ドレスデン|一度は行きたいドイツ最古のクリスマスマーケットの楽しみ方

 

Hallo!クリスマスマーケットめぐりが大好きAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

クリスマスマーケットの発祥の地ドイツでは、例年11月下旬から大小色んな都市でクリスマスマーケットが開催されます。

どこも素敵なマーケットなので「どの都市に行けば良いか迷ってしまう」となることは必然 🙄

 

そんなドイツのクリスマスマーケットに、もし「一都市しか日程的に行けない」という方がいた場合、私だったらここをお勧めしたい!というのが『ドレスデンのクリスマスマーケット』です。

 

Ann

べたべたやで~。でもマジで良いよ!

 

 

この記事ではドレスデンのクリスマスマーケット2018の各会場の情報(開催日程や時間、場所)や楽しみ方についてご紹介したいと思います 💡

 

Ann

実はドレスデンのクリスマスマーケットは市内にいくつか会場があるのだよ~。

 

ドイツ三大クリスマスマーケットにしてドイツ最古のひとつ

ドレスデンのクリスマスマーケットといえばよく言われるのが『ドイツ三大クリスマスマーケット』『ドイツ最古のクリスマスマーケット』ということですよね。

 

ドイツ三大クリスマスマーケットと呼ばれる都市は『シュツットガルト』『ニュルンベルク』そしてこの『ドレスデン』。

 

すべて訪れてみましたが、中でも私は一番ドレスデンのクリスマスマーケットが好き。

市内観光自体も素晴らしい街です。

 

Ann

三大マーケットだと個人的な順位は次にニュルンベルク、シュツットガルトって感じかな~。

 

 

そして一般的にドイツ最古のクリスマスマーケットというのはドレスデンと言われていますが、これは市内の会場のひとつ『Dresdner Striezelmarkt』(ドレスナー シュトリーツェルマルクト)のことを指しています。

 

はじめて開催されたのはなんと600年近く前の1434年。

2018年には第584回目の開催をむかえ、例年の来場者数は約250万人を超えるドイツでもっとも有名なクリスマスマーケットのひとつです。

 

 

クリスマスマーケットの起源については、日本のドイツ観光局広報マネージャー大畑悟氏が史料をもとに解説をされている記事があります。

とても興味深く、面白かったので皆さんもぜひご覧になってみてください 💡

 

 

 

ここだけは行きたい!おすすめのクリスマスマーケット会場

5つの会場

前述のとおり、ドレスデン市内にはいくつかクリスマスマーケットの会場があります。

ここでは私のおすすめの会場名をご紹介 😀

 

  1. シュトリーツェルマルクト/Dresdner Striezelmarkt
  2. 中世のクリスマスマーケット/Mittelalter-Weihnacht
  3. ノイマルクトのクリスマスマーケット/Advent auf dem Neumarkt
  4. フラウエン教会のクリスマスマーケット/Weihnachtsmärkte an der Frauenkirche
  5. アウグストゥスマルクト/Augustusmarkt

 

1~4は旧市街、5はノイシュタット(新市街)にある会場です。

とりあえずおおざっぱに言うと、旧市街に行けば全部徒歩で周遊できます。(5番目のアウグストゥスマルクトはノイシュタットなので旧市街から徒歩で行くときは橋を渡る必要あり)。

 

なお、通常クリスマスマーケットは入場が無料ですが、2番の中世のクリスマスマーケットのみ週末など一部の日は有料です。

 

あとで各会場の写真や行き方などを書きますね~!

