 

 

f:id:DE39:20170905184352j:plain

最初はメモリが『0』になっているので冷えていません。使うときにメモリを回してください。

 

 

f:id:DE39:20170905184405j:plain

クローゼットはないですが、コート類などはかけられます。

 

 

f:id:DE39:20170905184437j:plain

コンセントはこの机に3つほどあります。ベッドの傍にはないので、寝ながらは使えないけど個数的には問題なし。

 

もちろんドイツ式(Cタイプ)のコンセント穴口なので、日本の機器(Aタイプ)を充電する場合はCタイプへの変換プラグが必要です。

また、電圧もドイツと違うので充電したい機器の充電器(ACアダプター)に『AC100-240V』と記載がない場合は変圧器も必要になります(プラグや変圧器の貸し出しはホテルでありません。)

 

👇 ドイツでの充電についてはこちらをご参考ください👇

変換プラグ&変圧器|海外旅行中にiPhoneやスマホ、カメラを充電する時の注意点

 

 

f:id:DE39:20170905184451j:plain

ドライヤーはお風呂場でなくてこちらにあるのですが、ちょっと伸びないので使いづらかったです。風量は問題なし。

そのほか大きい液晶テレビや加湿器がありました。

 

 

f:id:DE39:20170905184317j:plain

さて続いてはお風呂・トイレ・洗面台。

何が驚いたって…。

 

 

 

f:id:DE39:20170905184241j:plain

 

f:id:DE39:20170905184230j:plain

Ann

トイレがウォシュレット付きなんだよ!!

 

前職が旅行会社だった私ですが、たまに年配のお客様に

ヨーロッパのホテルにはウォシュレットが付いているか?

とたまに聞かれることがありました。

ただヨーロッパのホテルでウォシュレット付きのトイレを備え付けているところはほとんどないので、ないと困るというお声も。

実はうちの父もドイツに来て旅行しているときに、ウォシュレットがないことをぼやいていたので、必要な人には必要なもの。だからこれは本当にすごいことなんですね~。

 

 

f:id:DE39:20170905184304j:plain

そして浴槽(バスタブ)があるのも嬉しいですよね♪

私はお湯をためて入りました(*´з`)

 

 

f:id:DE39:20170905184252j:plain

さてシャワー。

私はシャワー口から水・お湯をどうやって出すのか一瞬迷いましたので、一応書いておきますね(笑)。

シャワーの使い方

  • 洗面台の蛇口の左下にある切替えで洗面台の蛇口とシャワーの切替ができる
  • シャワーは2種類あり、ハンドシャワーともう一つ天井シャワーがある
  • 浴槽の右側にこのハンドシャワーと天井シャワーの切替があるので、好きな方を使う

 

最初、天井シャワーからしか水・お湯がでなくて、ハンドシャワーからはどうやって出せば良いのかとあたふたしました(笑)。

 

 

そしてアメニティですが、歯ブラシ(フロントで販売)やカミソリ、せっけんなどのnアメニティはありません。

バスタオルと小タオルはあります。

シャンプー・リンス・ボディーソープが一緒になったものはありますが、気になる人は持ってきた方が良いと思います。

あとあれば便利なスリッパもないので、こちらも持ってきた方が快適です。

Ann

これはほかのドイツホテルでも一緒。アメニティは最小限しかありません!

 

客室設備(一部)
  • 無料WIFI
  • シャンプー・リンス・ボディソープ(オールインワン)
  • バスタブ(ユニットバス)
  • 冷蔵庫
  • 加湿器
  • ドライヤー
  • テレビ
  • エアコン など

 

客室用WIFIの使い方

f:id:DE39:20170504182911p:plain

客室内でも使える無料のWIFIですが、ストレスなく使えます。

 

ユーザー名やパスワードが記された紙をチェックインのときに受け取るので、それを入力するだけです!

結構ドイツのホテルはWIFIが繋がりづらいことが多いのですが、東横インフランクフルトは問題なくサクサクつながりました。

 

👇東横インは簡単でしたが、ドイツのホテルでは色々な接続パターンがあります👇

ドイツのホテルでWifiを使うときに気を付けたいこと。知らないとネットが使えないかも!?

 

おすすめ③朝食に白米とみそ汁がある

朝食時間

f:id:DE39:20170905184610j:plain

朝食時間
  • 【平日】06:30~09:30
  • 【週末・祝日】07:00~10:00

 

朝食会場

f:id:DE39:20170905184626j:plain

朝食会場は1階(ドイツ式だと0階)のロビー奥。結構多くの席があります。

私はオープン時間の6:30過ぎに行きましたが、ある程度の人がすでにいました。

 

 

f:id:DE39:20170905210443j:plain

テラス出来もあり、そこで食べる人も。冬は絶対に無理ですね…。

 

 

f:id:DE39:20170905210426j:plain

パンとコンフレーク用の牛乳。

 

 

f:id:DE39:20170905210647j:plain

サラダとコンフレーク。

 

 

f:id:DE39:20170905210529j:plain

その横にハムとチーズ。

 

 

f:id:DE39:20170905210630j:plain

ゆで卵と日本で食べるようなソーセージ。

あとこのときはなかったのですが、数分後にスクランブルエッグが登場していました。

 

エッグスタンドがあったのですが、このときの卵は半熟じゃなくゆで卵でした。

Ann

エッグスタンドいらんやん!!

