ドイツ・デュッセルドルフのクリスマスマーケット2019<開催期間・営業時間・地図や見どころなど>

 

Hallo!日本にいたときはそこまでクリスマスマーケットに興味がなかったのに、実際にいろいろ訪れてみたら超好きになったAnn(@Ann01110628)です(;=゚ω゚)ノ

 

日本人がドイツ旅行にもっとも行きたい時期としてあげられるのも分かりました。

 

ドイツ三大クリスマスマーケットで有名なのが「ドレスデン」「シュツットガルト」「ニュルンベルク」ですが、この時期はほぼどこの都市でもこのクリスマスマーケットが見られます。

 

今回はデュッセルドルフの2019年のクリスマスマーケットのご紹介します♪

デュッセルドルフ市は『ドイツの中でもっとも美しいクリスマスマーケットの一つ』として謳っていますよ 😉

 

Ann

どこの都市もそんなこと言ってる気がするw でもほんとに結構有名!

 

 

■初掲載日:2017年10月10日

 

2019年開催期間・営業時間

開催期間

  • 2019年11月21日(木)~12月30日(月)
    ※休み:Totensonntag=11月24日(日)、12月25日(水)

 

Ann

3年ぐらいから年末までやるようになったんだよね~。

 

Ann

そして今年も2年前まで休みだった24日も開催するよ!

 

開催時間

  • 【日曜日~木曜日】11:00~20:00
  • 【金曜日・土曜日】11:00~21:00
  • 【12月24日】10:00~15:00
  • 【12月26日】14:00~20:00

 

基本的に日曜日は一部の飲食店以外のお店はお休みのドイツですが、クリスマスマーケットは日曜日もやっています🎄

 

注意
開催期間にも記載しましたが、Totensonntagである11月24日(日)はクリスマスマーケットもお休みです。

 

開催場所

デュッセルドルフ中心地に複数の会場がある


ピンをクリックすると会場名が出てきます

 

デュッセルドルフのクリスマスマーケットは旧市街をメインに、その周辺の複数エリアに会場があります。(8つぐらいかな?)

ちょっと歩くけど、全て徒歩範囲で行動できるのがデュッセルドルフのクリスマスマーケットのいいところ。

 

メイン会場は市庁舎前の『Marktplatz』(マルクト広場) 💡

ほかの各会場もコンセプトが異なり、全部見て回るのがいつも楽しみです。

 

また、特に会場という訳ではないですが、高級店が並ぶショッピングストリート『Königsallee』(ケーニヒスアレー)の装飾もとても綺麗ですのでぜひぜひ。

 

 

続きまして各会場の最寄り駅を上記地図の右側から一応書いておきますね!

 

 Schadowstraße

H&MやZARAなどアパレル系のお店が連なっているショッピングストリートですね。

屋台がいろいろ並んでいます。

 

 

昨年は凄い数の型を売っている屋台で可愛い型を買ったのですが、今年もいらっしゃるかな~ 😳

 

【最寄り駅】:地下鉄Uバーン『Schadowstraße』駅

 

Jan-Wellem-Platz(Kö-Bogen)

 

Kö-Bogenの会場に例年お店を出しているラクレットチーズがめちゃんこ美味しいです。おすすめ~。

Ann

ちょっと高かったけど。

 

 

子供用のメリーゴーランドやアトラクションもあります。

 

2016年まではスケートリンクがここにありましたが、2017年からはGaleria Kaufhof(デパート)の前のCorneliusplatzへ移動しました。

Ann

Corneliusplatzの長い工事がやっと終わったからね~。

 

【最寄り駅】地下鉄Uバーン『Schadowstraße』駅

 

Schadowplatz

 

f:id:DE39:20171010194729j:plain

ショッピング通りSchadowstr.のど真ん中にある広場『Schadowplatz』。

この会場は『Märchen-Markt』(メルヘン・マーケット)と呼ばれ、屋台のとんがり屋根の形がとっても可愛い!

 

また、LEDライトが15,000個も使われており、きらきらの空間を楽しめます。

 

 

Ann

2018年10月にはSchadowplatzの角っこにユニクロもオープンしたよ~!

 

そして、この会場のグリューワインの容器が珍しいグラスタイプでこれまた可愛いので要チェック。

 

ローテンブルクの『一年中クリスマス』なお店『Käthe Wohlfahrt』(ケーテ・ウォルファルト)の屋台も例年この会場にあります。

 

Ann

今年も出るはず。

 

【最寄り駅】地下鉄Uバーン『Schadowstraße』駅

 

Stadtbrückchen

コンセプトは『Der Sternchenmarkt=小さな星の市場』

小さい星がたくさんあるようなキラキラしたクリスマスマーケット会場です✨

 

広さがそこまで大きくないので、結構混んでいる会場です。

場所がちょっと気づかないかもなので注意。Heinrich-Heine-Platzの奥にあります。

 

 

昨年ここの会場の屋台で可愛い雪だるまのカップを手に入れました

Ann

こんなに可愛いグリューワインのカップははじめて!