 

ドレスデン市内観光におすすめの切符『一日券』

 

一日券(Tages Karte)

  • 一人用@6.0€
  • グループ用(最大5人まで)@15.0€
  • 『A』(ゾーン1)を購入
  • 打刻してから翌日朝4時まで利用可能

 

市内観光もクリスマスマーケットもくまなく周りたいという方には、ドレスデン市内の一日券がおすすめです。

 

 

 


写真のVVOの券売機は買い方が分かりづらいから、DB(ドイツ鉄道)の赤い券売機の方が良いかも

一日券はドイツ鉄道やVVOの自動券売機などで購入可能。駅やトラム(市電)乗り場にあります。

 

ドレスデン市内はVVO(オーバーエルベ運輸連合)が運営しており、市内のみの一日券を買うときの料金区分は『A』(ゾーン1)を買えばOK。

一日券を買えば市内の鉄道、トラム、バスは乗り放題です 😳

 

注意
必ず乗る前に打刻機でチケットに打刻要!!
忘れてしまうと罰金(60€)対象です。

 

 

そのほか市内の電車・バス乗り放題&博物館やレストラン・ショップの割引が可能な『Dresden Welcome Cards』(Dresden City CardやDresden Regio Cardなど)もあります。

がっつり市内の観光名所をいろいろ入場観光したい!という人にはこっちの方が良いかも?

比べてみてください~。

 

 

ドレスデン中央駅から旧市街中心地までの行き方


【ドレスデン中央駅構内の大きなクリスマスツリー】

 

  • 徒歩:アルトマルクト(Altmarkt)まで約17分
  • トラム:アルトマルクト(Altmarkt)まで約7~9分

アルトマルクト(Altmarkt)は旧市街の中心地かつ市内でもっとも有名なクリスマスマーケットである『シュトリーツェルマルクト』の会場場所であるので一例として書きました。

 

ドレスデン中央駅から観光名所が集まった旧市街までは徒歩でもそこまで遠くないですし、プラーガ通り(Prager Str.)をまっすぐ歩くだけなので簡単です。

もちろんトラムを使えばすぐ着きます。

 

一日の観光モデル一例

  1. 午前中~夕方まで:市内観光orドレスデン近郊観光
  2. 夕方~夜:ドレスデンのクリスマスマーケット観光(⑤④③②①の順番がおすすめかな)

なんといってもクリスマスマーケットは夜に訪れるのが一番!!

なぜなら雰囲気がかなり違います。

 

 


【ドレスデンの観光名所:君主の行列】

 


【ドレスデンの観光名所:フラウエン(聖母)教会】

 


【ドレスデン観光:カトリック旧宮廷教会】

 

一日ドレスデンに滞在できる時間があれば、夕方までは市内を観光し、夜からクリスマスマーケットを楽しむという方法がベストだと思います。

ドレスデンの旧市街は屋根のない美術館のように美しく、本当に素敵な街ですよー!

 

Ann

もちろん昼夜の雰囲気の違いを楽しむのでもいいと思うよ。

 

 


【ドレスデン新市街:クンストホーフ パサージュ】

また最近は旧市街以外にもエルベ川の対岸・ノイシュタット(新市街)地区も注目されており、『世界で一番美しい牛乳屋』に選ばれたお店もノイシュタットにあります。こちらもぜひ 😉

 

 

市内観光はもう良いかな~という方はドレスデン近郊の観光はいかがでしょう 😀

絶景のザクセンスイス、心躍るSLや美しいお城のモーリッツブルク城マイセンなど素敵な観光地がたくさんあります。

 

Ann

近郊観光する人は帰りの時間に気を付けてね。ちなみに私はドレスデンは3回言っているけど毎回市内観光しているよ。

 

 

 

 

そして夜のクリスマスマーケットを堪能するのであれば、できればドレスデンに宿泊しましょう。

クリスマスマーケット期間は少し値上がりするので、早めに宿泊予約をするのがおすすめです!

 

泊まるのであれば旧市街、ついで中央駅周辺が便利かと思います。

宿泊代金が高い場合は、新市街もチェック。一日券などあればトラムなどを使って移動できますしね!