 

ドイツやヨーロッパに来る前に知っておこう

エッグスタンドの使い方・食べ方知っていますか?ヨーロッパ旅行に来る前に知っておいた方が◎

 

 

f:id:DE39:20170905210548j:plain

驚いたことに白米とみそ汁が!!これが何よりうれしい!!

Ann

お箸もあったよ~!

 

 

 

f:id:DE39:20170905210605j:plain

みそ汁の具はわかめと玉ねぎ。

その横にはたくあんとお漬物が!!

 

 

f:id:DE39:20170905210624j:plain

たくわんときゅうりのキューちゃん(かは分からないけど)美味しかった♡。

ふりかけもあったので、白米にもちろんかけました✌

 

 

f:id:DE39:20170905210415j:plain

飲み物はコーヒーやオレンジジュースなどがありました。

 

セルフサービスなので食器類の片づけはご自分で。

また、朝食会場のスタッフさんはこまめにテーブルを拭いていたり、食器類を片付けているので綺麗です。

 

朝食の種類は決して多いとは言えないのだけれども、この朝食は3€(宿泊費に含まれている)というので激安です。多くは求めてはいけません。

 

この値段を考えると申し訳ないぐらいかと…!ただ、種類が多い朝食が食べたい!という目的なら、ほかのホテルをおすすめします。

 

客層

「ほとんどが日本人かなー。」と思っていたのですが、私が見た感じだと日本人は4割ほど。

あとはアジア人が3割、欧米人が3割という感じで以外にも日本人だらけという訳ではありませんでした。

 

 

宿泊料金

f:id:DE39:20170905212955j:plain

探せはフランクフルトでも安いホテルはたくさんありますが『朝食付き・駅前・無料wifi・いろいろな設備付き』でこのお値段は本当にお得だと思います。

 

また、私は入らなかったのですが東横インのメンバー(入会金15€・学生10€)になるともう少し割引になるとか。当日入会もOKとのことでした。

頻繁に使うひとはメンバーになった方がお得かもしれませんね。

 

※追記※

2018年1月1日よりシングル1泊48ユーロ~になりました。

 

【関連記事】観光税もスタートしました。フランクフルトに泊まる方は一度は目を通しておいてください。

【1泊2ユーロ】フランクフルトのホテル|2018年1月より観光税の徴収スタート

 

口コミや評判も良し

 

泊まる前にBooking.com(予約サイト)の口コミを見ましたが、評判も良いものが多かったです。

また、このようにツイートしたところ皆さんの反応も結構あって、興味ある人が多いのが分かりました 😉

 

私は予約をBooking.comから行いました。エクスペディアでも探してみましたが、提携はないようです。探してみたらagoda(アゴダ)にはありました。都合が良い方でどうぞ!

あと口コミを見たい人も下記予約サイトで確認できるので、参考にしてください。

 

ブッキングドットコムで予約ならお得なキャンペーン中

【友達紹介キャンペーン】宿泊代の10%返金

このボタンから予約した場合のみ対象

MEMO


宿泊料金が40€以上の場合のみのキャンペーンです。もしブッキングドットコムで予約するなら、上の青いボタンから予約するとお得(私にも報酬が入ってお互いHappy😉 )。利用規約はこちら
40€未満の場合は対象外なので、予約は普通のページからどうぞ~ 【Booking.com】

 

終わりに

f:id:DE39:20170905183920j:plain

宿泊して感じたのは『ほぼほぼ日本のサービスをそのまま利用できるホテル』ということ。

 

ドイツのホテルは古い建物が多く(チェーンホテルは新しめが多い)、それもドイツ旅行の醍醐味?でもあるのですが、少し不便なところは少なからずあります。

ドアの開け方が難しくて困ったり、エレベーターがなかったり、WIFIが繋がりづらかったりもします。(中級ホテルを使ったときの個人的印象)。

 

田舎の家族経営のホテルとかだと心情的にまったく問題ないのですが、都会のフランクフルトで日本式のサービスで快適に過ごしたいときは、東横インはおすすめです!

機械があればぜひ泊まってみてください。

 

それではAnn(@Ann01110628)でした(=゚ω゚)ノ

 

 

そういえば東横インがベルリンにできるらしいですよ!まだ詳しい日程とかは決まっていないみたいですが、オープンしたらまた泊まりたいな~。

 

▼デュッセルドルフのおすすめのホテル紹介▼