 

【最寄り駅】地下鉄Uバーン『HeinrichHeine-Allee』駅

 

Heinrich-Heine-Platz

einrich-Heine-Platzの会場のコンセプトは『Engelchenmarkt=小さな天使の市場』💛

地下鉄の駅を出たらすぐのアクセス抜群の会場です。

 

 

コンセプト通り、屋台には天使がいて頭上からのぞいています。

ここもとても人気があるので混んでますよ~。

 


ここ2年は確実に『ペルーのコロッケ』の屋台は見ているんだけど、食べたのは昨年がはじめて。

美味しかったですよ♬

 

【最寄り駅】地下鉄Uバーン『HeinrichHeine-Allee』駅

 

Flinger Straße

Heinrich-Heine-Platzから旧市街に広がるFlinger Straßeにあるクリスマスマーケット。

 

 

ランドマークであるクリスマスタワー兼グリューワインのお店もありますよ~。

 

【最寄り駅】地下鉄Uバーン『HeinrichHeine-Allee』駅

 

Marktplatz

市庁舎の前にある旧市街の『Marktplatz』(マルクト広場)。

ここが一番のメインですかね。

 

 

この会場に来たらクリスマスツリーと市庁舎の写真を必ず撮っている私です(笑)。

Ann

絵になる~。

 

 

この会場は『Handwerker-Markt』(職人のマーケット)とも呼ばれ、会場には職人たちによる商品が販売されています。

 

 

また、たくさんの飲食の屋台があるので夜は人であふれ、グリューワインなど買うのは大変かもしれません💦

昼間はさほど混まないので人混みが嫌いな人は昼間がおすすめ。

でもやはり夜が一番雰囲気でて綺麗です 😉

 

なお、一番奥のお店では例年白ワインのグリューワインが飲めます(基本は赤ワインベースなので珍しい)。

 

【最寄り駅】地下鉄Uバーン『HeinrichHeine-Allee』駅

 

Burgplatz

最後にライン川近くの『Burgplatz』(ブルクプラッツ)。

なんと巨大な観覧車が登場します🎡

まわるスピードが早いので一度ご覧ください(笑)。

 

意外と人が少ないので穴場かもしれません~。

 

【最寄り駅】地下鉄Uバーン『HeinrichHeine-Allee』駅

アクセス

一番簡単なのはデュッセルドルフ中央駅から地下鉄Uバーンで『HeinrichHeine-Allee駅』に行って、徒歩で各会場を周る感じですかね。

U75/76/78/79のどれかに乗って3駅目、約4分と近いです。

 

デュッセルドルフ中央駅から旧市街までは徒歩で約15~20分ぐらい。

Uバーンに乗らなくても行けます。

 

一日デュッセルドルフ市内をあれこれ移動するなら、市内の一日券を買うと便利ですよ 💡

 

夜だけの市内移動なら、RheinbahnまたはVRR加入の運輸連合のオンラインまたはアプリ購入限定にはなりますが『HappyHourTicket』がおすすめです。

■HappyHourTicket

  • 【料金】3.19€
  • 【適用時間】18〜翌6時
  • 【内容】デュッセルドルフ市内の公共交通機関がの乗り放題(特急のぞく)
  • 【公式サイト】RheinbahnVRR

デュッセルドルフのクリスマスマーケットでおすすめのグリューワインとお土産

白のグリューワイン

f:id:DE39:20161103204118j:plain

さきほどもちょっと書きましたが、毎年Marktplaztにあるグリューワイン屋さんで飲める白ワインベースのグリューワイン。

グリューワインは基本赤ワインで作られるのですが、デュッセルドルフでは白ワインをベースとしたグリューワインが飲めるので見つけてみてください~。

 

Schadowplatzのグリューワイングラス

f:id:DE39:20171010200248j:plain

珍しいグラス型の容器。

今年のデザインがどうなるか分かりませんが、凄い可愛かったので同じような感じだったらお土産にも良いかもです。

 

そしてすいません。これは家で撮影したので中身は紅茶ですw

 

グリューワインのカップは持ち帰りが可能

容器をお土産にってどういこと??

と思うかもしれませんが、クリスマスマーケットのグリューワインのカップは持ち帰ることができます。

 

お金を支払うときはグリューワイン代にプラス『デポジット代』が含まれているので、欲しかったらそのまま持って帰ってOKです。

 

いらない場合はお店の人に返して、デポジット代を返してもらってください。

 

 

ということで、持ち帰りたい人はベトベトになるのでビニール袋だったり、ウェットティッシュを用意してくと良いですよ~ 💡

 

まとめ

以上、『デュッセルドルフのクリスマスマーケット2019』の紹介でした。

 

期間中はたくさんの屋台が出店し、いろいろなグルメや手芸品、クリスマスのオーナメントなどが販売しています。

煌びやかな街並みは歩くだけでも楽しいですよ(*’▽’)✨

 

 

また、デュッセルドルフのクリスマスマーケットは旧市街以外にも各地区で行われています。

中でもおすすめなのが『ベンラート城』。

 

メルヘンな雰囲気の中で楽しめるクリスマスマーケットです。

週末限定の開催なので期間は要チェックですよ💡

【おとぎの世界?】ベンラート城のクリスマスマーケット2019|デュッセルドルフ

 

 

そしてデュッセルドルフの近隣ではドルトムントやケルンのクリスマスマーケットが有名です。どっちも素敵でした✌

また、私のお気に入りの同州アーヘンのクリスマスマーケットは州内で一番好き 😀

 

デュッセルドルフを拠点にNRW州のクリスマスマーケットを巡るのも良いと思いますよ~。

 

それでは(=゚ω゚)ノ