 

Ann

私はだいたい旧市街周辺に泊まっている~。

 

【2018年】各会場の紹介や場所、開催日程など

⑤アウグストゥスマルクト(ノイシュタット)
④フラウエン教会のクリスマスマーケット(旧市街)
③ノイマルクトのクリスマスマーケット(〃)
②中世のクリスマスマーケット(〃)
①シュトリーツェルマルクト(〃)

さてここから私のおすすめの5つのクリスマスマーケット会場について、先ほど書いたモデルルート通りの順番(⑤④③②①の順番)でご紹介していきます。

ちょっと長いかもですがお付き合いください 🙂

 

 

⑤~①全部徒歩でまわれますが、⑤から④に移動する際はアウグストゥス橋を渡る必要があります。

そのときのエルベ川からの旧市街の夜景が大変美しいので、トラムではなくここは徒歩での移動がおすすめです!

夕暮れどきも素敵でした~。

 

Ann

③②は逆でも良いかも。まぁぶっちゃけ順番はなんでも良いけどね!ただ位置的に効率良いまわり方だと思う~。

 

⑤アウグストゥスマルクト(ノイシュタット)

さて最初にご紹介するのが『アウグストゥスマルクト』(Augustusmarkt)

 

アウグストゥスマルクトはエルベ川の対岸はノイシュタット(新市街)と呼ばれる地区で開催されるクリスマスマーケット。

2012年から開催されたまだ新しいマーケットです。

 

ドレスデンのクリスマスマーケットはほとんど旧市街にかたまっているので、アウグストゥスマルクトは意外と見落としがちになりますが、市内のクリスマスマーケットの中でシュトリーツェルマルクトに次ぐ規模の大きさを誇ります。

 

こちらも要チェックですよ!

 

 

開催場所は旧市街からアウグストゥス橋を渡った先のノイシュタット・マルクトからアルベルト広場までのハウプト通り。

 

エルベ川側の入り口にはアウグストゥス強王の像と大きな観覧車があります。

 

 

長く続く約500mの道の両側には、飲食や伝統工芸品の屋台がずら~っとつらなっていて、もーどこに入ろうか、何を食べようか迷う迷う。

 

アルベルト広場側の入り口の方にはスケートリンクもありました 💡

 

 

さてだいぶ雰囲気が違いますが、これはアウグストゥスマルクトの昼間の様子。

このマーケットの一番のうりは国際的なクリスマスマーケットということです。

 

出店いる飲食の屋台の多くが国際色豊かな異国のもの。

ロシア・ウクライナ・インド・チェコ・ブダペスト・イタリアなどなど、いろいろな国の料理が食べられるので、グルメ好きの人におすすめです 😉

 

2018年基本情報

  • 【開催期間】11月29日(木)~12月23日(日)
  • 【営業時間】月~木11:00~21:00(金~22:00)、土10:00~22:00(日~21:00)
  • 【開催場所】ノイシュタット・マルクト(Neustädter Markt)からアルベルト広場(Alberplatz)の間のハウプト通り(Hauptstraße)
  • 【公式サイト】http://augustusmarkt.de/site/

 

 

行き方

  • 旧市街から徒歩:アウグストゥス橋を渡ってすぐ
  • トラム(市電):ノイシュタット・マルクト(Neustädter Markt)またはアルベルト広場(Alberplatz)で下車

 

 

④フラウエン教会のクリスマスマーケット(旧市街)

 

つづきまして旧市街のクリスマスマーケットのひとつ『フラウエン教会のクリスマスマーケット』(Weihnachtsmärkte an der Frauenkirche)

 

ドレスデンのランドマークでもあるフラウエン(聖母)教会周辺で行われます。

ここは本当~にロマンチックで素敵な景色を見られるので超おすすめです!

