【工場直営店】ドイツの人気チョコ『リッター』Ritter SPORTのアウトレットに行ってきた

Hallo!ドイツに来てからチョコレートをよく食べるようになったAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

海外のチョコレートは甘すぎることが多いのであまり好きじゃなかったのに、ドイツのチョコレートは美味しいから食べちゃうぞ!

何せドイツは世界有数のチョコレート消費国。

チョコレート大好き国民の国です。

そんなドイツの大人気チョコレートブランド『Ritter SPORT』(リッター スポーツ※)のアウトレットを今回ご紹介します 💡

Ann
Ann

リッターはドイツで2番目に人気のチョコレートブランドだよ

MEMO

ドイツ語読みだとリッター シュポルトですが、ここでは英語読みのリッタースポーツに統一しますね。

Ritter SPORTリッタースポーツとは

ドイツの人気チョコレートブランド

ワッフル

日本でも『PLAZA』や『カルディ』『成城石井』など、輸入菓子を販売しているお店などで手に入るぐらい有名なドイツのチョコレート『リッタースポーツ』

ドイツでは『Milka』に次ぐ人気を誇り、ドイツのチョコレート市場の約25%のシェアを誇っています(2017年)。

そのリッタースポーツを製造している『Alfred Ritter GmbH』(アルフレッド・リッター社)はリッター夫妻によって1912年に創業開始。

最初は『Alrika』という長方形の板チョコを販売していたそうです。

本社工場

事業は成長し80人以上の従業員を抱えたため移転へ。

1930年創業の地シュツットガルトのBad Cannstatt(バート・カンシュタット)から、現在本社・工場があるシュツットガルト近郊Waldenbuch(ヴァルデンブーフ)へ移りました。

Ann
Ann

Waldenbuchはめちゃくちゃのどかな田舎だった~。

コーヒークラッシュ

そして本社工場移転から2年後の1932年。

妻クララさんが「どんなスポーツジャケットのポッケにも入る、割れない長方形と同じ重量のチョコレートを作りましょう。」と誕生したのが現在のリッタースポーツ。

通常スーパーで売っている板チョコを想像すると長方形の形を想像すると思いますが、リッタースポーツの一番特徴的な部分である『正方形』はここから生まれたんですね💡

種類の多さとカラフルな包装

いろいろな味の種類がある

大容量シリーズやミニサイズなどもありますが、一般的な100gの正方形のチョコレートは季節ごとの期間限定商品を含め、だいたい30種類ちょっとあります。

いろいろな味が選べるのでどれにするか迷ってしまいますよ~。

そしてもう一つ特徴的なのがそのカラフルさ。

いろいろな味が出ているのですが、その味をイメージしたカラーがパッケージになっているのでとっても鮮やか。

見た目も可愛いので私は大好きです💡

リッタースポーツの本社工場があるWaldenbuch(ヴァルデンブーフ)

どんな施設があるのか?

リッタースポーツの本社工場があるWaldenbuch(ヴァルデンブーフ)はシュツットガルトから南に約17kmにあります。

このヴァルデンブーフには工場の他、一般人が訪れることのできる工場直営店(アウトレット)施設などが併設!

私は今回あるグッズがほしくてはるばるヴァルデンブーフに向かったのでした。

Ann
Ann

とまぁ、ちょうどホーエンツォレルン城に行く予定があったのでちょうど良かったんだよね。

  • 工場直営店(アウトレット)
  • カフェ
  • ミュージアム
  • 子供のためのワークショップ(要予約)

さて一般人向けにつくられた施設ですが、下記の施設・サービスが利用できます。

この写真の右側に工場直営店(アウトレット)とチョコレート展があり、左側にミュージアムとカフェがあります。

公共交通機関で向かう場合は鉄道はありませんが、近くまでバスが通っています。

行き方はあとで書きますね💡

中でも注目の工場直営店(アウトレット)。

ここではリッタースポーツが定価より安く手に入りますよ~!

また、大容量のファミリーパックなどスーパーでは販売していない商品のほか、グッズも手に入るのでリッタースポーツ好きの人にはたまらない場所です 😉

Ann
Ann

チョコレートはもちろん、グッズとかレアだし可愛いからお土産に良いよ!

日本未発売もたくさん買えるアウトレット店舗

さて行きたかったリッタースポーツの工場直営店(アウトレット)へいざ入店!

