2018年版|日本からドイツへ直行便が就航している航空会社・都市一覧

 

Hallo!ドイツに住む前の渡独歴10回のAnn(@Ann01110628)です(=゚ω゚)ノ

 

前職は旅行会社に勤めていたので、日本人に人気の就航路線や航空会社、飛行時間、時差などのお勉強はばっちり。

空港の3レターとか航空会社の2レターとかよくテストでやったな…というのを思い出します 😆

 

さて、今回は私の住んでいるドイツに日本からどの航空会社がどの都市へ直行便を就航しているかフライトの飛行時間はどれぐらいか、などをご紹介します 💡

 

直行便が就航しているドイツ都市

  • フランクフルト
  • ミュンヘン
  • デュッセルドルフ

正式な空港名と3レター

  • フランクフルト国際空港(フランクフルト・マイン空港)/FRA ※フランクフルトにはもうひとつLCCメインのフランクフルト・ハーン空港(HHN)があるがそちらではない
  • ミュンヘン空港(フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港)/MUC
  • デュッセルドルフ空港/DUS

 

2018年現在、日本からドイツへ直行便が就航しているのはこの3つの都市。

残念ながらドイツの首都であるベルリンやドイツ第二の都市ハンブルクには直行便ないので、上記の都市や他ヨーロッパの都市で乗り継ぎが必要になります(または地上から鉄道やバスで移動)。

 

Ann

上記空港を全部使ったことあるけど、一番好きなのはコンパクトなデュッセルドルフ空港!

 

 

ドイツへ直行便を就航している航空会社

  • 日本航空(JAL)  ➡  フランクフルト
  • 全日空(ANA)  ➡  フランクフルト、ミュンヘン、デュッセルドルフ
  • ルフトハンザドイツ航空  ➡  フランクフルト、ミュンヘン

ドイツへは上記の3つの航空会社が直行便を就航しています。

日系航空会社が就航しているので、海外旅行が慣れていない人でも安心です 💡

 

一番就航都市が多いのが3つ全都市路線がある全日空(ANA)。そして2都市のルフトハンザドイツ航空、最後にフランクフルトのみの日本航空(JAL)です。

私は昔から日本航空(JAL)が好きなので、もう少し就航路線が出てくれると嬉しいな~。

 

ただ、日本航空(JAL)でデュッセルドルフに行きたい場合、フランクフルト線を利用すると、フランクフルト空港とデュッセルドルフ市内(ホテル・ニッコー・デュッセルドルフ)まで無料送迎バスを利用できます(要予約)。

私は飛行機に乗るのがあまり好きではないのと、乗継時間なども考えると飛行機で行くのもバスで行くのもそこまで時間はかわらないので、このサービスは結構好きです(乗継きすると空港税もかかるし、バスに乗っているだけでOKなので楽)。

詳しくは公式サイトで確認ください。

 

あと、日本航空(JAL)のエコノミー席『JAL SKY WIDER』は3社の中で一番良いと思います。

シートスペック(ピッチが広い、設備が充実)が良く、世界一の評価もされているのでやはりJALが好き…。


\世界一の評判の設備を見てみる/

 

Ann

でも最近はデュッセルドルフの直行便があるから全日空の方が使ってるかな…。ルフトハンザ航空も(ストライキとかなければ)嫌いじゃないけど、日本人だから日系の航空会社に乗りたくなるよね~。3社ともお値段がちょっと高いけど。

 

タイトル
たとえば東京(成田・羽田)発で、日系航空会社(JAL/ANA)のドイツ直行便が往復9万円台があれば安い方です。8万台だったら迷わず買うレベル。

 

日本のどの都市からドイツへの直行便が就航しているか

 

フランクフルト

  • 羽田空港(東京)/全日空(ANA)、ルフトハンザドイツ航空
  • 成田空港(東京)/日本航空(JAL)
  • 中部国際空港(名古屋)/ルフトハンザドイツ航空
  • 関西国際空港(大阪)/ルフトハンザドイツ航空

 

ミュンヘン

  • 羽田空港(東京)/全日空(ANA)、ルフトハンザドイツ航空

 

デュッセルドルフ

  • 成田空港(東京)/全日空(ANA)

 

こうやってみると東京(羽田・成田空港)は強いですね。

3都市全部直行便が出ているのに対し、大阪・中部国際空港はフランクフルト線のルフトハンザドイツ航空のみです。

ほかの都市からは全て乗継きが必要になります。

 

日本~ドイツ間のフライト時間

日本からドイツ

約12時間

出発都市および到着都市、利用の航空会社によって多少は前後はするのですが、日本からドイツまでの飛行所要時間はだいたい12時間です。

 

はじめてヨーロッパに行った際は長すぎて苦行だと思いましたが(若かった…)、いまは12時間なんてあっという間になりました 😎

私はあまり映画を観たりしないのですが、映画で暇をつぶしたいという方はやはり日系航空会社おすすめ。邦画のほか洋画の日本語対応が充実しています 💡

 

ドイツから日本

約11時間~11時間30分

こちらも都市や航空会社によって異なりますが、ドイツから日本へ帰るときの方がフライトの所要時間は短いです。

 

乗継ぎでおすすめの航空会社

乗継ぎであればフィンエアーがおすすめ。

日本~ヘルシンキ間のフライトは最短9時間30分と短時間で、サービスの評価も高いです。

 

ほか個人的には機内食やワインが美味しいオーストリア航空や、ポーランド航空も好きです。

あまり乗ったという声をみかけないのですが、ポーランド航空は成田⇔ワルシャワに直行便を就航しており、フライト時間は約11時間10分。

フィンエアーまでとは言いませんが、ほかの欧州都市乗継きより短いですし、安く購入できることも多いです。

 

また、格安航空券がでやすいのが中東系の航空会社。

エミレーツ航空、カタール航空、エディハド航空などセールを多く行っているので、タイミングがあえば安くドイツまで行けます。お金持ちなのでサービス自体も良いです。

ただ、日本⇒中東⇒ドイツのフライトの合計が20時間を超えてしまうことが多いので(乗継時間含む)、時間がかかってしまうのがデメリットだと思います。

 
まぁ行く日や日数によっても違うので、比較サイトで検索してください。定番ですが、私はいつも『スカイスキャナー』という検索比較サイトを利用しています。

Ann

Time is moneyだからね!

 

まとめ

フランクフルト ミュンヘン デュッセルドルフ
羽田空港
(東京)
全日空(ANA)
ルフトハンザ
全日空(ANA)
ルフトハンザ
×
成田空港
(東京)
日本航空(JAL) × 全日空(ANA)
関西国際空港
(大阪)
ルフトハンザ × ×
中部国際空港
(名古屋)
ルフトハンザ × ×

 

以上、日本からドイツへ直行便が就航している路線と航空会社のご紹介でした。

 

直行便はなんと言っても体が楽!

そして預け荷物のロストバゲージ(ロスバゲ)に合わない確率も高くなりますし、ほかの安い航空会社との値段の差が10.000円ぐらいだと確実に直行便を選びます。

 

旅行会社の添乗員付きツアーでも、安いものは航空会社が直前に決まるものがたいていです。

直行便が良い場合はツアー名に『直行便利用』など書いてある、事前に決まっているものに申し込むといいですよ。

 

ドイツに行く際に参考にしてみてください 💡 

 

それでは(=゚ω゚)ノ