 

Ann

もう、見よこの美しさ…ってため息がでるぐらい(興奮)。

 

 

このクリスマスピラミッドがとても素敵ですよね。

高さは約8メートルもあり、中の木製の人形は手作りだそうです。

 

 

このマーケットの最大の特徴は煌めくライトアップ。

教会からエルベ川までの通りミュンツガッセ(Münzgasse)は、まるできらきら光る星空が照らしてくれているような美しい光景です。

 

この風景は川沿いの遊歩道『ブリュールのテラス』(Bruehl Terrace)から見ることができます。

 

Ann

これは本当に必ず見てほしい!

 

 

もう美しすぎて言葉が出ない…。

ここももしかしたら見落としがちかもしれないので、絶対に忘れずに!!

 

2018年基本情報

  • 【開催期間】11月28日(水)~12月24日(月)
  • 【営業時間】日~木10:00~21:00、金土10:00~22:00(飲食系は~23:00)、12月24日10:00~14:00
  • 【開催場所】フラウエン教会(Frauenkirche)からブリュールのテラス(Bruehl Terrace)までのミュンツガッセ(Münzgasse)
  • 【公式サイト】https://www.weihnachtsmarkt-dresden.de/

 

 


【奥に見えるのは対岸のアウグストゥスマルクトの大観覧車】

行き方

  • 最寄りのトラム:Pirnaischer Platz下車、徒歩約7分
  • 旧市街から:一例アルトマルクト広場から徒歩約6分
  • 新市街から:ノイシュタット・マルクト(Neustädter Markt)から徒歩約12分

 

ヒルトンホテルの真横が会場です!

 

③ノイマルクトのクリスマスマーケット(旧市街)

つづきまして、さきほどのフラウエン教会のすぐ近くの『ノイマルクトのクリスマスマーケット』(Advent auf dem Neumarkt)

教会の真正面にあるノイマルクトで行われます。

 

 

他の会場より少し落ち着いた感じのノイマルクトは100年以上前の時代のマーケットを再現しており、昔ながらの伝統的なマーケットの様子が見られます。

 

質の良い伝統的な工芸品や、手づくりのアート作品なども販売している屋台が多いのが特徴です。

 

Ann

金平糖のような星のライトも可愛い。

 

2018年基本情報

  • 【開催期間】11月29日(木)~12月23日(日)
  • 【営業時間】11:00~22:00(12月23日~20:00)
  • 【開催場所】ノイマルクト広場(Neumarkt)
  • 【公式サイト】https://www.weihnachtsmarkt-dresden-neumarkt.de/

 

行き方

  • 最寄りのトラム:AltmarktまたはPirnaischer Platz下車、徒歩数分

 

②シュタールホーフの中世のクリスマスマーケット(旧市街)

シュタールホーフ(Stallhof)の『中世のクリスマスマーケット』(Mittelalter-Weihnacht)はとっても楽しいクリスマスマーケット。

ここもドレスデンに来たのならぜひ訪れてほしい会場です!

 

このマーケットの出展者たちは、みな中世(後期)の衣装を着て当時の道具を使い、500年以上前の世界を表現しています。

この空間に足を踏み入れると、まるでタイムスリップしたような体験ができますよ 💡

 

Ann

ちょっとしたテーマパーク感で興奮!
でもすごい人気で混んでいるから、スリとか気を付けてね。

 

 

ちなみにシュタールホーフはドレスデン城の中庭であり、その外壁はドレスデンでもっとも有名な観光名所のひとつ『君主の行進』

ここは外せない観光名所です。

 

 

さて話は戻って城の中庭シュタールホーフへ。

この怪しい雰囲気の場所がシュタールホーフのクリスマスマーケットの入り口です(たしか反対側にもうひとつあった)。

 

注意
週末(金~日)および12月27日~30日のみ入場料が大人3€かかります。

 

 

扉の向こうはおとぎ話の世界!!