そこはまさしくリッタースポーツ★パラダイスだった…泣。

本当に種類がとても多いので、なにを買おうか迷う迷う。

お値段のほうは通常の100gサイズが定価1.09€に対し、工場直営店(アウトレット)では0,89€で販売0,20€お得に買えちゃいます💡

あと私が行ったときは10個以上買うと、1個69¢になるキャンペーンをやっていました 😀

MEMO

ただスーパーで安売りをしている時は同等かそれ以上安く買えることもあります。ただこの豊富な品揃えはスーパーでは味わえません。

これはクリスマスシーズンの期間限定商品。

クリスマスマーケットには欠かせない焼きアーモンド(Gebrannte Mandeln)味があったので買いました~。

リアルの焼きアーモンドは本当に美味しくて大好きなんですが、リッタースポーツの焼きアーモンドチョコもとても美味しいので見つけたらぜひ試してみてください。

例年クリスマスシーズンの季節限定商品で発売されます。

またほかのクリスマスエディションもありました。

クリスマス時期のパッケージは本当に可愛いですよ!

そして可愛くて人気のリッタースポーツ・ミニサイズもお安くなってます 😀

ミニサイズは小分けになっているのでお配りにも適していますよ~。

私の家族(特に母)がこのミニサイズをお気に入りなので、毎回一時帰国する際は買って帰ります。

あとこれはうちで撮った写真なんですが、人気のリッターのキューブ型ももちろんあります。

これもものごっつ可愛いですよね~。

サイズは上記のミニサイズよりさらに小さいんですけど、これも小分けになっているのでお配りにいいと思います💡

工場直営店(アウトレット)限定品

【チョコレート】

いろいろあったんですが、特におすすめはこれ。

スーパーでは手に入らないミニサイズのファミリーパック(大容量)!

これはばらまき土産に良いですよ~!!

お得過ぎるしお土産に喜ばれるので即購入💡

一時帰国したときに友人に配りまくって好評でした 😆

あと通常サイズやミニサイズが箱に入っていて、プレゼントしやすいものなど。

これもスーパーでは見ない商品です!

そしてさっきの写真を見てえっ、って思った方いますかね。

いたら良く見てる~!

そう右の一番下にあるこの商品…その名も『minimeter』。

なんと7種類のミニサイズが72個も入っているんです(笑)!!

長さ1m、重さ1,2kg。

これは子供とか喜びそうですよね~。

Ann
Ann

いや私もらっても嬉しい😀

見たとき「でかい!」って思ったよけど

【グッズ】

<そしてRitterのオンラインショップが2019年1月1日で終わってしまったので、公式で買える場所はここしかないであろうグッズたち!

もうこれまためっちゃカラフルで可愛くて欲しくなるものが多かったです!

まずこちら。

キュートなカンカンですよね。何に使うと思います?

なんと…チョコレート入れ!

ということで、まさかのリッタースポーツチョコレートさん入れでした(笑)

こちらは箱バージョンのチョコレート入れ。

リュックは「…」だったけど、このボックスも欲しかったな~。

あとね、マウスパッドは一目ぼれで購入しました。

これは購買欲にあらがえない~!

しかし私は愛用のマウスパッドがあるので、このスペシャルセンス良いマウスパッドはお土産にしました 😥

れぐらいだったら会社でも使えますよね~。

Ann
Ann

大事に使ってくれているかしら…。

そしてそして大本命!

今回これを求めにきた!っているのがこちらの商品です。

Ann
Ann

なんじゃこれ??

リッターのバッグだよー!!!!!!

どんだけリッター好きなのーーーーーー!!!!!!!!というバッグですよね(笑)。

これは『可愛いエコバッグが欲しい』と、こだわりの強いオシャレ好きな妹に言われて用意したお土産のバッグ。

実は一度BIOスーパーで買ったエコバッグの画像を見せたら「可愛くない」と拒否されて、どんなのだったら良いのよ…。と途方にくれていたときに、偶然帰りの駅のホームで横に立っていたお姉さんが持っていたんですよ!

Ann
Ann

こ、これだー!!

と妹にバッグの画像を送ったら「これ可愛い!欲しい~。」とOKをもらえたので、買いに来ました(笑)。

Ann
Ann

どんだけ妹ラブなんだろう私…。

まぁめちゃくちゃ派手なんですけど、普通に可愛いですよ~。

ということで大満足でリッタースポーツ工場直営店で散財したのでした 😆

ドイツですのでもちろん袋は有料です。

でも紙袋もめっちゃめんこいのであえて買うスタイルでいきました(笑)

Ann
Ann

エコバッグは常備しているからね

【チョコレート展】

お店の2階はリッターの歴史についての展示があります。

時間がなくてゆっくり見られなかったのですが、時代によって変わっていくパッケージなども見られます。

入場無料です。

【リッターミュージアム&カフェ】

ミュージアム併用のカフェ(ミュージアムとは先ほどの展示のことではないです。)

リッターのチョコレートを使った料理なども食べられるということで、このカフェで朝ごはんを食べようと思っていたAnnさん。

しかし営業が8時からだと思ったらまさかの9時!!(ただの私の思い込み)。

8時には現地についていたため1時間近くのパン屋さんで暇をつぶしたのですが、そのため時間がなくなってしまったのでなくなく利用は諦めたのでした…。

これが時間がなかった理由です~泣。

テラスもあるので、天気が良い暖かい日は良い景色を見ながらカフェを楽しめると思います

営業時間

工場直営店(アウトレット)
  • 【月曜日~金曜日】09:00~18:30
  • 【土曜日】09:00~18:00
  • 【日曜日・祝日】11:00~18:00※
  • 【公式サイト】https://www.ritter-sport.com/visit
カフェ
MEMO

そのほかの施設の営業時間は公式サイトでご確認ください。

行き方

  • 【住所】Alfred-Ritter-Straße 25, 71111 Waldenbuch
Ann
Ann

通り名に創業者の名前が付いているからすごいね!

  • バス

公共交通機関で行く場合は最寄りのバス停から徒歩になります。

行き方(バス)

最寄りのバス停:Postamt, Waldenbuch

前述のとおり公共工月巻で工場直営店(アウトレット)に行くにはバスしかありません。

最寄りのバス停『Postamt』からは徒歩約10分です。

注意
『Postamt』はドイツ国内にいくつかある地名なので、ドイツ鉄道やVVSで乗換案内を調べる際は『Postamt, Waldenbuch』で調べてくださいね💡

最寄りのバス停からの歩き方

Googleマップが使えればまったく問題ない道のりです💡

レンタルWIFIやSIMカードでインターネットを使えるようにしておいてくださいね~👍

バス停を降りたら進行方向のまま進みます。

勘違いから私が1時間朝ごはんを食べながら時間をつぶしたパン屋さん、を横目に進みます。

Ann

本当に朝早くから営業してくれてありがとう展。寒すぎたので命を救われた…!

まっすぐ進んだらAPOTHEKE(薬局)側に渡って、Ritterのマークの看板が示しているように右側に曲がります。

まっすぐずっと歩いているとカラフルな正方形が目に見えてきました~!

うわ~工場本社も可愛いRitterさん… 😳

でもここがゴールではないので、横目にもう少しまっすぐ進んでいます。

ほんのちょっと先を歩くと工場直営店やミュージアム、カフェのある入り口に。

ここを入っていきます。

この建物を右手に進んで…

ゴールです!!

お疲れさまでした💡

シュツットガルト中央駅から行く場合

行程例

  • シュツットガルト中央駅(Stuttgart Hbf)→S3(鉄道)でラインフェルデン(Leinfelden Bf)へ
  • ラインフェルデン(Leinfelden Bf)からバス826テュービンゲン中央駅(Tübingen Hbf)行きに乗る
  • 約20分後の『Postamt, Waldenbuch』で降りる

ゾーン4のチケット例

  • ひとり片道5.30 €のため、一日券(TagesTicket)8.60 €がお得
  • 3~5名ならグループ一日券(GruppenTagesTicket)17.10 €がお得
補足
そのほか広範囲を移動予定の人は州一日切符(Baden-Württemberg-Ticket)やシュツットガルト近郊区域の一日券(MetropolTagesTicket)でもOK。平日は9時から利用なので注意。
補足
ジャーマンレイルパスを持っている人はラインフェルデン(Leinfelden Bf)からのバス代だけでOK。ゾーン2になるので一日券@5.20 €、グループ一日券12.30€。

リッタースポーツ ベルリン直営店

ドイツの首都ベルリンにもリッタースポーツ直営店があり、こちらでは自分でオリジナルのチョコレートが作れます!

詳しくはこちらの記事を見てください💡

リッタースポーツ ベルリン直営店|オリジナルチョコの作成方法やバラマキ土産のおすすめなど

終わりに

ドイツでもっとも有名なチョコレートのひとつリッタースポーツの工場直営店(アウトレット)。

わくわくがたくさんだったので、シュツットガルト方面に行く予定があればぜひ訪れてみてください。

同じようなリッタースポーツのショップやカフェはベルリンにもあります。

ベルリンではオリジナルのチョコレートも作れるみたいなので、そちらもいつか行ってみたいと思います。

ただ、ゆっくりお買い物を楽しむのだったら絶対こちらの工場直営店(アウトレット)だと思いますよ~(笑)

それでは(=゚ω゚)ノ