 

皆さん中世の道具を使い、衣装を身にまとい…本当に雰囲気ばつぐんです 😯

 

 

そしてここで取り扱われている通貨は『Taler』(ターレル、ターラー)。

昔ドイツで使われていた銀貨の単位です。芸がこまかいですよね(笑)

 

補足
実際に支払うときは€(ユーロ)でOKです。

 

 

すごい大きな鉄板で調理されている食べ物など…。

シュタールホーフのマーケットでは作り置きではなく、その場で調理されているものなので熱々が食べられるのがアピールポイントのようです。

 

グリューワイン(ホットワイン)も地元のエルベ川産のワインで作られており、食に対するこだわりが感じられますね 💡

 

 

ほかの会場では見られないクリスマスツリーや…

 

 

氷漬けの鎧…

 

 

ドラクエ感ただようワインボトル…

 

 

ローブなど中世の衣装や…

 

 

   

武器好きにはたまらないナイフなども販売!

 

 

シュタールホーフにはたくさんの職人もいるので、いろいろな工芸品やアクセサリー類が見られます。

 

Ann

写真撮ってなかったけど、なぜか木製のお風呂もあったよー!しかも床が濡れてて、誰かが入ったあとが(笑)

 

2018年基本情報

  • 【開催期間】11月28日(水)~12月23日(日)
    Rauhnächte nach Weihnachten:12月27日(木)~30日(日)、2019年1月2日(水)~6日(日)
  • 【営業時間】11:00~21:30
  • 【開催場所】シュタールホーフ(Stallhof)
  • 【公式サイト】http://www.mittelalter-weihnacht.de/startseite.html

 

行き方

  • 最寄りのトラム:Theaterplatz下車、徒歩約5分
  • 徒歩:フラウエン教会(聖母教会)から約3分

 

 

①シュトリーツェルマルクト

さぁ最後の5つ目はラスボス間満載の『シュトリーツェルマルクト』(Dresdner Striezelmarkt)です 😛

 

旧市街の中心地アルトマルクト広場(Altmarkt)で開催される、ドレスデンでもっとも有名で大きいクリスマスマーケットになります。

 

Ann

ほかの会場より説明長いのでよろしく!

 

歴史やシュトレン祭りについて


昼間の入り口はこんな感じ

そして前述したとおり初開催の年はさかのぼること約600年の1434年。

これがドイツ最古のクリスマスマーケットといわれるゆえんですね。

 

また、ドイツ三大クリスマスマーケットのひとつともされ、日本でももっとも有名なクリスマスマーケットではないでしょうか。

 

 

さてドレスデンのクリスマスマーケットに来たら必ず買いたいor食べたいもの。

それはクリスマスシーズンに欠かせない『シュトレン』(Stollen)

最近日本でもシュトレンが人気になっているそうですね~ 💡

 

実は『シュトリーツェルマルクト』(Dresdner Striezelmarkt)の名前は、このシュトレンの中高ドイツ語時代の単語(StrutzelまたはStriezel)から由来しています。

 

 

また一般的にはシュトレンはドレスデン発祥と言われ、ドレスデンの約120を超えるお店が伝統と品質を守りそれぞれの店の味でのシュトレンを販売。

 

毎年品質チェックの試験があり、合格したものだけが『Dresdner Christstollen』を名乗ることを許されます。

パッケージには写真のような金色のシールが貼られているので買うとき確認してくださいね♪

 

 

そして我こそは『シュトレンの首都』(Stollenhauptstadt Dresden)と名乗るドレスデンでは、クリスマスマーケット中の毎年12月第2土曜日に『シュトレン祭り』(Stollenfest)を開催。

 

世界中から数十万人の観光客が訪れるこのシュトレン祭りは今年で第25回目をむかえます。

 

お祭りの一番のハイライトは職人たちが作った巨大なシュトレンと共に500人以上が行進を行うパレード。

そして最後にはクリスマスマーケットのメイン会場であるシュトリーツェルマルクト(アルトマルクト広場)で巨大シュトレンにナイフが入り、その後販売されるのです。

 

Ann

一度は見てみたいよね!

 

第25回シュトレン祭り

 

写真スポット

さて話を戻して次からは会場の様子をご紹介します。

まずはシュトリーツェルマルクトの撮影スポットについてです 💡

 

ヴィルスドルッファー通り(Wilsdruffer Str.)側のメイン入り口にあるこの看板に注目!

この看板は上にはのぼれるので、シュトリーツェルマルクトを上から見ることができます。

 

 

こんな感じ。

少しの高さからでも、こんなにきらきら輝くクリスマスマーケットを見渡せるので写真チャンスです 😉

 

豆情報
マルクトの奥に見える『聖十字架教会の塔』(有料4€)にのぼると、高い位置からクリスマスマーケットを一望できるそうです。
通常の営業時間は~18:00(土~15:00)で終了ですが、クリスマスマーケット中の詳しい営業時間などは公式サイトを確認してください。

 

注目①世界最大のクリスマスピラミッドと大型遊具

シュトリーツェルマルクトのランドマークと言えば『世界最大のクリスマスピラミッド』

高さは約15mほどあり、ギネスブックにも認定されています。

 

 

こうやって見ると屋台よりだいぶ高いですよね~。

 

 

そのほか回転ブランコや観覧車などもあり、ちょっとした遊園地気分も味わえます。

 

そうそう特にこの観覧車に注目。

ドイツの観覧車は日本と違って何倍も回るスピードが早いです。見たら驚くと思うのでお忘れずに!

 

 

私がこの上のツイートをする時点で乗ったことがある観覧車は大きいものだったのですが、後日ドレスデンと同じサイズの観覧車をケルンで乗ったら、何度まわるのか覚えてないくらいまわりました(笑)

 

Ann

そしてめっちゃ早かったから意外と怖かった…。

 

注目②屋台の装飾

つぎに何がすごかったって、『各屋台の装飾』です。

 

他の都市と比べてどれも異なり、可愛かったり個性的だったり…!

いつも以上に屋台を一つ一つ眺めていたので、ずっと歩きながら楽しめました 😀

 

 

いろいろなところに『可愛い』が潜んでおって危険です(笑)。

もはやゴミ箱すら愛らしい 😆

 

 

注目③屋台が豊富

 

 

自慢できるほどではないですがいろいろクリスマスマーケットをまわったなかで、シュトリーツェルマルクトは「ほかで見たことのないグルメ屋台がたくさんある!」と思いました。

 

クリスマスマーケット定番のグルメを食べられるのはもちろんのこと、そろそろ違うものにチャレンジしてみたいな~という人にぴったり!

 

Ann

プンシュも飲んだことのないオレンジプンシュが飲めたよ~。

 

 

ちなみにクリスマスマーケット定番グルメについては下記の記事で書いているので、良かったら見てください 😉

 

 

 

クリスマスオーナメントや工芸品も可愛いのばかりだし、もうどこ歩いてもきらきら美しい…。

控えめに言っても本当に最高でした( ;∀;)

 

2018年基本情報

 

行き方

  • 最寄りのトラム:Altmarkt下車、徒歩約5分
  • 徒歩:ドレスデン中央駅から約17分

 

 

終わりに

駆け足でしたが、以上『ドレスデンのクリスマスマーケット』のご紹介でした!

 

いくつか会場がある中で、「時間がなくてもここは周っておいた方が良いよ!」という会場を書いたので参考になればうれしいです。

 

実際に訪れたときにいろいろ興奮しながらまわった思い出があるので、ドレスデンのクリスマスマーケットは本当に大好きなんですよ~。

 

ということで、「どこか一都市のみと言われておすすめするなら…」の質問の回答としてはべたかもしれないですが、その場合はドレスデンをおすすめします 💡

 

Ann

もちろんドイツのほかの都市のクリスマスマーケットもやばいから!

 

 

次はどこの素敵なクリスマスマーケットに会えるか考えるだけで楽しみです。

それでは(=゚ω゚)ノ